【感想・ネタバレ】ザ・議論! 「リベラルVS保守」究極対決のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月03日

『憲法の涙』を読んで面白かったので読んでみる。
第3部の憲法9条の話は『憲法の涙』とかぶるので第1部天皇制、第2部歴史認識での井上論が興味深かった。

議論、究極対決というほどでなく、井上論に小林さんがなるほどって感じ。
法哲学者って難しいこと言い出したら理解できないな、みたいなところがチラホラ。
...続きを読む


井上案憲法改正ー9条削除して戦力を持ち得ることを認める。
シビリアンコントロール、国会事前承認、軍法会議を憲法に盛る。{+徴兵、(良心的兵役拒否+代替役務)}
非武装中立~集団的自衛権まで民主的立法過程での討議にゆだねる(憲法で縛らない。)


最善(井上案)ー9条削除+戦力統制規定追加
次善(護憲的改憲論、新9条論)ー専守防衛明記の9条改正+戦力統制規定追加
三善ー集団的自衛権明記の9条改正+戦力統制規定追加
最悪(現状)ー9条死文化+戦力統制規定欠如

ナショナリズム=国民主義
ナショナリズム≠国家主義=ステーティズム

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月09日

小林よしのりさん(保守)と井上達夫さん(リベラル)の対談本です。この本では憲法9条、慰安婦問題、戦争、天皇等について議論されているのですがお互い、時に仲間であろう保守とリベラル陣営からもぼろくそに批判されるとの事で、はっきりと主張が割れた部分ってそんなに無い様に感じました。
第二弾、第三弾もやって欲...続きを読むしいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月26日

井上達夫さんのことは知らなかったけど、こういう人がリベラルというのだなと納得した。日本の自称リベラルは憲法9条のおかげで日本が平和だと思っている馬鹿ばかりでうんざりしていたから良かった。

このレビューは参考になりましたか?