【感想・ネタバレ】資本主義という謎 「成長なき時代」をどう生きるかのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年09月27日

資本主義という謎 (NHK出版新書 400)
(和書)2013年10月14日 00:37
水野 和夫, 大澤 真幸 NHK出版 2013年2月7日


格差を絶えず付け続ける運動が資本主義である。

それに対し格差を解消することを目指す平等と平和の哲学がある。

資本主義の中から格差を解消する対抗運...続きを読む動が生まれることは考えづらい。それは資本主義自体が格差をつくる永久運動としてしか存在意義がないからである。やはり理念を明確に持つことが不可欠であると思う。

〈理念)=〈格差の解消としての平等と平和の運動又はシステム〉

柄谷行人さんの交換様式がカール・ポランニーから来ていることを知った。互酬性、再分配、商品交換である。第四象限は格差の解消を目指すものである。そしてこういった象限による様式はプルードンから来ていることは知っていた。柄谷さんはこういったことを踏まえた上で格差の論理である〈資本主義=国家=ネーション〉に対し明確にそれらのつくる格差を解消しようとする平等であり平和の理念を示している。

この本の資本主義への対抗運動の論理には物足りなさを感じたがそれを補う意味でノーム・チョムスキーや柄谷行人が有益でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月05日

水野和夫氏の言説が読みたくて手に取った。後半は完全に大澤真幸氏のペース(「食っちゃった」という感すら)。でも知的刺激に富んだまれに見る好対談と言える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月07日

とても(めちゃくちゃ)いい本でした。ラストのほうでは、桐島、部活やめるってよの高校生たちと社会が対応させられていたりして、対談の結論にもぐっときて、泣いてしまいそうでした。「アメリカ、覇権やめるってよ」には噴き出してしまいました(笑)。
石原千秋さんの『打倒!センター試験国語』で資本主義についてはこ...続きを読むちらの本を、とあったので手に取りました。
人類学、人類史的な視点で資本主義(西洋史における近代)が語られていて、かつ、対談はつねに人間への真摯な思いで満ちていて、非常に救われました。私は資本主義のもたらしたものの大半は嫌いで、どうもこのやり方には救いはないのではないかと、昔から懐疑的で、近年の社会状況ではその思いはどんどん強くなっていました。しかし、その資本主義に深く関わる人たち(大澤さんは社会学者ですが)も、資本主義は終わるとはっきり言われていて、そして逃げずにその先をどうするのかということを専門的に考えてくださっていて、すごく勇気が持てました。経済学者の方、エコノミストの方、ぜひこうしたことを考えて、行動に移すのは難しくとも、ともかく考えていってくださればと思いました。もちろん私達市民の一人ひとりも考え、逃げずにぶつかっていかなければならない問題です。猶予はおそらくあと十年ほどということですので、自分も、この十年で、みんながこの後の世界を生きられるような社会作りの下準備を、少なくとも自分のできる範囲ではきちんと終わらせなければならないと感じました。
非正規雇用者をこれだけかかえている日本ですが、非正規雇用の労働者がはたしてどれだけの貧困に実際にさらされているのかということは、それぞれの方にそれぞれの事情と状況があると思うので、全体像としてどうなるかということは私はイメージできません。しかし、正規雇用の若い労働者が、体や命を犠牲にして働いているのを非常に多く目にし、非正規雇用でも正規雇用でも、つらい人はつらい目にあっているのだろうという、全体として若い人の労働に対しては暗い気持ちがあります。
これからの時代(資本主義が終わってから)のシステムは、「自分の命や心を大切にしながら、可能な範囲で一生懸命働く」という生き方を、どうやったら多くの人が実現できるかということに深く関わってくると思います。今の時代は、人々、とくに若い人々が、あまりにも健康を犠牲にして働かされすぎています。
私自身(27才)は現在、非正規雇用で働いていて、疾病者で、嗜好品などはほとんど購入できない状態ですが、しかし、全く絶望感や不安感とは無縁で、幸せに生きさせて頂いています。一番の理由は、本書でも言及されていた「寂しさ」を感じずにすんでいるからだと思います。そして、周りの非正規雇用者たちを見回しても、絶望を感じて貧困のなかで生きている人がいるか、といえば、少なくとも私の周りではそうではありません。大人たちの、非正規雇用=不幸のような図式は、私達の世代には肌感覚としてはそこまで馴染んでいないかな、という印象も持っています。正社員として一生を過ごしたことがないために、非正規雇用で一生を過ごすとそれに比べてどうなるのか、ということが、まだあまりよくわかっていないからかもしれません(出産や育児など、多額の費用が必要となる人生のイベントを経験するのは、今の収入ではものすごく難しいのかもしれません)。しかしともかく、雇用は保証されていなくとも、職場での信頼関係があり、家族や友人との絆を感じられている限り、人はそこまで「不幸」になることは、できないのではないかと感じます。
しかし、私自身が今のように幸せな状態で社会に参加することができるようになるまでには、資本主義社会の生んだ様々な構造によって奪われた沢山のものと、それを取り返すためのあまりにも長い戦いの時間がありました。親世代と比べて、自分たちの世代のほうが多くのものを奪われている、という実感はあります。それはほとんどが、人間性や人との繋がりに関わる問題です。資本主義が終わって次のシステムが来たとき、私達若い世代が思うことはおそらく一つだと思います。人と人とがばらばらにならずに、きちんと他人を信頼し、信頼される関係を誰もがもてる社会、その実現が目指されると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月28日

資本主義の「終わり」を大きな観点から論じた対談。目先のこまごました事象は気になるが,こうした大局的な見方を自分のものにしておくのは大事。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月09日

水野和夫と大澤真幸の顔合わせは意外だったが、以前より知り合いだったらしい。2人の対談を通じて、経済学的な観点と社会学的な観点から、いまにも崩れそうな資本主義について、歴史的なスパンでとらえ直している。
近代とともに発展した資本主義は、現代に至ってかつてないレベルでグローバル化した。この帰結として、搾...続きを読む取できるフロンティアは消滅し、「成長」する余地がなくなっている。このことが、さまざまな問題として露呈している。きわめて低い金利の状態が続くというのは、歴史的に見ても経済システムが成長しきった状態で、大きな社会的な変化がなければ解決しない。
資本主義に代わる最適な経済システムの想定があるわけでもない。
成長戦略や単なるイノベーションといった、小手先の解決策で通用するというわけでもない。
例えば、ドラッカーが知識社会と呼んだような、まったく現代と異なった社会が、今後何十年か後に出現しているのかもしれない。
それらについて、イメージし形成できるのは、最終章でふれられているように、我々とは違った価値観を持つ、今の、これからの若者たちなのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月18日

資本主義は普遍的なものなのか、過渡期的なものなのか?なぜ西洋〜キリスト教の下で発生したのか?国民国家と資本との関係は?

 ローマから始まって、スペイン、オランダ、イギリス、アメリカ、日本、EU…。歴史上、ヘゲモニー国家は生産拡大→金融拡大→バブル→崩壊というサイクルで移行して行きます。その指標とし...続きを読むて水野氏は「利子」に注目します。そもそもキリスト教でもイスラム教でも禁じられていた「利子」を採用する事によって資本主義は生まれたといいます。その利子が10年を超えて2%以下の超低金利が続くと、既存の経済・社会システムが維持できなくなるという仮説なのですが、現在の日本は16世紀のジェノヴァの記録を400年振りに更新してしまいました。続いて米英独なども堰を切ったように2%を切っています。この低金利では、もう投資機会がないという事ですから、本来は成熟した良い世の中を築いたということなのに、欲望にかられて余計な事をして、金融を肥大化させる。バブルを生む…
 今までは、新たなフロンティアを見つけた国が次のヘゲモニー国家となって来ました。新大陸という地理的空間だったり、ITや金融工学という仮想空間だったり…。しかし、今やもうフロンティアは残っていないように思われます。果たして中国は次のヘゲモニー国家になり得るのでしょうか?それは難しいでしょう。なぜなら中国はあくまでも従来の西欧国家や日本、韓国などが歩んできた道を辿っているだけで、決して新たなフロンティアを発見したわけではないからです。このままではもっと速いスピードで我々と同様に、縮小する経済を経験するでしょう。
 さて、そんな中でグローバリズム資本主義と国民国家との関係はどうなっていくのでしょうか?資本主義は、実は現在のように資本が国境を易々と越える状況を想定していないと本書では捉えます。あくまでも国民経済の総体が世界経済だという前提なのです。現実には世界経済が先にあるのだけれど、そのフレームワーク自体を説明する方法が見つかっていない。
 そうして中国、インド、東南アジア、南米、アフリカ…と、まもなくフロンティアを食い尽くした世界経済はゆっくりと、ゼロ成長に向かいます。その時にどうなるのか。日本の場合、仮にゼロ成長自体は耐えられても、その時に問題になるのは莫大な借金です。それを返済する術がない。僅かでも成長しているうちに借金を減らしていかないといけない。それは身を削るようなつらい作業になるでしょう。
 そもそも資本主義は、投資と回収を繰り返して発展していくことを前提に作られたシステムです。しかも古くは家畜や奴隷、石炭、石油、あるいは原子力といった「タダ同然の安価なエネルギー」を得る事で爆発的に発展を遂げ、そのために未来から富を先取りしてきたのです。持続可能なものではなかったことに我々は気づき始めたのでしょう。解答はまだありません。この事実を自覚して、考え続ける責務が我々にはあるのです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

資本主義の定義、歴史、現代での位置付け
・長い16世紀
利子、法人の概念の発展と宗教の役割(キリスト教の抵抗)
法人の概念により複数世代に渡る永続的な投資が可能に→イギリスの海洋権益拡大
スペインが陸を支配しようとしたのに対してイギリスは海(貿易)を支配→資本主義的支配
中国の明も航海を行ったが資本...続きを読む主義がなかったためアフリカ等の支配には至らなかった
オランダは固定資本で海洋拡大したがイギリスは事業ごとの資本調達→永続性

・現代
現代における資本主義の限界と永続可能性
ゼロ成長社会が示唆すること、その捉え方
「桐島部活やめるってよ」が現代社会において意味すること

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年09月01日

チャーチル『資本主義は最悪のシステムだが、これ以上のものはない』
限界収益低減の法則、 数を重ねると満足度が下がる。→満足度のシェアをすれば、解決するのでは?パイをどんどん大きくすればよいのでは?

サモア  最後通帳ゲームは3割を切ると拒否されやすい。 利子率革命 ウェストファリア条約 三十年戦争...続きを読むを終結させた世界最初の大規模講和条約
→17世紀のドイツを中心として起こった宗教戦争です。
荒廃するドイツにおいて、争いの渦中にいなかったプロイセンが台頭してきた。
→家康?

1618年から1648年まで、三十年間にわたって繰り広げられたため、こう呼ばれています。
 中世ヨーロッパ 利子悪いのは神の時間に利子をつけるから。高利貸し ウスラ 金利はラテン語で「ウスラ(USURA)」と言う。もともとはあらゆる金利を含む概念だったが、中世の教父たちや教会法が「与える以上に受け取ること」と定義したことで、「正当でない」金利という意味を持った

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月07日

【書きかけ】
書名と著者名で拒否反応を起こす人も(特に近代経済学を一通り学んだ人には)いると思うし私自身はちょっとしたきっかけで読んでみたが、一度考えてみてもよい問題ではある。博識とイメージで押し切るトンデモな面はあるだろうから気をつけたほうがいいが、そういう面を全く含まずに考えるのは難しい話だと思...続きを読むう。トンデモ本としての価値しかないと思う人は逐一説得的な反論を試みるべき。”正統な”経済学者も百家争鳴のなか大衆感覚では結局のところ長期停滞のままであるのは事実なのだから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月11日

インデックス投資家として、世界の成長ってのがどこまで続くのかが気になって手に取った一冊。正直なところ半分も理解出来なかったが、資本主義における経済成長ってのは、永遠に続くものではないのかな、という風には理解しました。
まあ当面は大丈夫かなとも思いますが、「桐島、部活やめるってよ」の引用話のところで、...続きを読む破綻は突如訪れるものというような話もあって、油断はならないのかも知れません。素人にタイミングが判断出来るわけありませんが、、、

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月13日

資本主義という社会・経済システムが機能不全に陥るのはもはや時間の問題であり、それに代わる新しいシステムが必要になるという水野氏の考え方を社会学者の大澤氏との対談で整理・説明していく内容の本。

このまま行けば大きな不幸が待っている。確かにそのように思える。では、どうすればいい?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月30日

地球規模で拡大する資本主義は一見普遍的な様相を持ちつつも、実は特殊な地域の宗教的・地理的バックボーンの上に成立した概念である。そうした資本主義が持つ不可思議さを歴史的に解きほぐす本。勉強になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月03日

社会学者と経済学者が、「資本主義」ってそもそも何だ?というような議論を、世界史の上で位置付けながら議論する対談です。

両者は恐ろしく博識で、対談でなされた議論とは信じがたい、とても知的刺激に溢れた本です。大澤氏は『虚構の時代の果て』(ちくま学芸文庫:2009増補版)において資本主義の宗教的な側面を...続きを読む深く検討していましたが、それが本書のテーマのひとつとなっており、改めて納得させられました。

"「アフリカのグローバリゼーション」と言った瞬間、その先はもう見えてきたのではないか(P.234)"という指摘は、誰もが薄々感じていることではないでしょうか。もちろんこのような「資本主義批判」は珍しいものではありませんが。

いわゆる経済・ビジネス本とは趣が異なり、未来については一貫して悲観的なトーンです。成長戦略や金融緩和などには否定的であり、「処方箋」はありません。もちろん資本主義の限界を騒ぎ立て、理想を熱く語るような古臭さも全くありません。

ただ、水野氏の指摘通り、10年国債利回りは1%以下ですが、"資本家が資本投資をして・・得られる利益が年率換算で2%以下になる(P.39)"という事態にはまだ至っていないかと思います。

総論的にはその通り、ただ企業ができる限りの成長を目指すことが、そこまで虚しいこととも思えない、という複雑な気持ちがしました。

(2015/10/03)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月01日

成長戦略とは聞くが人の数に限りがあり、市場も限られている以上「成長し続ける事が可能なのか?」という疑問を持っていた。
そんな疑問に答えてくれる入門書です。
最後の章で「成長」の無い時代に、どう未来を切り開いていくかを論じています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月22日

社会学者と経済学者の対談本。とはいっても、水野さんは経済学者と言っても、歴史の造詣に深く、利子率革命からの歴史から見た経済学の著書が多い方なので、歴史の観点から見たら、人、経済システム、国家システムなどを絡めた対談となっている。

水野氏の主張は一貫しているので、出版された本を読めばよいと思うが、対...続きを読む談なので比較的わかりやすいと思った。しかし、本書を理解するために必要な前提条件となる知識が多いなあと改めて思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月01日

二人の対談集だが、水野氏については、「終わりなき危機」で非常に詳しく自分の主張を書いているので、主張そのものを知るにはそっちを読んだ方が良い。
というか、前著を読んでしまうとこの本を読む意義があんまり無い様な気もする。敢えていえば、分かり易くなった入門的な位置づけか。

資本主義がフロンティアを求め...続きを読むる性質のものなので、フロンティアがもはや残っていない現代で行き詰るのは自明の理、という主張の流れには大いに納得。これから考えるべきは、経済成長ありきではない世界のありかたになっていくのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月08日

法的には資本主義、システム的には……もはや資本主義の終わりの始まりになっているのが今なのでしょう。

社会学者と経済学者の対談で、この社会の中で経済がどのように機能しているかを立体的に考えることができました。

個人的には、世界史に全く疎いので、16世紀の話について行くのがやっとでしたが、確かに、今...続きを読むの経済状態も歴史の積み重ねの上に成り立っているはずですから、歴史と重ね合わせた方が理解しやすいのでしょう。

今までと違う角度で資本主義を見ることができました。

世界史の勉強、もっとしておくんだったなぁ、とつぶやき……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月28日

資本主義の本質を蒐集(博物館)の論理と捉える点が面白いが、その蒐集の論理がなぜ生じたかは、更なる検討が必要。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月05日

資本主義の来歴と、それが現在陥っている問題、そして資本主義の後にやってくる時代の展望について、エコノミストの水野和夫と社会学者の大澤真幸が語っています。

おおむね大澤がみずからの立場を示しながら水野の考えをたずねるというかたちで議論が進められており、とくに後半ではそうした傾向を強く感じました。ただ...続きを読むし資本主義の形成について語りあっているところでは、「蒐集」というキーワードを用いて資本主義の形成から現代の状況までをつらぬく本質を見ようとする水野に対して、大澤が資本主義の形成が世界史において逆説的な性格をもっていることを強調するなど、意見の対立が見られます。ただし、両者ともみずからの立場を提示するにとどまっており、対決にいたることは回避されています。本書の目的が、サブタイトルの示すように「「成長なき時代」をどう生きるか」ということであり、あまりこうした対立点にこだわってもしかたがないという判断なのかもしれませんが、個人的には大澤の世界史のとらえかたを実証的な観点から検証するような試みがあってもよいのではないかという気がします。

大澤独自の世界史の見方は興味深いものですが、こうして水野の議論と対照させてみると、やはりアクロバティックなもののように見えてしまいます。理論社会学の観点に立つ大澤と、文明論的な視座から資本主義を理解しようとする水野の観点のちがいが闡明に現われているように感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

ざざざざーっとみただけだが、やはり対談本でお勉強するのは難しいという印象。ファン向けではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング

1 / 3 ページ

2

アーニャ・レビーナ / アーロン・レビー / アーント・フフツァーマイヤー / アイエレット・フィッシュバック / アイザック・H・スミス / アイジェン・プー / アイビー・ブッシュ / アイリーン・ユアン・サン / アイリーン・ワイゼンバッハ・ケラー / 青井浩 / 朝井リョウ / アシシュ・アイヤー / アシュリー・グッドール / アシュリー・グドール / アシュレー・ウィランズ / 安宅和人 / アダム・ウェイツ / アダム・グラント / アダム・D・ガリンスキー / アダム・ブランデンバーガー / アチャ・レーケ / アディ・イグナティウス / アナ・テイビス / アナ・バード / アニー・マッキー / アニタ・エルバース / アビー・ランドバーグ / アビナシュ・コリス / 天野篤 / アミット・クマール / アミット・ノーム / アミル・ゴールドバーグ / アミン・ベンジャラ / 荒巻健太郎 / アラン・M・カントロー / アラン・G・ラフリー / アラン・ゾーファス / アリシア・デサントラ / アリス・ドゥ・シャランダール / アリソン・ウッド・ブルックス / アリソン・ケンパー / アリソン・シュープ / 有光興記 / アルド・ムサッチオ / アルネ・カールセン / アレクサンドラ・カレフ / アレクサンドラ・サミュエル / アレックス・サンディ・ペントランド / アレックス・ファーガソン卿 / アレン J・モリソン / アンジェラ・L・ダックワース / アンジャン・V・セイカー / アン・スクーラー / アンソニー・J・メイヨー / アンソニー・ライザロウィッツ / アンディ・ノーブル / アンディ・ボックマン / アンドリス・A・ゾルトナーズ / アンドリュー・ウィンストン / アンドリュー・ウォルデック / アンドリュー・M・ローゼンフィールド / アンドリュー・L・モリンスキー / アンドリュー・シピロフ / アンドリュー・P・チャステイン / アンドリュー・マカフィー / アンドリュー・リカマン卿 / アンドリュー・ロスコー / アンドリュー・ワルデック / アンドレイ・ハギウ / アンドレイ・ハジウ / アン・モリス / イーサン・R・バリス / イーサン・バーンスタイン / イアン・C・マクミラン / イアン・マッケンジー / 伊賀泰代 / 石井直 / 石川康晴 / 石川善樹 / 石黒浩 / 出雲充 / イタマール・シモンソン / 糸井重里 / 伊藤邦雄 / 井上英之 / 猪子寿之 / 今西聖貴 / イヤボール・ボジノフ / イリーナ・リトキーナ・ボテーリョ / 入山章栄 / イローナ・シュテフェン / 岩井克人 / 岩田喜美枝 / 岩渕匡敦 / インドラ・ヌーイ / イヴォン・シュイナード / ウィリー・C・シー / ウィリアム・R・カー / ウィリアム・ラゾニック / ウェンディ・K・スミス / 上田大地 / ウォルター・アイザックソン / ウォルター・フリック / 魚谷雅彦 / 宇佐美潤祐 / 梅原大吾 / H・ジェームズ・ウィルソン / H・デイビッド・シャーマン / エイミー・C・エドモンドソン / エイミー・ゼガート / エイミー・レズネスキー / エイモス・ウィンター / S・デイビッド・ヤング / エドゥアルド・トゥーゲントハット / N・アナンド / エフォサ・オジョモ / エマニュエル・ローゼン / エミリー・トゥルーラブ / エミリー・マクタグ / エムレ・ソイヤー / エリー・オフェック / エリカ・アンダーセン / エリザベス・J・アルトマン / エリック・アルムキスト / エリック・ウェーカー / エリック・シマニス / エリックTアンダーソン / エリック・ブリニョルフソン / エリン・L・スコット / エリン・メイヤー / エリン・リード / エレイン・バックマン / 遠藤功 / オーラン・ボストン / 大石佳能子 / 大熊将人 / 太田直樹 / 太田肇 / 岡田恵子 / 岡田仁志 / 岡田正大 / 岡藤正広 / 小笠原浩 / オマー・ロドリゲス・ヴィラ / 尾山基 / オリバー・アレクシ / オリバー・エムリック / オリバー・シボニー / オリバー・ハート / オリビア・A・オニール / カーティス・ライジング / カール・シュミット / カール・シュラム / カイガムJ.ガブリエル / カイル・ネル / 柿丸繁 / カストゥーリ・ランガン / 加藤崇 / カトリーナ・レイク / 金井政明 / 金井良太 / カラン・ジロトラ / カリム・R・ラカーニ / カリム・R・ラカニー / カルロス・ゴーン / カレン・ディロン / カレン・ハリス / 河合江理子 / 河合美宏 / 川鍋一朗 / 河本薫 / 菅野寛 / ガイ・カワサキ / ガイ・チャンプニス / キース・ウィード / キーラン・セティヤ / 北川拓也 / 北野宏明 / 木下達夫 / キム・ギュンムク / キム・クライストフォート / キム・ヒョンジン / キム・ローゼンコッター・パウエル / キャサリン・L・ミルクマン / キャサリン・ホワイト / キャサリン・ルディ・ハリガン / キャシー・デイビッドソン / キャシー・ベンコ / キャス・サンスティーン / キャスリン・ヒース / キャロライン・クロンリー / キンバリー・A・ホイットラー / キンバリー・D・エルズバック / ギョーム・サンジャック / ギンカ・トーゲル / 久夛良木健 / 熊谷昭彦 / 隈研吾 / クラース・ファン・デル・リンデ / クラウディオ・フェルナンデス=アラオス / クリス・アンダーソン / クリス・ズック / クリスチャン・テルビーシュ / クリスチャン・ベイソン / クリスティーナ・ゴメス / クリスティーン・ポラス / クリスティアーネ・デッカー / クリスティ・ロジャーズ / クリスティン・コンドン / クリストファー・ M・ バーンズ / クリストファー・キルヒホフ / クリストフ・H・ロッホ / クリストフ・ロッホ / クレール・ワードル / クレイトン・M・クリステンセン / クレイトン・クリステンセン / 黒川通彦 / 黒川光博 / グーハン・サブラマニアン / グレッグ・フォーラン / グレッグ・ブランドー / グレッグ・リンゼー / グレッチェン・ガベット / グレテ・ファレモ / ケイト・アイザックス / ケイト・オキーフ / ケイト・バラス / ケイト・ビタセック / ケネス・C・フレージャー / ケビン・スニーダー / ケリー・E・シー / ケント・ラインバック / ケン・バンタ / ゲイリー・ハメル / ゲイリー・P・ピサノ / 源田泰之 / コスタス・ラダス / 琴坂将広 / 古森重隆 / コリーン・テーペン / コリンM.フィッシャー / コンスタンス・ヌーナン・ハドリー / コンドリーザ・ライス / 五箇公一 / サイモン・レビン / サイモン・レヴィン / サイモン・ロスマン / 三枝匡 / 堺大輔 / 桜井一正 / 櫻井康彰 / 佐々木裕子 / 佐宗邦威 / サディ・クリース / サフィ・バコール / サフ・イエボア=アマンクワ / サマンサ・ハウランド / サミア B・スリバスタバ / サミナ・カリム / サム・グレゴリー / 佐山展生 / サラン・サンダー / サリー・ブラント / サリー・メイトリス / サリタ・グプター / 澤田貴司 / サンギート・ポール・チョーダリー / サンジェイ・ダワール / サンジャイ・コースラ / サンティアゴ・ガリーノ / サンドラ・J・サッチャー / ザカリー・L・トーマラ / ザンダー・ルーリー / シーガル・バーセイド / C.チェット・ミラー / シェリル・サンドバーグ / 塩田周三 / シドニー・フィンケルシュタイン / シナン・アラル / 篠田真貴子 / 渋谷直正 / 島田由香 / 島津明人 / 清水勝彦 / シム・B・シトキン / シャレーン・グプタ / ショーン・バートン / シリル・ブーケ / シルパ・コバリ / ジーン・リエトカ / ジェームズ・R・ディタート / ジェームズ・アレン / ジェームズ・E・ヘプルマン / ジェームズ・A・サンディ・ウィンフェルド・ジュニア / ジェームズA.ナルス / ジェームズC.アンダーソン / ジェームズ・デタート / ジェーン・ハリス / ジェイコブ・グリーンスパン / J・スチュワート・ブラックー / ジェイ・W・ローシュ / J・ピーター・スコブリック / ジェイミー・クレグホーン / ジェイミー・ダイモン / J.ヨー=ジュド・チェン / ジェシー・プライス / ジェニファー・ペトリグリエリ / ジェニファー・マグノルフィ / ジェニファー・ラム / ジェニファー・リール / ジェフ・サザーランド / ジェフ・ドネイカー / ジェフ・マーサ / ジェフリー・R・イメルト / ジェフリー・H・ダイアー / ジェフリー・G・パーカー / ジェフリー・ジョレス / ジェフリー・バスギャング / ジェレミー・シャピロ / ジェレミー・ハイマンス / ジェレミア・リー / ジブ・エリソン / ジム・ピアソン / ジム・マンジィ / ジャスティン・フォックス / ジャック・B・ソル / ジャネット・シュワルツ / ジャネル・ゲイル / ジャン・W・リブキン / ジャンヌW・ロス / ジャンピエロ・ペトリグリエリ / ジャンフランコ・ジャンフラーテ / ジャン=ルイ・バルスー / ジュディス・K・ヴァレンシュタイン / ジュリア・カービー / ジュリアナ・ピルマー / ジュリア・リー / ジュリアン・バーキンショー / ジュリアン・ライト / ジョージ・ウェスターマン / ジョージ・ストーク・Jr / ジョージ・セラフェイム / ジョージ・デイビス / ジョーン・C・ウィリアムズ / ジョアン・C・ウィリアムズ / ジョアンヌ・シェフ / ジョアン・マグレッタ / ジョシュア・ガンズ / ジョシュア・D・マーゴリス / ジョセフ・E・アルディ / ジョセフ・L・バウアー / ジョセフ・B・フラー / ジョセフ・フーリー / ジョナサン・フリードリッヒ / ジョン・R・カッツェンバック / ジョン・クラインバーグ / ジョン・ケース / ジョン・コルコ / ジョン・シニア / ジョン・ジャチモビッツ / ジョン・W・ペイン / ジョン・チェンバース / ジョン・チップマン / ジョン・ドノバン / ジョン・バンチ / ジョン・ビシアーズ / ジョン・P・コッター / ジョンP.コッター / ジョン・ブードロー / ジョン・マリンズ / ジョン・ラッカー / ジョン・ヴァン・リーネン / ジル・フリン / ジン・リー / スーザン・J・アシュフォード / スカイ・ミハイロ / スコット・スターン / スコット・スヌーク / スコット・ターナー / スコット・テイラー / スコット・D・アンソニー / スコット D・アンソニー / スコット・ベリナート / スコット・マギッズ / スザンヌM.ジョンソン・ビックバーグ / スザンヌ・ヘイウッド / スザンヌ・レブソック / スジン・ジャン / 鈴木敏文 / 鈴木竜太 / スタン・スタヌナサン / スチュワート・D・フリードマン / スティーブ・クラップ / スティーブ・ブランク / スティーブン・キンケード / スティーブン・G・ロゲルバーグ / スティーブン・プロケッシュ / スティーブン・ヘイダリ・ロビンソン / スティーブン・ライス / ステファノ・プントーニ / ステファンJ.G.ジロー / ステファン・トムク / ステファン・ミシェル / ステリオス・カバディアス / スベトラーナ・クリメンコ / スペンサー・ハリソン / スリー・ラマスワミィ / スンデル・バラドワジ / セオドア・“セオ"・フォーバス / セダール・ニーリー / セリーナ・チェン / セルゲイ・ネテッシン / センディル・ムッライナタン / ゼイネップ・トン / ソエル・カリム / 孫泰蔵 / 高岡浩三 / 高島宏平 / 高田礼人 / 高原豪久 / 高部陽平 / 高宮慎一 / 瀧本哲史 / 竹内達也 / 竹内規彦 / 竹内弘高 / 武田雅子 / 太刀川英輔 / タディ・ホール / 田中仁 / 田端信太郎 / タミー・ジョンズ / タミ・キム / タミム・サレー / タルン・カナ / ダグ・J・チュン / ダグ・マクミロン / ダグラス・ホルト / ダス・ナラヤンダス / ダッチャー・ケルトナー / ダニエル・カーネマン / ダニエル・ゴールマン / ダニエル・スノウ / ダニエル・マッギン / ダニエル・モション / ダニエル・リーモン / ダミアン・ジェラディン / ダレル・K・リグビー / ダレン・カーン / ダンカン・シミスター / ダンカン・デューク / ダン・クロックマルニック / ダン・シュルマン / ダン・ラバロ / ダン・ロバロ / ダヴィド・メナス / W・チャン・キム / 知識賢治 / チップ・バーグ / チャールズ・ダナラジ / チャック・ロビンス / チャラン・K・バッガ / 辻本良三 / 堤大介 / ティツィアーナ・カッシアロ / ティツィアナ・カシアロ / ティム・コラー / ティム・ファウンテン / ティム・ブラウン / ティモシー・バトラー / ティモシー・モリー / テイマー・デーン・ドーナー / 寺師茂樹 / テレサ・アマビール / D.J.パティル / ディーパック・マルホトラ / ディナ・ワン / デイジー・ウェイドマン・ダウリング / デイビット・ウェッセル / デイビッド・A・ガービン / デイビッド・S・ダンカン / デイビッド・M・アプトン / デイビッド・ガン / デイビッド・コート / デイビッド・コーン / デイビッド・コリス / デイビッド・C・エデルマン / デイビッド・J・ハーディスティ / デイビッド・ダンカン / デイビッド・トマス / デイビッド・ハーディング / デイビッド・フライドリンガー / デイビッド・マイケル / 出口治明 / デニース=マリエ・オードウェイ / デニス・キャンベル / デニス・ケアリー / デブ・ゼナー / デボラ・アンコーナ / デボラ・M・コルブ / デルフィーヌ・ジバシエ / デレク・シュレーダー / デレク・D・ラッカー / デレク・バン・ビーバー / トーマス・ウェデル / トーマス・H・ダベンポート / トーマス・H・リー / トーマス・スティーンバーグ / トーマス ・W・マルナイト / トーマス・ハウト / トーマス・フィンク / 遠山正道 / 徳重徹 / トニー・ゴルズビー=スミス / トニー・マキャフリー / トマス・チャモロ・プレミュジック / トム・ザッキー / トム・ブレイザー / 冨山和彦 / トリー・バーチ / 土井香苗 / ドナ・フリン / ドミニク・バートン / 中川政七 / 中島隆博 / 中西宏明 / 中原淳 / 長島聡 / 永守重信 / 永山晋 / ナタリ・ペインショード / 名和高司 / ナンシー・マッキンストリー / 南場智子 / 新浪剛史 / ニコール・トーレス / ニコ・キャナー / ニコライ・シゲルコ / ニコラス・エプリー / ニコラス・トーマン / ニコラス・ブルーム / ニコラス・ブロック / ニコラ・ビアンキ / 西垣通 / 日覺昭廣 / ニック・クレイグ / ニティン・ノーリア / ニラージ・シャー / ニラジ・ダワル / ニロ・シバナサン / ネイサン・ファー / ノール・M・ティシー / ノシャー・コントラクター / 野中郁次郎 / 野々村健一 / ハーバード・ビジネス・レビュー / ハーブ・クラインバーガー / ハーミニア・イバーラ / ハイディ・グラント / ハイディ・グラント・ハルヴァーソン / ハイディ・K・ガードナー / 長谷川貴久 / 八郷隆弘 / 鳩山玲人 / 濱口秀司 / ハル・グレガーセン / ハル・B・グレガーセン / ハワード・ルドニック / バージニア(ジニー)・M・ロメッティ / バート・デ・ランゲ / バーナード・C・キュンメルリ / バラ・アイヤー / バレット・アーセック / パティ・マッコード / パンカジュ・ゲマワット / ヒュー・N・ウィルソン / 平賀久美子 / 平野拓也 / 平野正雄 / 平山智晴 / ビシャル・ガウル / ビジャイ・ゴビンダラジャン / ビジャン・サベット / ビニートR.アフジャー / ビベック・マーシー / ビル・ジョージ / ビル・テイラー / ビル・フォッシュ / ピーターF.ドラッカー / ピーター・カッペリ / ピーター・キャペリ / ピーター・センゲ / ピーター・ブラベック-レッツマット / ピーター・ホースト / ピエール・オミダイア / フィリップ・E・テトロック / フィリップ・H・キム / フィリップ・コトラー / フィリップファーンバック / フェビアン・J・スティング / フェン・ジュウ / フェン・チュウ / フォレスト・L・ラインハート / 福市得雄 / 福田康隆 / 藤井直敬 / 藤川佳則 / 藤田一照 / 藤田晋 / 藤森義明 / フランク・ドビン / フランク・ファンデンドリースト / フランシス・J・フリン / フランシス・フライ / フランチェスカ・ジーノ / フリーク・バーミューレン / フレデリック・ダルザス / V・クマー / ブライアン・マッカーシー / ブラッド・スミス / ブラッドレー・スターツ / ブラッドレイ・スターツ / ブルック・ブラウン=サラチーノ / ブレント・アダムソン / ヘンリー・ティムス / ベネディクト・フェーヴル-ダヴィニョ / ベン・ウェイバー / ベンジャミン・エデルマン / ホイ・チェン / 星野達也 / 星野佳路 / ホルヘ・タルシハン / ボリス・グロイスバーグ / ポール・アービング / ポール・R・ドーアティ / ポールN.ブルーム / ポール・コバン / ポール・ゴンパース / ポール・J・H・シューメーカー / ポール・J・ザック / ポール・ヌネシュ / ポール・ポールマン / ポール・レインワンド / ポール・レオナルディ / ポンタス・M・A・サイレン / マーカス・バッキンガム / マーク・R・クラマー / マーク・アンドリーセン / マーク・A・フェイゲン / マーク・シンガー / マーク・W・フィッツァー / マーク・ベルトリーニ / マーク・モーテンセン / マーク・ロバージ / マーク・ワイズマン / マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン / マーシャル・フィッシャー / マーティン・アイリグ / マーティンE.P.セリグマン / マーティン・ティングレイ / マーティン・ハース / マーティン・リーブス / マーティン・リーブズ / マイケル・アハーン / マイケル・E・ポーター / マイケル・ウェイド / マイケル・L・タッシュマン / マイケル G・ジャコバイズ / マイケル・W・トフェル / マイケル・D・ワトキンス / マイケル・ハリス / マイケル・パウエル / マイケル・ビア / マイケル・マンキンス / マイケル・マンキンズ / マイケル・リー / マイケル・ルカ / マイケル・レイナー / 前野隆司 / 前野マドカ / 牧兼充 / マグヌス・フィンストローム / マシュー・コリトー / マシュー・ディクソン / マックスウェル・べッセル / マックスウェル・ベッセル / マックス・H・ベイザーマン / マット・ビーン / マット・マレンウェッグ / 松岡正剛 / 松尾豊 / 松波晴人 / 松本晃 / 松本大 / マムタ・カプール / マリアム・クーシャキ / マリアンヌ・W・ルイス / マルク・ウォータース / マルクス・メッセレル / マルコ・イアンシティ / マルティーヌ・ハース / マルティン・モーカー / マンジャリ・ラーマン / マンフレッドF.R.ケッツ・デ・ブリース / マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース / ミーハ・スケルラバイ / 三木谷浩史 / ミシェル・ザニーニ / 水越豊 / 御立尚資 / 峰岸真澄 / ミヒニア・モルドベアヌ / 宮坂学 / 宮崎知子 / 宮澤正憲 / 宮本恒靖 / 曽鳴 / 向井千秋 / ムハマド・ユヌス / 村井章子 / 村井純 / 村山斉 / メアリー・デイビス・ホルト / メラニー・ウィラン / メラニー・レッドマン / メリッサ・シリング / メリンダ・ゲイツ / メリンダ・メリノ / モーリス・E・シュバイツァー / モニカ・ハモリ / モニク・バルコア / モハン・ソーニー / モハンビル・ソーニー / モラ・アーロンズ・ミリ / 森内俊之 / 森岡毅 / 森川亮 / 森本博行 / 森祐治 / 八木洋介 / 柳井正 / 柳弘之 / 柳澤大輔 / 矢野和男 / 山井太 / 山形光晴 / 山口真一 / 山崎繭加 / 山田邦雄 / 山梨広一 / ユージーン・ソルテス / ユーニス・ウン / ヨー・ヨンジン / 養老孟司 / 横川竟 / 横山禎徳 / 吉田憲一郎 / 吉田忠裕 / 吉田由起子 / ヨッヒェン・メンゲス / ラーフル・ネア / ライアン・W・ビュエル / ラクシュミ・ラマラジャン / ラシク・パーマー / ラジブ・ロナンキ / ラファエラ・サドゥン / ラフィ・モハメド / ラフル・カプール / ラム・チャラン / ラモン・カサデサス=マサネル / ララ・ポノマレフ / ラリー・ダウンズ / ラリー・ローゼン / ランジェイ・グラティ / リード・ヘイスティ / リード・ホフマン / リアト・エルドー / リサ・チェイス / リサ・B・クワン / リシャド・ハビブ / リタ・ギュンター・マグレイス / リチャード・アルトン / リチャード・A・ダベニー / リチャードS・ルバック / リチャード・ダベニー / リチャード・D・パーソンズ / リチャード・ドブズ / リチャード・ラリック / リック・デリシ / リック・リッジウェイ / リネア・ガンジー / リンS.ペイン / リン・S・ペイン / リンダ・A・ヒル / リンダ・グラットン / 林野宏 / ルードビック・フランソワ / レアンドロ・デール・ミュール / レイ・フィスマン / 暦本純一 / レジナE.デュガン / レスリー・A・パーロウ / レスリー・K・ジョン / レディ・コタ / レネ・モボルニュ / レブ・リベル / レベッカ・ハミルトン / ローズ・ホリスター / ローラ・アミコ / ローラ・パルメイロ / ローラ・モーガン・ロバーツ / ローリー・シェアラー / ロイス・ヨドコフ / ロザベス・モス・カンター / ロジャー・L・マーティン / ロジャーL.マーティン / ロジャー・マーティン / ロバート・アレイナー / ロバート・E・クイン / ロバートS.キャプラン / ロバート・シーゲル / ロバート・G・エクルス / ロバート・ダボフ / ロバート・チャルディーニ / ロバート・D・オースティン / ロバート・ハーレー / ロバートP・レオーネ / ロビン・イーリー / ロビン・M・ホガース / ロビン・J・イーリー / ロブ・クロス / ロベルト・ベルガンティ / ロリー・マクドナルド / ロリ・ゴーラー / ロン・アドナー / ロン・コハビィ / 若田光一 / 渡邊克巳 / 和田正春 / ヴィンセント・スタンリー
続巻入荷