【感想・ネタバレ】サラは銀の涙を探しにのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月28日

前作『サラの柔らかな香車』が面白かったので購入

さて感想
あれ?主役は七海なのだろうか、鍵谷なのだろうか
天才棋士のサラは何処でお出ましになるのだろうかとヤキモキしつつ読み進めました

意外な展開と「ヒカルの碁」や今話題の棋界スマホ不正問題なんかも想起して楽しめたね

何より、やっぱり私が好きな ...続きを読む 己を削りながらも高見を目指し、挑む者を描いてるし...

しかし、結末は切ない
鍵谷はあれで本当に幸せなんだろうか
せめて、サラには探しに行った銀の涙を見つけてもらいたい

星は★★★★(4点です)
若者向けの作品として前作ともにお奨めかな

向こう側に行ってしまうことは幸せなのか、一緒に居ることの方が...と思いつつ決めるのは自身なのだろうと納得するしかないですね。でも、見つかると良いな、銀の涙

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月23日

前作「柔らかな香車」は読んだのですが、内容が思い出せなかったのでどうしようかと不安に思いながら読み始めたのですが・・・。

結果は、香車のようにきれいに読み進めることが出来る物語で心地よい後読感が残りました。棋士vsコンピューター、将棋の新たな世界観の期待など、作者の将棋愛が伝わる物語でもあると思い...続きを読むます。将棋好きには間違いなくおススメです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月17日

将棋の、それもトップクラスに身を置く人たちの目指すところ。見たい景色、手にしたいもの。才能の有無、芽吹くもの、足掻き続ける苦しさ。これ単体として割とおもしろく読んだけれど、前作の続編として考えるとそもそも蛇足だったのではとも感じてしまったな。

このレビューは参考になりましたか?