【感想・ネタバレ】絶望に効くブックカフェのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月18日

面白かったです。
最近は地の底まで凹んだりすることはあまりなくなりましたが、ここで紹介されている本があればこれからもなんとかなりそうです。
読んだ本読んでない本…一周目では、マルクス・アウレリウス「自省録」、辺見庸「もの食う人びと」、G、ガルシア=マルケス「予告された殺人の記憶」、アントニオ・タブッ...続きを読むキ「インド夜想曲」、スティーブン・ミルハウザー「魔法の夜」が読みたいです。
著者の言葉も優しくて落ち着きますし、購入して手元に置きたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月15日

失ってなお、私の中に根を張る思い。
思い出になると思ったら甘かった。
執着ともちがう。ただ…。

いや、この先は書くまい。

ともかく、この本にさえ目が向かず、
やっと手が伸びる状況になり…。
ページを捲るのも苦しく、何日もかけて読んだ。

結果として…

押し付けがましくなく、良いブックリストであ...続きを読むる。
変に救おうともしていない。淡々と紹介されていく本。

本ごときでどうにかなるものかとは思うが、あれか、これかと差し出された中に、はっと読んでみようかと思うものがあるのはさすがだった。

筆者ご自身もかなりの読書家であろうし、選んだ本の抄録は、確かに、紹介された心理に添うものがある。

どれがあなたの苦しみに、伴走してくれるかは、わからないが…少なくとも、ろくに読んでいない本でなく、ちゃんと内容をわかって勧められる本ばかり、気になるものがあればご覧になると良い。

私が読書案内的な本を、無意識に好むのは、自分の気づかない、何らかの明かりを、こっちはどうかな?あっちはどうかな?と差し出され、自分がそれをためつすがめつする間に、自分でも色んな道を探って自分の心に降りていくからかもしれない。

まして、絶望している折。

本を読んでもマシにはならない。
まえがきを裏切って悪いが。

それでも…どうにか二週間でやっと一冊。息も絶え絶えでも読んだ私を、私は抱いてやりたい。

同じだ、という方がいらしたら…よかったらお試しあれ。変な前向きになる本より、ずっといいから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月23日

長期間にわたる連載書評をまとめた本。
ジャンルも幅広く1回で2冊紹介される中で1冊は必ずしも新しい本ではなく、その2冊の関連性に着眼できるのは、著者の深く長い読書歴があってこそと思う。

このレビューは参考になりましたか?