【感想・ネタバレ】TOKYO0円ハウス0円生活のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月07日

建物をもうこれ以上建てるな と言う言葉に非常に納得。
0円ハウスの成り立ちも面白い、住人(設計者)も面白い。
面白いだけでなく、都市設計って本来はこういう考えで動くものだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月16日

自分で考え、自分で決めて、自分で作る暮らし。
自分が主導権(もちろん権利も責任も)を持つ「ホーム」があることに、憧れを感じました。

「自分もやってみたい」という感想を多く見ましたが、普段、自分の意思が反映されないことが多いことに、違和感を感じているのかもしれません。
そういう気持ちは、忘れない方が...続きを読む良いのかなと思いました。

そして自分に必要なものは何か、常に考えるのを止めないようにしたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月26日

おもしろい。
今の自分がどれだけ無駄なものに囲まれて生きているのか気付かされます。
0円ハウスとまではいかなくても、自分自身の生活を見直そうと思いました。
文章も読み易くて、作者の坂口さんにもとても興味をもちました。
他の作品も読もうと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月12日

大げさかもしれないが、坂口さんの著書のおかげで「生き方の許容上下幅が倍になった」くらいの感覚が生まれた。ある日突然お金が無くなっても生きていけるかもしれない。都会で、あるものを集めてきて自分で家を建てて生活をする人を「ホームレス」とはもう呼べない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月26日

すっかりはまってしまって坂口恭平の本、2冊目。
とても読みやすく、すらすら読める。中身も非常に面白い。
ホームレスの方に対する偏見を飛び越えて、都市で生きるという中の固定観念に挑戦していく姿勢は非常に痛快。
様々な活動に及ぶ筆者だが、根本にある面白みはものごとを捉える目線と、行動力。
しなやかなアー...続きを読むティストだと感じることが出来る良書。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月11日

隅田川のホームレスは”ホームレス”ではなく、自分らしい生き方をしてホームを自らの手で作り生活を楽しんでいる人なのだ。金融に、財産になってしまっている現在の住宅、私たちの住まい方、生き方に?を提供し、新しく解放された暮らし方への問いかけをしている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月13日

著者の熱意がグワッと伝わってくるので一気に読み終えてしまった。
生活の知恵、なんてものだけでは終わらない。
人の幸せな生き方のひとつを見た気がした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月16日

0円ハウスという本を出版した筆者は 隅田川に 本当に0円(拾ったものだけ)で家を作った鈴木さんと出会う。
鈴木さんは アルミ缶を売って得た月収5万円の殆どを 食費に充て自炊生活をおくっていた!
0円ハウスの人々の生活から、肥大化しすぎた現代社会の中にいるとわからなくなる、
本当に身の丈にあった住まい...続きを読むと生活って何か、気づかさせてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月26日

先に「隅田川のエジソン」を読んだので知った本。ブルーシートハウスを建築物とみて、究極のモバイルハウスと定義するところがまず面白かった。妙なワクワク感に囚われたまま一気読み。この本も2,3時間コースで読めたが、実に爽快感がある。なんでだろうか?とか意味不明の感想を持ち、何か我が書斎を秘密基地化したい、...続きを読むとか思う始末。贅沢な空間を所有していることを痛感。あと、住人のシステマチックな思考と、常に改善を図る姿勢に学ぶところ多し。ともすると忙しさを理由に一切の工夫のない日々になってしまうのだが、この本を読んで良い刺激を受けた。月に1回読んで、クリエイティビティ0に落ち着くのを防ぐのが良いと思い、そうしようと思う次第・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月18日

アウトサイドに生きる人々の暮らしに暖かいまなざし向ける著者の姿勢に好感がもてる.彼の視点を通せば,路上生活者はホームレスなどではなく,立派なホームを持った生き生きとした人間に映る.その生き方もひとつの賢い選択であり,必ずしも既に完成したマイホームを手に入れることだけが価値ではないのだということに気づ...続きを読むかされる.さらに驚くべきは彼らの暮らしの知恵である.都会のニッチをうまく利用して生きている姿はたくましいとしか言いようがない.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月13日

ギブ&ギブ&ギブ。
本書に出てくるこの言葉は、
まさに贈与経済である。

著者は別の本で「態度経済」と読んでいるけれど、
「貨幣」を軸にした経済ではなく、
「人」を軸にした経済のこと。

実家から米が遅れらてくるのも贈与経済である。

もちろん本書はホームレスを推奨しているのでも、
...続きを読む在の貨幣経済を否定しているのでもなく、
別のレイヤーを提示しているだけである。

その別のレイヤーを発見するためには、
路上生活者のような、
物事にズームして、
本質を捉えていく思考が必要だと言っているわけだ。

こういう考え方は、
なんだかスケッチをする時に似ている。

スケッチする時には、
物体を細部まで観察し、
それがどういった構造をしているか、
それぞれの箇所がどういう関係になっているか、
といったことを理解しないと上手く描けないものだ。

逆に言えば、
それさえ理解できていれば、
少々歪であっても描いているものはわかる。

この著者のスケッチを見ていると、
こういった空間を把握する能力に長けていると感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月23日

アラマタ先生の0点主義を読んだ後に読んだので、「0点主義タイプ」な実例を目の当たりにした感じだった。(大学での勉強のくだりや徹底的に隅田川などを調べていく点など)
想像以上の内容に、驚いたり感動したりで、あっという間に読み終えた。たいして使いもしない、無駄なものに囲まれている自分の生活をどうにかしな...続きを読むくちゃと思う。コンクリートの家でも、シンプルに生きる事は出来ると思うので。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月19日

 ホームレスの住居について考察するところから始まり、都市部における生活様式、路上における狩猟・最終の概念などを筆者ならではの視点で考察していく本。

 と書くと難しそうだけれどもそうではなく、誰にでも分かるように、丁寧な視点に立脚して書かれた本。それは、筆者が決して外野として物を見てるのではなく、
...続きを読む「自分は0円ハウス(=ホームレスが作る家)の住民ではない、外の人間なんだけれども、とても興味があるのでいろいろ教えて頂けませんか」
というような、住民への敬意を持ってきちんとお話を聞き、写真に収め、ゲラのチェックまでしてもらうという対等かつ真摯な姿勢によって証明されている。

 こういう感想の書き方で実は僕自身が彼らを遠くに見ている、という事なんだけども、本作においてはホームレスんぼ生活支援、自立、雇用といった問題は全て二の次なのが快い。読めば分かるけど
「そんな事は一切必要ない」
からなんだけども(住居自体が違法であるという問題はある)、物に溢れた都心部で資材を調達し、生きる糧を獲得する。そんな生活だと捉えると彼らの生活、タフだけれどもとても自然。

 また、路上観察の切り口としてもとても素敵な本。個人的には赤瀬川原平氏以来の衝撃。ちなみに解説は赤瀬川原平氏です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月10日

東京の路上生活者の暮らしを狩猟採集、都市をそのフィールドとして人工の自然と捉え、そこでの暮らしを観念でなく、リアリティを伴って描いている。そのリアリティが重要であり、著者同様に彼らの生活の豊かさに勇気付けられる。電気がタダで手に入る話が衝撃。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月07日

自分の知らない世界を知れた本。ホームレスにも色々あることを改めて知った。特に夫婦でホームレスをしている方々へのインタビューと追跡は、事細かに書かれている分、想像もしやすく面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月27日

こんな風にとらえたことがなかったのでとても衝撃でした。
今の私たちの生活っていかに無駄などが多いのだろうかとも思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月01日

●引用

図版を見ても、こっちに飛び込んでこないのだ、

直感や本能、皮膚感覚に従う事

この時、すでにいわゆる建築という定型化している世界からずれてしまったのかもしれない

見たこともないものを見た興奮というより、見たいと思ってゐた物が現実にあったということの悦び

お前はバカだから、こういうこと...続きを読むをやっていけ。そしたら本物になるかもしれない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月29日

路上にテント等を張って住んでいる人を、いわゆる「ホームレス」と例えられる事があるが、そこは住む人の考え方次第でいかようにも取れるのでは?著者が実際に、そこに住む人を訪ねて、一部始終のやり取りも見もの。本来の「家」とは何か?を考えさせる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月24日

『世の中には素晴らしい人たちがたくさんいるのよ。人は見かけではないことを、分かってくれる人がいるから、幸せだよ。』
自分の生活の尺度をもってるのが好きです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月22日

とってもおもしろい視点。文章も笑える。著者は、子どもの頃、秘密基地みたいなのを作るのが好きだったし、さまざまなアイディアを持った少年だったのがとてもよく分かる。この軽い文章は、椎名誠の影響では?
彼が世界的におもしろがられて、評価される理由は分かる。
ただし、彼の論理には難点もあると思った。
彼が、...続きを読むこれから、生き残っていけるのかどうか?これからが勝負だと思う。

このレビューは参考になりましたか?