【感想・ネタバレ】代償のギルタオンのレビュー

書店員のおすすめ

2013年度の第12回スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞受賞作。
美しいイラストと、紹介文にある「人型兵器」の文字。ガ○ダムやエ○ァ好きの方ならきっと楽しめるはず。戦争とは無関係の主人公がいきなり操縦士になって神のような働きをするのはお約束なので、ツッコんではいけません。むしろそれが見たかったのです。
本作の特徴は、人型兵器「ギルタオン」を操縦するには何か大きな代償が必要となるところ。
詳細は読んでのお楽しみですが、この代償が究極のギブアンドテイク。率直に切なすぎて面白いと言えないくらい…。
また、ギルタオンの各種能力、戦闘シーンが想像しやすく描写されており、迫力大!アニメ化して欲しいです。
本当に新人作家さんなのか、新人偽装じゃないかという出来栄え。神高槍矢先生に今後も注目です。

ユーザーレビュー

購入済み

絵が綺麗

hulk 2014年07月11日

と言ってもマンガでは無いのだが。

何種類もギルダオンがいて、それぞれのデザイン・特殊能力が異なる謎の兵器。ギルダオン以外の戦闘機や戦艦もどんなデザインがされているのか気になった。
ストーリーも、もっと読みたいと思わせる終わり方。続きがあるようなのでホッとしている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月22日

姉弟妹で今の場所をすて、都会で幸せに生きていく。
それだけのはずだったのに。

まさか戦争に巻き込まれるとは…というか
軍隊そのものに拾われるとは。
しかも戦争に使われる機械に乗るのに代償がいるとか
子供の方がいいとか、子供に迫る選択ではないです。

血よりも濃い絆。
だからこその拒否と選択。
純粋...続きを読むな日常からの、非日常のおかげで
残酷さが浮き彫りになってしまいます。
どうするのか、どうしたいのか。
むしろ自分がこの場所にいたら、何を選択できるのか。

1人だけ親のいる子供がいましたが、これが普通、かと。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月29日

代償と戦争と兄妹の話。パイロットが代償を支払うことで動き出す兵器、ギルタオンをめぐるラーンハイム軍、リオンザイル軍、そしてテロリストによる三つ巴の戦争に民間人であるライク、ヤシャナ、ミコらの兄妹とメサイア、イザナの兄妹が巻き込まれていく。代償は搭乗と同時にギルタオンの意志によってもぎ取られたりするの...続きを読むかと思ったら、搭乗前に支払うらしく痛々しい。あとガイアベルの二人はホントにこれで終わりか?乗りたいギルタオン第1位はヘルキスタ(代償が不明だったから)。ワースト1位はキルクライズ。ってかどれも乗りたくねぇよ!ストーリーの暗さは好みだが、「ギャスバル・ホー」や「ガデル」などの一回しか出てこないようなものにまで付けられた固有名詞やダメージがパイロットに伝わる設定など贅肉も多い。色んな意味で今後の展開に期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月20日

力を感じる作品だった。面白さというか、読後にずしりと来る感触は、ラノベよりも純文学のそれに近いものだった。
共感とかカタルシスとかじゃなくて、訴えというか。
面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?