【感想・ネタバレ】保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2004年09月30日

会津藩主といえば、松平容保が有名だが、その容保が、なぜあそこまで頑なに徳川家を支えようとしたのか、幕府の力が衰え時代が明らかに変わっていたなかで、なぜ愚直にも最後までふんばりつづけたのか、全ての源泉はこの1人の名君にあるわけで、幕末や維新のことに興味がある人は是非読んで欲しい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月26日

 ゴジラに破壊されようが、巨神兵に薙ぎ払われようが、華の都大東京の象徴・東京タワーは再建されるが、華のお江戸の江戸城天守閣は再建されなかった。それはなぜかと問われれば、初代会津藩主の名君保科正之がいたからだ。

 3代将軍の家光の異母弟として生を受け、権力争いに巻き込まれることを避けてひっそりと育て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月29日

武断政治から文治政治への転換期において、保科正之の政策が如何に重要だったのかが良くわかります。私生活の暗い陰を払拭するように政務にうち込み、民衆の信を得て一時代を築いたまさに名君ですね。著者の惚れこみようも相当なものです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月06日

[ 内容 ]
徳川秀忠の子でありながら、庶子ゆえに嫉妬深い正室於江与の方を怖れて不遇を託っていた正之は、異腹の兄家光に見出されるや、その全幅の信頼を得て、徳川将軍輔弼役として幕府経営を真摯に精励、武断政治から文治主義政治への切換えの立役をつとめた。
一方、自藩の支配は優れた人材を登用して領民の生活安...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年04月04日

まるで物語の中の人のような数奇な人生と、彼の成し遂げた功績の大きさ、後世への影響力。すごい人です。
どうしても幕末好きだと避けて通れない会津藩ですが、藩祖である正之公のことを知りたいと思ってもちゃんとした本になかなか出合えなかったので、こういう本が出て嬉しいです。
なのにイマイチ知名度が低いのは、作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月02日

家光の四男、保科正之。恥ずかしながら最近までその存在を知らず。松平を名乗ることを潔しとせず、ひたすら世のため人のために陰から幕政を支えた男。江戸時代があれほど長く続いたのはこの男の存在に依るところが大きいのでは。会津と徳川の関係もそういうことかと納得。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月18日

保科正之が家光に取り立てられた経緯や、在世中の善政、継室おまんの方の悋気など、正之の知らなかったことが分かり面白かった。玉川上水は玉川兄弟が有名だが、その影に正之による推進があった話などは初めて知った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月05日

天地明察の中に登場した人物で、どこかで読んでみたいと思って手に取った本。
飢饉時の貧農・窮民の救済のために開設した「社倉制」を実行できる偉大な人物。
時代劇とかに出てくるお米を貸して金利2割で返すなんて悪党のやることじゃんって思ってたけど、その金利分は窮民のために使うためとあればすごい。
そして凶作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月12日

二代将軍秀忠の息子で三代将軍家光の異母弟、お江の嫉妬を恐れて父親と離れて育ったために家光はこの弟の存在を長い間知らなかったんですね。
もし、もう一人の弟国松(忠長)と三人一緒に西の丸で育っていたら、歴史はどうなっていたんだろうか。
玉川上水開削や明暦の大火後の復興、武断政治から文治政治に転換に貢献し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月25日

 ずいぶん前に購入し,一度読み終えた本ですが,大河ドラマ「江」で,なつという女性が秀忠の子を身ごもったという場面があり,「あれっ,保科正之の母ってだれだっけ?」と思い,ささっと読み返してみることにしました。
 読み返して改めて思ったのは,2代将軍秀忠の庶子として生まれ,とても数奇な運命をたどった人だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?