橋本長道の一覧

「橋本長道」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/06更新

ユーザーレビュー

  • yom yomリーフレット vol.61
    知の使い手としての手練れ、おふたりによる対談が収録されている。知とは過去の蓄積に他ならないことに気づかせてくれる。
  • サラの柔らかな香車
    不思議な感じがする小説だった。でもグングン読み進められた。ヒカルの碁を彷彿とさせる内容で、みたくなった。探してみようかな。もっともっと続きが読みたくなる本だった。続編があったらいいな
  • サラは銀の涙を探しに
    「サラの柔らかな香車」の続編。
    将棋ソフトとの戦いが物語の一つの筋となっている。本書は、2014年の発行であり、まだ、将棋ソフトとプロ棋士は、プロ棋士側が比較的健闘していた時期だったと思う。また、この物語も、そういった力関係が、ある意味で前提となっている。
    将棋ソフトとプロ棋士が公の場で戦う棋戦、叡...続きを読む
  • サラの柔らかな香車
    筆者の橋本長道は、元奨励会員。将棋の奨励会は、プロ棋士を目指す人間の集まり。多くの人間は小学生の頃に入会し、同じ奨励会員との将棋の勝負を繰り返していく。好成績をあげるとルールに沿って昇級・昇段をしていく。好成績をあげる者がいるということは、そうではない者もいるということで、昇級・昇段できない者、更に...続きを読む
  • 奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~
    奨励会と聞いて将棋を思い浮かべる人は、結構な将棋好きの人だろう。
    将棋のプロ棋士とは、四段以上の者をいう。奨励会とは、プロ棋士養成所、6級から三段のプロ棋士を目指す者たちが、戦い続ける場である。21歳までに初段、26歳までに四段、すなわちプロ棋士になれない場合には退会という厳しい規定がある。
    筆者は...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!