嫌がってるキミが好き(1)

嫌がってるキミが好き(1)

作者名 :
通常価格 673円 (612円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ある日の学校で、生まれて初めて「好きです」と告白された白川みこと。相手の大槻まことは「顔も髪型も変。なんか暗そう。ていうかこんな人、この学校にいたっけ?」と思うほど、全然好みのタイプではない。しかし、彼氏がいることで女友達の話題に入れたり、自慢できると考えたみことは、その場でつき合うことを決めた。ずっと憧れていた「彼氏がいる私」というシチュエーションに浮かれるみこと。デートにキスにそれ以上……と妄想をふくらませていたのだが、まことはその後、声すらかけてこない。さんざん焦らされた頃、ようやくまことが声をかけてきた。みことの家で映画鑑賞をしたいという。ついに来たお誘いに、みことは初体験までを覚悟して慌てるのだが、そこで起きたのは……!? 次々と露呈するまことの性癖。そう、彼はみことが「嫌がってる顔が好き」なのだった。まことの歪んだ性癖は、やがてみことの新たな性癖を覚醒させていくのか……!? 多くの女性読者を「気持ち悪い。けど……早く続きを読みたい」と虜にした異色&魅惑のラブストーリー! もしかすると、あなたの秘めたる性癖が目覚めてしまうかも…!?

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
リュエルコミックス
ページ数
186ページ
電子版発売日
2017年02月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB

関連タグ:

新刊オート購入

書店員のおすすめ

純粋な「狂愛」。

ちょっとイタイ女の子、白川みことは生まれて初めて告白された。相手は「なんか暗そう」な大槻まこと。まったく好みではないが、彼氏持ちというステータスのため付き合うことに決めたみこと。みことの家に行きたいと言い出したまことに、「やるならやるがいいわ」と初体験の覚悟を決めたみことだったが、まことが取り出したのは…!?
「この状況おかしいよね この人おかしいよね」!

徐々にまことの歪んだ性癖が露呈していくのですが、その性癖こそが『嫌がってるキミが好き』というもの! 気持ち悪いのに読んでしまう。読んでしまうけど気持ち悪い。読み進めれば進めるほど続きが気になってしまいます。
もう普通のラブストーリーには飽きた、新感覚を求めているという方にオススメ!とんでもなく倒錯した性癖のお話ですが、ハマる人はどっぷりハマる作品です。

嫌がってるキミが好き(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    ハラハラ!

    ミスマル 2017年03月10日

    ヒロインみことは今まで彼氏がいなくて、まったく印象にない、タイプでもないまことに告白され、友達に自慢したくて付き合う事にするがまことはなんか変。
    タイトル通りみことの嫌がったり泣いたりするのが好きと言う。
    みことは美人ではないが、泣顔がそのての人にはたまらんものがあるようだ。
    面白すぎる!
    何かに目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    不思議と惹き込まれる

    Mu 2020年06月24日

    読む前から好き嫌いを選ぶ漫画だと思ってましたが、私はめちゃくちゃ惹き込まれてしまいました。気持ち悪い、痛い、可哀想。なのになんだかドキドキしながら続きを求めてしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

嫌がってるキミが好き のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 嫌がってるキミが好き(1)
    ある日の学校で、生まれて初めて「好きです」と告白された白川みこと。相手の大槻まことは「顔も髪型も変。なんか暗そう。ていうかこんな人、この学校にいたっけ?」と思うほど、全然好みのタイプではない。しかし、彼氏がいることで女友達の話題に入れたり、自慢できると考えたみことは、その場でつき合うことを決めた。ずっと憧れていた「彼氏がいる私」というシチュエーションに浮かれるみこと。デートに...
  • 嫌がってるキミが好き(2)
    若き女性作家が80年代風の絵柄で性的倒錯(パラフィリア)を描く、異色のラブストーリー第2巻。鳥肌とドキドキが止まらない!! 通信制の高校に通う白川みこと。容姿に自信があり自分はイケてると信じているが……周囲は決してそうは思っていない、残念&天然な女子。そんなみことがある日、学校で生まれて初めて「好きです」と告白された。相手の大槻まことは「顔も普通、髪型も変、なんか暗そう」(みこと評...
  • 嫌がってるキミが好き(3)
    「こんなに酷いことされてるのに…私……どうしてドキドキしてるんだろ?」「処女は卒業したい。でも…まことくんとキスしただけで吐きそうになるって…やっぱ……初体験なんて無理っ!!!」性癖に刺さる!…と大評判、若き女性作家が80年代風の絵柄で性的倒錯(パラフィリア)を描く異色の恋愛(変愛)コミック、略してイヤキミ、第3巻! 通信制の高校に通う白川みこと。容姿に自信があり自分はイケてると信じてい...
  • 嫌がってるキミが好き(4)
    顔も頭も微妙…な白川みこと。自分ではイケてる一軍の女だと信じているが、周囲はそうは思っていない痛い女子。ある日、「好きです」と告白されて「顔も普通、髪型も変、なんか暗そう」な大槻まこととつき合うことになった。“彼氏持ちの女”というブランドを手に入れたことで心が躍るみことだったが、それも束の間、まことはみことが泣いたり、怒ったり、嫌がってる顔を見ることに興奮するという特殊で異常な...
  • 嫌がってるキミが好き(5)
    「ボクたち、別れよっか」 みこと&まことの歪んだ愛の構図は、意外にもまことの一言で崩壊してしまった。 まことにウンザリしつつも、傷つけられることに快感を覚えるように 性癖を染められてしまっていたみことは、大きな喪失感を味わっていた。 そして病んだ…。まことにされたことを思い出して心と体の疼きが止まらなかった。 「まことくんに連絡しちゃおっかなぁ……。 でも、こっちから連絡とるとか、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています