【感想・ネタバレ】狸穴あいあい坂(9件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2014年12月30日

かわいいです。ベタベタであざといところも含めてかわいいです。堅物のおじいさん、お調子者の奉公人、可憐で芯の強い主人公と、友達以上恋人未満のお侍さん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月04日

母から下がる。
函館までの道中のお供にキヨスクで購入したそう。


火盗改の孫娘と町方同心の捕物話。


登場人物のキャラがよく、短編連作(より短め)のスピード感で読み進む。

次のシリーズは私が買う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月05日

火盗改与力の娘・結寿と八丁堀同心・道三郎の二人が不思議な事件の謎を解く、という連作時代小説。
恋愛要素もあって、その観点からすると手柄を競い合う仇敵関係にある組織に属す二人の恋は前途多難。設定も面白いしキャラも立っていて特に結寿の祖父で元火盗改・幸左衛門がいい味出している。
連作ということで一話一話...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月26日

ひょんなことから知り合った、元火盗改の祖父と暮らす結寿と、隠密回り同心の妻木道三郎。
協力して事件を解決していくうちに二人は惹かれ合うのですが、火盗改方と町方は仇敵の間柄という事で、ロミオとジュリエットばりの障害を乗り越えられるのか、恋の道行きが気になります。
大家で口入屋の息子の小源太や、道三郎の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月03日

元火盗改の祖父と暮らす17の娘が、八丁堀同心と、事件の謎を解いて行く連作短編。
重いテーマの作品を読んだ後故、恋と捕物の人情溢れる作品にホッとする。
彼らの周囲に、次々と人が集まり、騒動を繰り広げる展開に、著者の別シリーズ『お鳥見女房』(読書子お気に入りのシリーズ)を連想してしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月29日

新聞で広告載ってたときに気になってたのですが、なんと6年越しで、初諸田玲子さんでした。女性の書く時代小説はあまり好みじゃないのですが、これはとても読みやすかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月30日

気恥ずかしくなるような爽やかな短編集。
時代劇版ロミオとジュリエットみたいな?
そこまで悲壮感がない…どころか、登場人物のアクの強さで笑わされっぱなしでしたけれど(1篇除く。
続編「恋かたみ 狸穴あいあい坂 」の文庫化を待ってみませう。
きっとおかんが買うはず。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月28日

「お鳥見女房」シリーズから注目していたけれど、甘すぎない作風と、悲惨な、残酷な事態になってもどこか救いがあり、立ち直る強さを持った登場人物たちの凛とした姿が美しく見える作品。個人的にはヒロインがもう少し強いといいなと思ったり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月21日

火盗改方の娘とそのじさま。小物は元幇間。恋する相手は八丁堀の旦那。と、奇抜な組み合わせで、奇をてらった感は否めないけど。組み合わせの妙というか、なんというか。捕り物の取り合いに恋を絡めつつ、無難な着地点。まどろっこしさは若干あるものの、それなりに楽しめた。

このレビューは参考になりましたか?

全巻のレビュー

心がわり 狸穴あいあい坂

Posted by ブクログ 2019年06月01日

シリーズ第三弾。

道三郎への思いを秘めたまま、小山田家へ嫁いだ結寿。

婚家に降りかかった災難を機に、小山田家の嫁として生きていく覚悟を決めたのは、結寿の成長ともいえますが、何とも切ないと思ってしまいます。

このレビューは参考になりましたか?

恋かたみ 狸穴あいあい坂

Posted by ブクログ 2019年05月29日

シリーズ第二弾。

惹かれあう結寿と道三郎ですが、結寿に縁談が持ちあがります。
障害をクリアできないまま、着々と縁談は進んでいき…。
現実的な選択をせざるを得ない結寿ですが、つのる未練にどう向き合っていくのか。切ないですね。

このレビューは参考になりましたか?

恋かたみ 狸穴あいあい坂

Posted by ブクログ 2015年11月26日

これってシリーズ第二作目だったんだ。
なかなか面白かった。短編なせいかちょっと簡単にことが進みすぎる気もする。
二人の恋はなんだかんだと成就するかと思ったのに残念。でもきっとそれがまたお話としてはぶれてなくて良いんだろうな

このレビューは参考になりましたか?