【感想・ネタバレ】大東京ビンボー生活マニュアル(1)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

バブル景気ど真ん中の1988年から1989年にかけてモーニングで連載されていた、バブルと無縁の作品。
文学を愛するフリーターの主人公コースケの風呂なし下宿における楽しいビンボー生活が淡々と描かれている。
コースケには芸術家志望のガールフレンドひろ子がいるが、つかず離れずの関係で、詳細は描かれない。...続きを読むこれが本作品の最大の特色といってもいいだろう。
ビンボー下宿生活を題材にした作品といえば、高橋留美子「めぞん一刻」(1980年から1987年にかけてスピリッツで連載)だが、こちらは主人公五代くんの煩悩関係がストーリーの主軸となっているのと対照的。
下宿ではないがビンボー独身寮生活を描いた窪之内英策「ツルモク独身寮」(こちらもバブル景気ど真ん中の1988年から1991年にかけてスピリッツで連載。2008年ドラマ化されるらしい)でも、主人公正太の煩悩関係はストーリーの主軸であり、これが同世代男子にとってのリアルというやつだろう。
しかし、だからといって「大東京」がリアルさを欠く駄作ということではない。ラストも余韻を残す。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月25日

実家にあったのを久しぶりに引っ張りだして再読。
何も特別なことのない、コースケの日常が何とも言えずすてき。

このレビューは参考になりましたか?