【感想・ネタバレ】「これからの広告」の教科書のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
購入済み

これからの広告の教科書

さやか 2020年03月04日

就活で広告業界を受ける為、知識量を増やす為、いまの流行や広告のあり方をしるためにやくだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月05日

最近の事例を取り上げながら、「これからの広告」の傾向と対策についてよくまとめられている。若い広告人のみならず、古い考えの広告に携わる人も読むべき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月18日

実例を基にしたフィクションで臨場感がある。
旧常識と新常識の対比が面白い。
実際にやれるかどうかとは別かも知れないが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月13日

2016.08.15 著者なりの視点で新しい広告のあり方を上手くまとめてある。様々な異論もあるだろうがとりあえずこれからの広告コミュニケーションの方向性をエイヤーと括ったことは素晴らしいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月09日

本の所感)
2015年で日清のCMがとても奇妙で気になっていた。西内まりやが何かを演じているあれである。しかし、この本を読むと、CMの意図が理解できる。新しい広告の形なのだ。著者はデザインにも力を入れていて、インフォグラフィックでまとめられている。読みやすい。SNSやコンテンツに絡めたマーケティング...続きを読むの最新事例も豊富。広告の話に囚われていないため、マーケティングに関心がある人にはおすすめできる。

学びのポイント)
大切なのは、ブランドウィルとインサイト。
広告は見てる人に突っ込ませろ!
消費者の参加性を高めるためにわざとわかりにくくする
仕掛全体の仕掛けで効果の最大化

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング