【感想・ネタバレ】「イスラム国」よのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年01月11日

現役の医師にして多数のベストセラーの著書を持つ鎌田實氏が、「イスラム国」について綴った作品。
鎌田医師は、2004年にNPO・日本イラク医療支援ネットワークを立ち上げ、イラク戦争後の現地医療支援を行うために、頻繁にイラク・ヨルダンを訪れてきた。そして、自ら現地の人々と接してきた経験を踏まえて、「イス...続きを読むラム国」の問題にどのように対処するべきかを熱く語っている。
よって、本書ではイスラム国が台頭した歴史的背景やイスラム国の組織の実態などについてそれほど多く語られていないが、そうした具体的な情報を超えた、「イスラム国」及び「イスラム国的なモノ」についての問題と対処方法が述べられているように思う。
以下は本書の各節のタイトルの一部である。
~「自己責任」という言葉は自分に向けるべき言葉だ
~イスラム諸国で嫌な思いをしたことなど一度もない
~「イスラム国」の憎悪に憎悪でたたかいたくない
~貧しさが世界を不安定にしていく
~格差を最低限に抑えるための「知恵」が必要
~イスラム教徒への反感はさらに多くのテロリストを生む
~世界は今、寛容さを問われている
~イスラム世界が「イスラム国」をコントロールすべき
~「超国家」という国家観
~「イスラム国」は終わらない
~日本は「非軍事」にこだわったほうがよい
~疲弊しきった心に医療が小さい灯りをともす
~現場に入って初めてわかる「ほんとうに大切なもの」
~いい支援はあたたかい連鎖を起こす
鎌田医師は、現在の「イスラム国」の過激な行動を一時的に止めるために武力が使われることを否定してはいないが、お互いを認め合う寛容さを持つことこそが解決策の王道であると繰り返し説いおり、それは、「イスラム国的なモノ」をなくすため、即ち、人種・文化・宗教・歴史・言語等の異なる人々が一つの世界で平和に共存していくために必要な、普遍的なものであろう。
(2015年4月了)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月23日

1991年より医療支援を行ってきた医師から見たイスラム国。著者は東京医科歯科大学医学部卒の医師。
過酷な現場にいる人だから。
地元の内情がよく分かってると思う。
単純に尊敬するわ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月12日

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さんが、「イスラム国」の姿(誕生の経緯)と非軍事支援について、優しく語りかけてくれる一冊。

あの事件を受けて、どうしても訴えたいことが、鎌田さんにはあったということがわかります。

今までも、中東への医療支援を続けてきた、現場のリアルな声。

イスラム教と「イスラム国」...続きを読むは違う!という、シンプルな話。

この本の印税もNPO法人を通じて、役立たせたいという思いも、共感が持てました。

ぜひ、日本人ならは、今年の前半に一度は読んでおいて損はない本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月22日

“「イスラム国」よ”と呼びかけるタイトルを一目見て、なぜか深い愛を感じた。
どうしてテロリスト集団に愛をもって呼びかけることができるのか、疑問だった。

読めば、わかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月15日

イスラム社会で、人道支援を続けてきたJIM-NETの鎌田先生が書いた、イスラム国についての分析と、先生の意見。
医療支援を続けてきた先生の意見は、徹底して非軍事人道支援。
イスラム社会で、そしてチェルノブイリで、福島で、一貫して支援を続けている実務家の先生の経験、意見は重い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月23日

著者自身が18歳の時、父の首を絞めた経験を持ち、人間の心には闇や獣の部分があることを認めたうえで、どうすべきかとの思考と、現に行っている行動が説得力を持つ。
こういうところに資金的な援助も有効に使われるべきとの、議論と実行が望まれる。

このレビューは参考になりましたか?