【感想・ネタバレ】歌舞伎町ダムドのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月13日

とりあえず、ダムドの殺しの場面がグロイな。あのジウに憧れて、陶酔してる感じ、こういう人が出てくるのは何となく分かる気がする。割と最初の方で門倉美咲が出てきたことに感動。東さんと食事する中なのか…進展はしてなさそうだけど。何だかヤキモキする二人だな…相変わらず。そして謎の立てこもり事件の犯人が東さんを...続きを読む指名。結局この犯人は新世界秩序のメンバーだったけど、裏切って東さんに情報を渡したかった人。メモリーカードはSuicaに仕込んであって、それを東さんに拾わせ気付いて欲しかった。取り調べで、なぜ東さんを指名したのか、核心を言わなかったのは、言えなかったんだな。警察内部にNWOの人たちがいるから。
影ながら活動していたセブン。しかしダムドに先を越されて目的を殺されたことで、セブンはダムドの存在を知ることになる。
そして何より、今回でミサキ=伊崎基子、ジロウ=津原英太ってことが明確になる。ミサキは未だNWOというかミヤジの影から逃れられない。息子(崇史)を人質にされてる。ジロウは…いかにしてこのダークサイドに染まったのか気になる。リベンジは済んだよね?
瀬川係長が情報流してるヤツだったのね…ほんとに東さんの周りにいる割と何でもなさそうな人が実はNWOの仲間で…って何かもうショック。誰が黒なのか、誰なら大丈夫なのか分からない。結局ダムドは、その殺し方が残酷で、いくらでも殺しを請け負うやつで、容赦ない感じが怖い。けど、やっぱりジウみたいなカリスマ性のある人にはなれない。ジウにはなれない。自分の自信に酔ってるだけ。セブンに殺られて終了。そしてそして何より、掃除屋のシンちゃんが最も怖いよ。淡々と死体を片付ける人。ある意味一番すごい人。怖いわ。
東さんはセブンの存在をちゃんとは知らないけど、何となく知ってて、でも黙認してる感じ。でも立場上それは口に出せない、そんな感じ。ミサキの子供も無事で良かった。ミヤジは健在…。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白かったです!

りゅうのお 2020年02月15日

誉田哲也さんの作品はかなり読んでいますが、
ジウ、歌舞伎町セブンはかなり前に読んでちょっと忘れてるかも。。今回ルージュ、ノアール、ハング、歌舞伎町ダムドと続けて読んでみましたが、ページをめくるのが止まらない。わからなかった所が色々わかったり、あーそう繋がるのかーとか発見もたくさん。陣さんが個人的に...続きを読むは好きです。東さんもいいですが。
ジウの生まれ変わり?みたいなとんでもないやつ、ダムドがでて来ましたが、セブンにかかれば敵ではないですね。「ジウを騙るな」本当おっしゃる通り!ミサキもカッコいい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月25日

ダムドしょぼかった⤵

セブン飛ばして読んじゃったよ。
読んだ方がいいかしね。

ノアール→ジウシリーズ→ダムド
と読んでるから意味不明多くて(苦笑)
でも美咲は東刑事とくっつかなかったのね(泣)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月07日

大人気のジウシリーズ。物語の深層をより理解し、楽しむためにはまず『ジウ』『国境事変』『歌舞伎町セブン』を先に読んでからのこれをお薦めする。『ハング』は今のところ未読だけども(汗)
ただそうすればダイナミックな展開をより一層楽しめるし、隠されてきた謎が徐々に徐々にと明るみとなって伏線が繋がり出す瞬間が...続きを読むまたとない快感として味わえる。
そしてまた徐々に明るみになる真実を知った時、はっ!とするような驚きが必ずやって来る。
読書前、これでシリーズ完結かと勝手に思っていたのだが、どうやらそうでもなさそうだな。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

最高でした!

ヒロ 2017年06月15日

いや、ホントに息もつかせぬ展開。最高の出来です!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月20日

はぁー、おもしろかった。
歌舞伎町セブンはダムドの序章に過ぎなかった。
気になってたミサキとジロウも予想どおりだったし、東が狙われてからはもう、、ドキドキが止まらない止まらない。
敵の組織はデカすぎるし、ダムドもヤバイし、ラストはどうなっちゃうのー?って思ったけど、上手くまとまってました。
さすがの...続きを読む誉田サンです。
今でもまだ余韻でドキドキしてます。
そして次は硝子の太陽Nに行くけど、またこんな気持ちにさせて欲しいー。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

硝子の太陽NとRを読む前に

カズマー 2017年04月15日

歌舞伎町セブン、ジウ、この二つの物語が硝子の太陽に続いているのだが、大事な要素が抜けていた。本書が全てを繋げてくれた。闇を受け継ぐ者、亡霊に憑かれた者、闇の中で光に向かってもがく者、正義を貫く者・・それぞれの立場が交錯しながら歌舞伎町という魔界を魅力ある場所にする。・・読了し、トンカツ茶漬けが食べた...続きを読むくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月13日

歌舞伎町セブン 第二弾

やっぱり読み応えがあり面白い!
ミサキの心情の変化が、なんだかうれしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月22日

面白かった!歌舞伎町セブンの面々がかっこいいわぁ…もうなんというか、リアリティとかそういうのはどうでもいい!(笑)
序盤であの人が出てきて懐かしい!ってなったり、別のあの人の正体があの人だったり、なんかもう、ジウシリーズ読み進めてきてよかった!みたいな…(笑)

歌舞伎町ってちょこちょこ行くんだけど...続きを読む、ついつい、ジンさんとか杏奈ちゃんとか探してしまいそう。もしかすると東警部補も歩いてたりするんじゃないのかなぁ(笑)
なんかそんな身近な街が舞台なのも魅力だなぁ。

そりゃそうと積読になってる『硝子の太陽』読まなきゃ!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月18日

久しぶりに「正統派な歌舞伎町もの」な印象を受けた作品。悪い人といいひとの境目ってなんだろうなぁって考えさせられる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月10日

いろいろ過去作品を読み返したくなりますが、やっぱり歌舞伎町がらみの作品はおもしろい!
冒頭はご飯食べながら読むのはおすすめしません。
まだ続くかんじですね!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月18日

最初から誉田作品らしい凄惨な描写があり、ダムドの異常性と強さを強調していたが意外とあっさりミサキにやられる。
ミサキやジロウの正体も思っていた通りで、今迄の繋がりを見ても楽しめるようになった。
『新世界秩序』vs歌舞伎町セブン+東警部補がどのような展開になってくのか続編も期待できる

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月12日

4.1
ダムドくん、ジウ程じゃないんだろうなと思いながら読んでました。狂いっぷりはなかなかでしたが、弱かったですね。というかミサキ達が強すぎるのか、でもジウは強かったよなと、ダムドはまぁサクッとやられるんだろうなと、割と予想通りで展開として意外性は少なかった。
ただ、陣内や東だけではなく、何人かの立...続きを読む場で場面が切り替わっていくので飽きずに楽しく読めました。
キャラとしては東より陣内に惹かれます。東もじゅうぶん魅力的ですけど、陣内の危険な感じと普段のギャップがいいですね。
続編があるようなので、楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月08日

歌舞伎町シリーズ第2弾。

東刑事を中心に展開する。
ダムドと名乗る怪物により歌舞伎町では不審死・不明者がではじめる。
ダムドを操る組織の人間と歌舞伎町セブンが東刑事を交えて対決なお話。

歌舞伎町セブンのミサキの過去や人間性も描かれている。

ダムドの異常性のあたりは誉田氏もやや限界を攻めてる様子...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月29日

次へ繋げるストーリーですかね。

これからのミサキとジロウ。
東と陣内がどう交わっていくのか楽しみ。
肚を括った上岡とかも。

美咲も絡んでくるのかなぁ。

とりあえずルージュ、ノアールでは
姫川も絡んで来るらしいし見逃せないね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月22日

安定した面白さです。
先日、日中に花園神社近辺を探検に行きましたが、かつての歌舞伎町が漂わせていた危険な雰囲気が相当弱くなったように感じるので、この作品の世界観を想像できるのは我々世代までなのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月28日

ダムド如きが「ジウ」を語るなー!!
面白かった~♪
ジウシリーズから東に夢中なので
読む手が止まりませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月28日

ジウシリーズ,歌舞伎町セブンに続く続編.
いや,面白かったよ.期待値が高かっただけか.
ノワールに期待

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月05日

日本列島を震撼させた「歌舞伎町封鎖事件」から七年。伝説となった犯罪者“ジウ”に自らを重ねる新たな怪物“ダムド”が現れた。吹き荒れる殺戮の嵐、再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、新宿署の東弘樹警部補に迫る危険…謎の男と対峙するのは、アナーキーなダークヒーロー“歌舞伎町セブン”!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月21日

 面白いんだけど、グロシーンが結構直接的表現の塊で、人には勧めづらい。個人的にはグロはあっても気にしない。

このレビューは参考になりましたか?