【感想・ネタバレ】新装版 ハゲタカ2(上)(8件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2018年07月15日

1年振りに海外放浪から帰国した鷲津は、部下のアランの不可解な死を知らされる。
鷲津はアランが追いかけていた鈴紡を買収の標的に定めた。
一方、鈴紡は元銀行員 芝野を招聘し再生を図る。
その裏に芝野の元上司UTB銀行頭取 飯島の思惑が潜む。


いやぁ、内容が濃い!
ミカドホテルの売却の話から、後半はほ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月03日

たまらず一気に読んだ。
ドラマとは違う展開。アランが…。
こちらはだいぶ内容がドラマに反映されてる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月02日

ハゲタカシリーズ第2弾。
上巻は鈴紡と月華の統合をめぐって繰り広げられる戦い。
相変わらずストーリーには躍動感があり、鷲津の葛藤や芝野の家庭環境なども語られ、読み応えあり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月25日

ハゲタカシリーズ第二弾。

まさかアラン社長が死ぬとは・・・。
シリーズ第一弾でも出て来た飯島とか
芝野とかもまた出て来て戦う。

早く下巻が読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月07日

ハゲタカファンドのトップである買収者・鷲津シリーズの第二弾。
今回は、仕事上のパートナーを失い、日本の産業を支えてきた繊維会社を買収する話。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月16日

骨太な経済小説。ハゲタカと忌み嫌われる外資系ファンドだが、日本企業の古い体制の方こそ間違いではないかと感じる。
うまく行くかに思えた、鷲津の買収劇も頓挫。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月17日

「いつか日本を買収するー」。1年の海外放浪を経て、帰国した鷲津政彦が、まず標的に定めたのは、繊維業界の老舗「鈴紡」。一方、鈴紡は元銀行員の芝野健夫を招聘し買収防衛を図る。その裏に、かつての芝野の上司で、UTB銀行頭取、飯島の思惑があった。激烈な買収戦争で最後に笑うのは。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月14日

企業の購入と売却を生業とするハゲタカファンドの話。2-上の鈴紡(モデルはカネボウ)は、繊維企業でありながら化粧品事業のみで稼いでいた。
ハゲタカは化粧品事業の買取りを進めるが、政府の機構によって同社は完全買収され、惜敗する。

このレビューは参考になりましたか?

全巻のレビュー

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2019年02月13日

上巻の結末が知りたかっただけに、拍子抜けしたが、鷲津が徐々に自ら、そして、難敵と対峙する事で、弱さや強さを露呈していく様がビビッドに描かれて読み進んだ。何と戦い、何を正義とするか。永遠のテーマであり、自分も次元やレベルは違うが見失いたくない、企業や社会を少しでも良くする為に考え続けよう、と思った。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2018年07月16日

鷲津が鈴紡の次に狙いを定めたのは曙電機だった。
長引く迷走から抜け出せない曙電機は再生への切り札として芝野を迎え入れる。
曙電機を買収しようとするシャイン。その裏に控えるアメリカの強大な軍産ファンド。
日本の首相も巻き込み壮絶な企業買収劇に立ち向かう。


ひゃあ。壮絶!壮大!
スケールが大き過ぎて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2016年05月05日

サムライというのは、死に場所を探すために生きることだと多くの人たちは勘違いしている。本当のサムライは、いつどこで死んでも悔いがないよう、どう生きるかを常に考えているのだ。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2015年07月02日

下巻も一気読み。米国政府の汚職摘発から日本の首相まで登場させるスケールは、この先の展開がちょっと心配になるくらいの大きさ。全編を通して、迫力と緊迫感は一級品だった。村岡のエピソードだけはレベル感が低くないですか?

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月03日

どうする、一気に読み終わったよ。すごすぎる、自分。
ドラマと違って政界方面まで足を突っ込んだ鷲津。
次作品は映画化された話なので、是非読みたい。
アランの死の謎もあるし。
週末、古本屋に行かないと。
1日1冊読んでる私、まだまだ行けるかも!

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2014年03月03日

『ラブもフェアも信じない、信じるのはパッションだけよ。』

しびれるー。リン姉さん、かっこよすぎる。

ボストンのアランの墓でご両親と再開する場面で涙が止まらなくなってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月03日

ようやく読み終えた。
小説なのに金融の難しい戦略とかがあって理解しながら読むとすごく時間かかる。なかなか勉強になったし,ストーリーとしても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月10日

面白かった。
シャインはキヤノン、曙電機は東芝かな?

上巻での鈴紡買収を政府に邪魔された鷲津は、ホライズンキャピタルを辞めさせられ、曙電機買収で、政府へのリベンジを果たす。

アランの死については謎を残す形で、続くようだ。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月24日

アランが突然死んでるので、びっくり。
しかもアランの死の真相は次回作以降なのも、なんだか。
飯島はあっさり復活してるしね。
細かい所がうーんと思う所もあるけど、企業売買の部分はドキドキハラハラで面白い。

このレビューは参考になりましたか?

新装版 ハゲタカ2(下)

Posted by ブクログ 2018年08月13日

今月の2冊目。今年の18冊目。

濃厚でしたね。ウルウルくる部分も有りましたし、燃えるような部分も有りました。いい感じです。続きも読んでいきたいですね。

このレビューは参考になりましたか?