【感想・ネタバレ】エコハウスのウソ 増補改訂版のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年06月11日

住んでいる家の光熱費に関する省エネや節約に対して、イメージ先行で認識されている事について客観的に検証している。東大の先生が。

夏の節電にクーラーがよく目の敵にされるが、それよりも給湯関連の方が影響は大きい。熱中症のリスクも踏まえて何を節約するかを考えるべし。

高気密・高断熱の住宅に興味があり、辿...続きを読むり着いた本書。それが主の内容ではなかったが、客観的なデータに基づいた分かりやすい表現で勉強になった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月25日

ローイーコーティングは、南窓には、透過型、東西窓には遮蔽型がセオリー、カラーによって日射取得率(η(イータ)値が変わる

設計者・施工者に質問
断熱はどの程度にしていますか?
Q値はどれくらいですか?
気密・防湿をどう考えますか?
c値はどれくらいですか?

冷房暖房より、給湯や照明、家電のエネルギ...続きを読むー消費の方がはるかに多い
エアコンは年間エネルギー効率APFが高いもの、小型の能力の中からAPFの高い機種を選ぶ、冷房能力2.5kW程度がコストと性能のバランスが一番との噂、複数配置
夏場はエアコンを弱冷房で動かし続けるのが一番快適で省エネ

通風は現実むずかしい
卓越風は気まぐれ、どんな向きからも取り入れる工夫が必要、人のいるところに届き、開けるのが楽しい窓に。

LED照明は節電だけではなく、内部発熱低減にも有効
電気で熱が欲しければ必ずヒートポンプを使うのが鉄則
南面には適度な庇、西面には外遮蔽が必須、樹木程度では防ぎきれない
スダレをぶら下げるフックだけ用意でも良い
屋根にトップライトを安易に付けないのは基本中の基本、屋根の断熱をしっかり

日本では夏の夜間放射は効かない、しかし冬は夜間放射が猛威を振るう

吹き抜けは、高断熱・高気密なら大丈夫だか、基本的には暖房は難しい、特にリビング階段は、二階をいつも暖房するしかない

機械換気には気密が必要

ブラインドは太陽光を上手に拡散させる事で、窓際を穏やかにし、部屋の奥まで光を届ける
大窓からの直射光は部屋を暗くする
高いところにハイサイドが模範解答

使い方を間違えなければ、エアコンは究極の暖房器具、「必要最低温」が省エネのカギ
床を隅々まで温めたければ、温水暖房が最も確実、床下エアコンは実績豊富な設計者に相談が必須
エアコンは屋内機も屋外機も空気の流れを妨げるような隠し方をしない事
屋外機を一台で済ませるマルチエアコンはダメ

床暖房、実は弱点をいくつも持っている
放射は手強い
薪ストーブはハイテク、ポイントは置き場所と煙突、素人判断は危険

地球上のエネルギーはほぼ全て太陽の恵み
世界の再生可能エネは風力中心、太陽光発電は設備容量の割には発電量が少ない
太陽光発電と太陽熱給湯設備を変換効率で議論してもあまり意味はない、要は導入コストの問題

節湯こそがコスパ最強の節約行動
浴槽180?138円、シャワー10分77円
小流量シャワーヘッドも有効
経産省ZEHはHEAT20G1レベルの外皮+高効率設備+PV 5kW
エコキュートは省エネモードで深夜のみモードは効率悪い
電気・ガスを組み合わせたハイブリッド給湯機や暖房機が登場してきている
電気とガスのどちらかにこだわるのは無意味

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月24日

断熱の話になる。まあ、給湯の温度設定を下げて節水シャワー入れて窓をもうちょっとましなサッシにすればいいのはわかっているんだけれどね。りf-無駄とそれこそすっ貸す科のところから始まるわけだから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月25日

増補改訂版が出てからほぼ1カ月で第2刷が出ています。
時宜を得ているということでしょう。

エコが錦の御旗となり、エコだと謳ってあればそれで満足してしまう人、場面が多くなりました。
本当にエコなのかどうか、住まいのあれこれを冷静に、平易に科学的に検証していく本です。
エコというイメージ戦略にひっかか...続きを読むらないために、家を作ろうとする人買おうとする人は読んでおいたほうがいいかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月07日

建築雑誌のいう「エコハウス」はトータルではなくピンポイント。人と気候、建物の外皮性能、冷房、夏への備え、吹き抜け・大開口、暖房、再生可能エネルギー、電気、の観点から、日本の現状を科学的数値や図解で示す。

省エネ住宅を建てようとする人向けのバイブルのような本。次は、既存の非エコを、どうしたらエコにで...続きを読むきるのか知りたいです。

このレビューは参考になりましたか?