【感想・ネタバレ】心がつながるのが怖い 愛と自己防衛のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

人の心は奥が深い

カオリ 2020年08月02日

なるほど!と膝を打ちながら読みました。自己防衛の仕組みが大変分かりやすく記述されており今まで気がつかなかったようなことが分かりました。人の心は奥が深く驚きの連続でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月10日

自分の過去や家族との関係を発見することから、自分を見つめ直すきっかけになる本
過去の自己防衛が、成人して防衛しなくてもいい年になっても色々な行動に影響を与えてしまう。自分に置き換えて色々な発見のあった本でした
【瞬読3分で一冊読みを10回と、毎分7000文字で数回】
人は痛みや悲しみを避けるため、さ...続きを読むまざまな無意識の防衛戦略をたてる。
子供の頃の自己防衛は非常事態を切り抜ける大切なもの
大人になってからも自己防衛戦略をとる→色々な問題行動の原因→気づくことが大事
自己防衛の戦略を無意識に取ると、悲しみを避けるために、人と関係を保てない。
その関係性が壊れた時に訪れる悲しみに怯えて関係を深くできない。
孤独な人を選び、その人を救済する事で、自己肯定をする。完璧な恋人を探し続けるなど、障害がでてくる。
親を理想化しない。悪し様にもしない
親を現実的な視点で捉える→自己肯定の第一歩
関心には二つある。相手(パートナーや子供)がうまくいっているか、行動への関心。相手を理解しようとする内面への関心。完璧な親も完璧な子供時代もないと理解することが大事。
親がどんな人たちだったのかは一生の取り組み。自分を発見し理解する作業。
感情の重なりの一番上は怒り。その下には悲しみや恐怖が隠れている。
自己防衛は気づけばなくなっていく。気づき自分の痛みと寄り添う。
愛する自分自身と他者を見、調整して受け入れること
#瞬読アウトプット

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月19日

心がつながるのが怖い 愛と自己防衛。イルセ・サン先生の著書。親しくなっても後になって関係が壊れる恐怖心、嫌われる恐怖心、そして自分が傷つく恐怖心。そういった恐怖心から他人と親しくなることを極端に避けるのが自己防衛の戦略。自分に自信が無くて自己肯定感が足りないからこそ自己防衛の戦略が必要になってしまう...続きを読む。自己防衛の戦略ばかりとっていると、誰からも距離を置かれて変人奇人扱いされて友人もいなくなり、それがまた自己嫌悪、自己防衛の戦略につながる悪循環。自分に自信を持つことが好循環への第一歩。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月07日

他人と一定の心理的距離を保ち、親密な関係を避けることで、自分を守ろうとする「回避性」傾向のある人へと、メンタリストDaiGoさんが勧めていた本。

解決に繋がる具体的行動が明示されているわけではないため、「解決策」を求めて読むと、読後にモヤモヤ感が残る。

しかし「親密な関係を避ける」そこにどのよう...続きを読むな自己防衛機制が絡むのか、本質部分について、十分に解説されている。自身の過去、あるいは親との関係性等と向き合うきっかけが得られ、そこに間接的な解決の糸口が見えるだろう。
個人的には「悲しみ」という感情がポジティブに表現されていたことが驚きであり、新たな発見であった。

比較的薄く、1ページ当たり文字数もそう多くないため、短時間で読むことができた。
著者が易しい言葉で分かりやすく説明してくれており、タイトルから想像していたより気軽に読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月07日

自己防衛的になる、自分の行動を見直す良いきっかけになったと思う
対処法が書いてあれば、尚良かったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月02日

親との関係のカテゴリ分けなど、一部全員が当てはまるわけではないものもあったが、特に6章がよかった。
何かしら人間関係や生き方に悩みや問題やモヤモヤ感がありつつも、それがなにか分からない、また、分かっているけれど解決に取り組めないという人は、本書を読むことで何らかのヒントを得られると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月29日

たくさんの事例と、詳しい解説があり、自分の言動と照らし合わせながら読むことができ、自身の行動で新たな発見や気づきをすることもできました。ただ、気づきは多かったものの、それだけで自己防衛を解くには少し難しいように感じます。

このレビューは参考になりましたか?