【感想・ネタバレ】黒鳥の湖 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月13日

仕事にも家庭にも恵まれ、勝者として人生を謳歌する主人公。しかしふとしたことからその幸せが崩れ始め、どんどん奈落の底へと突き落とされるような事態が起きていきます。これはかつて彼が犯し、いまだ暴かれていない罪の因果が巡ってきたものなのか。緻密な構成と息詰まる展開から目を離せないミステリ。
世間を騒がせる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

「愚者の毒」と同じ作者だったので。

綱渡りというほどではないが、
両脇が崖の細い道を歩いているぐらいの危うさはある。
誰かに感情移入しないように。
描かれている人物像を信じないように。
ひたひたと迫ってくる災いから目を背けないように。
読み方にコツがあると言っては大げさだろうか。

大逆転、という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月11日

2/3ぐらいまでは、長くて途中でプロットも読めてしまいあんまり面白くない中途半端な話だなあと思っていたのが、残り1/3でガラッと印象が変わり、読みが浅かったことを痛感。全体にまとまっていてプロットの破綻もなく十分面白かった。が、やはり途中は長過ぎる。50頁ぐらいバッサリ切ったらもっとシャープな仕上が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月30日

てんこ盛りのイヤミス。
目新しくはないんだけど、あれもこれもでサービスしすぎでは?面白いんだけど詰まりすぎかと。

ただ、競走馬に関しては絶対にありえないことが書かれていて、
そんなことがあったら牧場経営の根幹を揺るがしかねない
ので、そこは納得がいかなかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月20日

1月-11。3.0点。
不動産業社長の主人公、高校生の娘が反抗を始め不良に。
同時期に、若い女性の連続誘拐も発生。
娘は無事なのか。

そこそこ複雑なストーリー。過去、現在の事件が絡み合う。
しっかりとまとめた感じ。結構面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月13日

宇佐美作品を読むのはこれで7作目。「愚者の毒」に心を鷲掴みにされて以来、気になる作家さん。だけど、今回も愚者の毒超えはならず・・・

主人公・財前彰太が18年前に画策した企みに苦しみ、今起こっている出来事の原因が全て、自分の過去の行状にあるのだはと考えることに違和感を覚えた。怪しい家政婦の存在も、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月12日

インパクトには欠けるものの、広げられた個々の題材がどう繋がりどう収束するのか…予想できた箇所も含めて興味が尽きない、読ませてくれる作品だった。

相反するものは常に背中合わせ。ふいに反転する瞬間、善意だと信じる悪意、歪んだ判断力で選り分けられるその怖さが心に残る。
そして黒い過去に囚われた人生、白い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月02日

年の初めの宇佐美まことは、やはり重かった(+o+)。
高校生の娘が、自分の父親が本当の父親じゃないと知り、段々と素行不良になっていき、幸せだった家庭が崩壊していく。その話を中心に、快楽殺人者や泥棒兄妹の話、会社の乗っ取りの話などが入り込んでくる。それらがどう繋がるのか? 一応伏線もあったので、真相の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?