【感想・ネタバレ】小さな建築のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年12月13日

「小さな建築」隈研吾(著)
東日本大震災によって、建築物がいかに弱く、脆いものかを実感させられた。自然の猛威に破壊される。これまでの建築の考え方では通用しない。大きな災害が建築の世界を変えてきた。1666年ロンドン大火、1755年リスボン大地震、1871年シカゴ大火、1923年関東大震災、20世紀に...続きを読む入って、インドネシアの津波、アメリカのハリケーン、イタリア、中国、ハイチの大地震、そして東日本大震災。「強く、合理的で、大きく、高い建築」から「小さな建築」へ転換するときだ。
大火による多数の死者が出たことで、木造建築から石やレンガに変わり、鉄とコンクリートによって高層ビルが作られるようになる。高さ制限のないアメリカでは、高いビルが続々とたった。1930年クライスラービル 、1931年エンパイアステートビル381m、1972年世界貿易センター411m、2004年台湾101ビル508m、2010年ドバイBuriKhalifa828m。高さを競い合っていた。
超高層ビルは、金持ちの自己顕示欲にすぎないと言われるようになってきている。
小さな建築とは、大きな建築を縮小したものではない。みじかな材料を使って、自分の手と足で作り出すものである。自分の空間を認識して、自分で取り扱える単位が基準となる。
レンガは、自分で組み立てることができるサイズであるが、結局塗り固められてしまうので、小さな建築に向かない。そこから隈研吾は、水のレンガ、ポリタンクの活用、そしてウォーターブロックで家を作り始める。ふーむ。どうも、方向が、行き詰まっていく。屋根もウォーターブロックでつくる。まぁ。これは、日本の建築基準法では却下でしょうね。
模様替え、柱を入れ替える、取替え可能というのが、ポイントになる。
「積む」ウォーターレンガ。
「もたれかかる」竪穴住居はもたれかかることでできる。テントもそんな風だ。
「織る」木を織る。日本の伝統技術「千鳥」の応用。
「ふらます」東京ドーム、そして傘の家、空間を広げる。
ふーむ。小さな建築が、様々なアイデアが出されるが、どうも住みたい家にはならない。
隈研吾の頭の中では、小さな建築が重要だとわかっていても、自分で組み立てるような小さな家は、建築家として、総工費が少なくて、建築設計料が取れず、「建築家としてのビジネス」が成り立たないというジレンマがあるのでしょうね。結果として、大きな合理的な建築しか仕事はできず、趣味としての小さな建築づくりになる。その思考の始まりとアイデアは重要だ。
「組み立てやすく、移動性があり、軽くて耐震性があり、安い」という「小さな建築」を作るには、もっと工夫が必要だと思う。今 作ろうとしている特許を取った、ハニカムパネル建築が今後の展開になるのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月07日

聡明さ+真面目さ=創造性。という事を教えてくれる隈研吾の新書。彼は非常にモラリスティックで、そうした真面目さが凄く魅力的。建築の面白さを分かりやすく語ってくれた本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月11日

本の内容としては建築を小さな単位として考えようというもの。
飛騨高山の千鳥という継手方法や太宰府のスタバの地獄組にに関する記述があり大変興味深かった。
建築学科に所属している自分の周りには、メディアによく露出する著者の建築を表面的に批判する人がよくいるが、このような本を読むと少し見方も変わるのではな...続きを読むいかと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月12日

・「小さな建築」の楽しみを書くつもりが、いつの間にか「小さな建築」という基準で建築史を書き直したような本になった、とあとがきに書かれている。まさにその通りの内容だろう。
・大きな建築に対する危機感を感じられる。
・レゴブロックを大きくしたものに水を入れ、それを組み合わせることによる構造体というアイデ...続きを読むア。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月15日

本書で述べる「小さい建築」とは、人間の手で扱える程度の小さな単位・ユニットで構成され、設営・撤去が比較的容易な建築を指す。本書で紹介されている例は殆どがpavilion(仮設建築)であり住むことはできないが、「織る」「もたれかかる」等の方法を採用することにより、強度のない部材で実験的な建築を実現して...続きを読むいる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月15日

だまされて家というゴミを買わされている。
住宅の大きさが人を不幸にする。
その不幸はリーマンショックに繋がりアメリカ文明の限界を示した。

ばっさりと評する部分が印象に残ります。

自然に依存する弱さが生物の本質であり、自分ひとりで扱える大きさが面白い。
建築的道具ならフスマとか障子とか移動式の畳と...続きを読むか。
臓器より細胞単位、というものの見方。

薄っぺらな表面に貼り付けるだけの意匠は大嫌いで、構造と意匠が一体化していて、構成している単位が小さい方が良いとか。

原宿にあるパイナップルケーキ屋さんの建築の意匠兼構造はこの様な考え方がありそうですね。
木の構造アイデアの大元は飛騨職人の千鳥が発祥だった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月23日

今…誰しも東日本大震災と無縁ではいられない。
本書は、次のように語りはじめられる…

―建築をゼロから考え直してみようと思った。
 きっかけは東日本大震災である。あらためて歴史を振り返ると、
 今まで気がつかなかった、重要なことに気がついた。
 大きな災害が建築の世界を転換させてきたという事実である...続きを読む

これまでの災害と建築の変遷を整理し、本書の目的をこう云う…

―自分という弱くて小さな存在を、世界という途方もなく
 大きいものにしなやかにつなぐ方法を探す。

つまり、これまで大型、強固、集中の一途をたどった建築を
人の身体にとって適した、小さな単位として見直してゆく…
その具体的な方策が、構造的に「積む」「もたれかかる」「織る」
「ふくらます」の視点でまとめられているのだ。

経済社会システムにおいて、「集中メインフレーム型」から
「地域分散ネットワーク型」への転換がすすんでいるという…
本書は建築における方向性を示す、示唆に富んだ一冊であった。
そして、それは、電力においても例外ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月12日

建築の専門的なことは難しかったが、筆者の作品の意味がよくわかる本だったとおもう。実際にこの目でみたい。また、現代建築までの歴史の記述に関してはとても勉強になった。カーンやイームズの名前を久しぶりに聞いたのでこれを機にまた調べてみようかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月13日

建物の最後は悲惨、住宅ローンは政府の策略!インフラに頼らない動的な建築を可能にするには~

建築家ってこんなこと考えながら仕事してるんだ…。全く専門外の新書を読むのも、意外に楽しい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月03日

視界(思考のフレーム)がちょっとだけワイドに広がる読書ができた!

そのような読書体験こそ読書の醍醐味。

よってとてもいい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月19日

通常の建築はラーメン構造なり壁構造なり、依存されるモジュールと依存するモジュールからなる。リスボン地震以来、災害に遭うたびに人類は自然に負けない強い建築を作るべく「大きな建築」を作ってきた。それは依存されるモジュールの強度を高めるものであった。

この本で隈氏が提唱しているのは、殆ど単一のユニットか...続きを読むらなる建築で、つまりモジュール同士が依存する/されるの構造を持っているのではなく、共依存する関係である。4つの章のうちでは「織る」がもっとも分かりやすいであろう。縦糸と横糸が互いに折り重なることで強度を生じさせている。これを3軸、4軸にすることで3次元に応用し、パビリオンだけではなく太宰府前のスターバックスのようなパーマネント建築を実現している。

思想としては、共依存する構造というのは民主主義らしさを表現している。また、モジュールから構成され、またモジュールに分解できる可塑性は、柔をもって剛を制すアプローチであり、坂茂氏の一連の紙管の仕事とともに21世紀の建築構造として興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月11日

積む、もたれかかる、織る、ふくらます。をキーワードとして、氏の小さな建築に焦点を当てて語る。
311以降、大きな建築への批判も込めているのだろう。
今後の氏の建築にも注目していきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月09日

日頃、著者は多くの大きな建築に携わられているものと思いますが、現実的には、やはりそういう中に小さな建築の考え方を生かしていただければと感じました。
一極集中の流れが止まらないと、小さな建築を実現させる環境はますます厳しくなっていくのではないかとも考えました。
社会の中に、自然や人間の生活と密着して存...続きを読む在する「小さな建築」の広がりに期待します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月12日

「千鳥」という手法がもっと生かせないかと思う。
単位傘もおもしろい。
「ふくらます」の実感は本書からは得られない。実際に見てみた行きがする。
哲学はわかった。それで・・・・・・、日々の生活は??

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月29日

法律やら、利害関係者やら、なにやらが絡まってくる「大きな建築」に左右されてたまるか、という叫び。
合理的な大きな建築、というのは原子力発電に通じる。小さな建築は、オカミから独立して、自分で成立しようとする。構造、意匠、設備と専門がわかれたら、もう「大きく」なっちゃう。
小さな住宅でさえも、大きいんで...続きを読むす。小ささのユニットと、その寿命がうまくマッチしていないと、小ささも活きない。

このレビューは参考になりましたか?