【感想・ネタバレ】突破力と無力のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2015年03月06日

行動力にアッと言わされる。
しっかり、自分がやりたいことを貫く、その
精神をだんだんと社会に紛れ込むとできなくなる。
そうじゃないんだ、自分のやりたいことやろうっていう
そういう事を思い出させてくれる。

組織の上に立たなくても、前に立つこれは、
すごく響いた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月30日

世界中で挑戦を続ける税所さんの行動記録。
トラブルと失敗の連続!
そんななか、仲間に助けられ、大きな物事を成し遂げていく。
己の世界観が広がる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月14日

前著『「最高の授業」を、世界の果てまで届けよう』の続編的な本です。今回は、税所くんのソマリランドでの活躍をメインに描かれています。なんと現地で殺人予告までされています!?

彼の事は、テレビ東京の「未来世紀ジパング」の「謎の国潜入スペシャル!“未承認国家”ソマリランド」で知りました。そのため、今回の...続きを読む著書は読みたかった一冊です。

彼の破天荒な行動は、自己啓発と言うよりは、エンタメ的に読んでしまいました。それは彼の人を引き寄せる人柄であり、社会企業家としての強みかもしれないなと思います。

そうは書きましたが、本書で深く共感したのは、米倉誠一郎さんの言葉ばかりだったりします。物事を成し遂げるためには、行動力と共に、知識と知恵と洞察力も必要なのを感じました。でもそれを一人でやるのは大変で、やはり適材適所、有能な人達がチームを組んでこそなのかな?と、勝手な行間読みで納得しています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月09日

去年早稲田を卒業したばかりの著者の新刊。
このひと、暗殺予告なんて出されるようになったのか、、たいへん。どんどん大きなことを、すごいスピードでやってのけるようになった税所さん、まだまだ若者に入るんやろうし、これからどうなっていくんでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月14日

ソマリランドで暗殺予告を受ける。失恋→バングラデシュでe-Education立ち上げ→ロンドン大学院教育研究所留学→日本ソマリランド大学院開講までの振り返り。

元気な若者。若者はこうでなくっちゃね。

このレビューは参考になりましたか?