【感想・ネタバレ】嫌がってるキミが好き(3)のレビュー

書店員のおすすめ

純粋な「狂愛」。

ちょっとイタイ女の子、白川みことは生まれて初めて告白された。相手は「なんか暗そう」な大槻まこと。まったく好みではないが、彼氏持ちというステータスのため付き合うことに決めたみこと。みことの家に行きたいと言い出したまことに、「やるならやるがいいわ」と初体験の覚悟を決めたみことだったが、まことが取り出したのは…!?
「この状況おかしいよね この人おかしいよね」!

徐々にまことの歪んだ性癖が露呈していくのですが、その性癖こそが『嫌がってるキミが好き』というもの! 気持ち悪いのに読んでしまう。読んでしまうけど気持ち悪い。読み進めれば進めるほど続きが気になってしまいます。
もう普通のラブストーリーには飽きた、新感覚を求めているという方にオススメ!とんでもなく倒錯した性癖のお話ですが、ハマる人はどっぷりハマる作品です。

ユーザーレビュー

レビューがありません。