【感想・ネタバレ】今日が人生最後の日だと思って生きなさいのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月30日

著者はホスピス医として、ホスピス病棟勤務や在宅クリニックの開業を通じ、人生の最終段階を迎えた患者への医療に携わりつづけています。

2800人以上の患者を看取ってきた体験から感じた人生観と、「できるだけ穏やかな気持ちで日々を過ごし、最期を迎えてほしい」という思いが本作の中では語られています。


...続きを読む命が長くないと知らされた患者やその家族のショックは計り知れないものがあります。

あるいは病気で体が不自由になり、食事やトイレもできなくなった患者から「人に迷惑をかけるくらいなら、早く死んでしましたい」と言われたことが何度もあるそうです。

どうにかして患者の苦しみを和らげたい、と著者はいろいろな分野の勉強をされますが、実際の医療の現場ではすべてを解決することはできませんでした。


そんな中、「医者である以上、患者の役に立たなければならない」という思いから「自分は無力である」と悩んでいたそうですが、あるとき「無力でもよいのだ」と気が付いたといいます。

医者とはいえ生身の人間、
できることには限りがあります。

無力な自分を受け容れ、「患者の問題をすべて解決すること」ではなく「ひとりの人間として、患者に関わり続ける」ことが大切だと思い至ったそうです。

そこから、「この世に生きているだけで意味があり、平凡で価値のない人などいない」と実感するようになったといいます。

この考え方を大切にしながら、患者や家族に対して、その人にとって大切なものを見い出せるように関わります。

はじめは治療を拒否して悩み苦しみを抱えていた患者も、著者の熱心な関わりに徐々に心を開いていきます。

「自分の人生にはこんな価値があったんだ」
「健康なときは気が付かなかったけど、自分を支えてくれるものがあったんだ」

と自らを肯定できるようになり、穏やかで安心した気持ちで余生を過ごせるようになるのだそうです。


死を目前にすると、人は自分にとって本当に大切なものが何なのかを真剣に考えます。

本書のタイトルは、自分にとって大切なものに気が付いてほしい、という著者のメッセージの表れなのだと思います。

本書を読み、医者という決して簡単ではない職業でご自身の使命を見い出し、周りの人に生きる気持ちを与え続ける著者の姿勢に、とても心を動かされました。

必死に努力を続けるなかで、ときには理想と現実のギャップに悩まされることもあるかもしれません。

そこで無力だと感じても、駄目だと思わずに「ありのまま」それでよいのだと受け容れるところから、急速に変化できるのだと学びました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

母が亡くなる前に読んでおきたかった。そうしたら、もっともっと話しかけてあげたのに〜と。でも、母に先立たれて一人故郷で生活する父との向き合い方は少し見直せると思うし、年をとった私自身、いろんな小さなことに感謝の気持ちが持てそう。読んで良かった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月07日

NHKプロフェッショナルを見て、小澤先生の向き合い方に感動して読んだ。一つ一つ、とても胸に染み込んでくる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月14日

2016年、55冊目です。

素敵な本だと思うよ。
この年齢になって読むからそう感じるのでしょう。

この本を誰かに進めたいかって?
若い人たちには到底無理だし、かといって老いた母に進めるのも気が引ける。
自分の中の引き出しに仕舞い込んでおくのが、ちょうどいいようだね。
それも少しやわらかめの素材で...続きを読む作られた引き出しがふさわしい気がする。

残された時間が少なくなると、「丸裸の自分」が見えてくる
明日は必ず訪れるが、自分のためという保証はない。
それでも、喜んで明日を迎えるために祈りがある。
人間は誰でも、過去-現在-未来という時間の流れの中で生きている。
過去の出来事、過去に得たものを土台に、未来への夢や希望を抱きながら、現在を生きている。だから、過去や未来としっかり繋がっているかどうかが、その人の現在の生き方や自己肯定感を大きく左右します。
一般的には、未来を失うということは、今生きる意味を失うことになる。

今の自分の状態に満足や肯定感がなく不安や生きがいの無さを混じているとしたら、それは、「やらないこと」を選択してきた結果なのだろう。やらずに済ましてきた結果なのだから、今の状態は、自分の判断の結果であり、他人に選択してもらった結果ではないはず。自分の責任なのだ。「やること」を選択し、何かを変えていく『覚悟』があるかどうかが、私たちの今を変える唯一のことだといえる。

ここ最近仕事をして思うことは、今、あるいは今日「やらない」で先送りしてしまったことは、もう二度と「することはできない」ということです。残された時間が少なくなってきたことが、そういう心情にさせています。「やりきるか」、「やらないか」の2つしかなく、「先延ばし」にする「あとからする」は、できなくなってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月19日

たくさんの人を看取り続けた人にしか書けない本だとおもいます。
普段、どんなに辛くて、上手く行かないことがあっても、実は自由な選択に包まれているんだなぁ、と思いました。 明日死ぬとしたら、自分は何をするんだろう?
1番大切な人に「ありがとう」と伝えたいなぁ。 誰だろ?(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月29日

人は失うことでしか、大事なものを確かめられない、そう思ってました。そんな考えと戦うかのようなホスピスの方々の仕事に共感しました。死は怖いという考えは変わりませんが、生きていることの大切さをじんわりと実感しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月18日

私があと数日の命なら、伝えたい事はなんだろうと考えました。ありがとうを言いたい人は誰だろうと、そしてこの気持ちを大切に後悔しないように生きようと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月10日

今日が人生最後と思うことで以下に気づきます。
・日常の幸せ
・自分の未来の可能性
・自分が自由を持っていること

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月02日

ともかく、死んでいく人は見えなくても聞こえてるというのはたぶんそうなんだろうな、と思い出した。ちょっとすぐに想像がつかないところはいろいろあるけど、考えてみよう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月22日

2800人を看取ったホスピスの院長の著書。タイトルに惹かれて読んだら、一気に読んでしまった。当たり前と思いがちな日常を実は当たり前じゃないと思うことで見えることがある気がした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月08日

25万部突破のベストセラー! ! 二八〇〇人を看取ってきた
ホスピス医が教える、 人生にとって大切なこととは――。
「もし、今日が人生最後の日だとしたら。 あなたはどう生きたいですか?」 最後の瞬間まで、仕事に全力を注ぎますか?
それとも、愛する家族とともに過ごしますか?
後悔のない人生を過...続きを読むごしてきたと胸を張れる人は、多くいません。 どんな人生を過ごしてきても、死の絶望を目の前にすると、 人は恐れ、悲しみ、後悔をします。
「人はどう生きればいいのか」 「どういう死が満足できるものなのか」 2800人の看取りを通して、学んだ
「後悔のない最後を迎える」ための生き方を教えます。
今を生きる上での悩みや苦しむ あなたの支えとなる一冊です。
【本書の構成】
第一章 明日の自分に宿題を残さず、今日を生きる
○「最後の日」を正しく迎えるために、一日一日をきちんと終えていく
○残された時間が少なくなると、「丸裸の自分」が見えてくる
第二章 人生最後の日に何をするか
○最後の一日は、「人生に納得する」ためにある
○あなたは一番大切なものを人にゆだねられるか
○老いて、病いを得ることで、人生は成熟していく
○誰かに看取られて、この世を去れるなら、それ以上の幸せはない ○大切な人へ手紙を書くと死が怖くなくなる
第三章 苦しみから、人は多くのことを学ぶ
○苦しみは決して「悪」ではない
○最後の日が近づくとあなたに「支え」が現れる
○相手を一〇〇%理解する必要はない
第四章 二八〇〇人を看取ってわかったこと
○使命感を持って進むとき、道はひらける
○人は後悔せずには生きられない
○肉体が死に向けて、きちんと準備を整えてくれる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月18日

ホスピスの先生が2800人の患者さんを看取っていて考えたこと、感じたことを語った本。重いけど大切なことだ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月30日

明日があるとは限らない。日常が突然非日常となってしまう可能性もある。日頃から今日自分が満足できる日を送りたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月13日

「やらずに後悔してこの世を去る事が一番辛い 」幾つになっての変わらないのかな
天国にいるおとうさまの内容は重要だとおもう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月19日

ホスピス医の本。
3年前に講演を聞いた時に著者、小澤竹俊のことを知り、ぜひ本を読んでみたいと思い、手にした本。


ディグニティセラピーの質問が特に参考になった。


・人生において特に記憶に残っていることや最も大切なことは?1番生き生きとしていたことは?

・大切な人に知っておいてほしいこと、憶え...続きを読むておいてもらいたい特別なことは?

・(家族、職業、地域活動などにおいて)人生において果たした役割のうち、最も大切なものは?
また、どうして大切なのか、なぜ成し遂げたと思うのか?

・最も重要な達成は何か?何に1番誇りを感じているのか?

・大切な人に言っておかなければならないと未だに感じていることやもう一度話しておきたいことは?

・大切な人に対する希望や夢は?

・人生から学んで他の人に伝えておきたいことは?残したいアドバイス、導きの言葉は?

・将来、大切な人に役立つように残しておきたい言葉や指示などは?

・この永久記録を作るのにあたって、含めておきたいものが他にあるか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月15日

「自分がこの世から去った後の未来」
たくさんの先人の希望と想いのこもった今を生きている自分達が、どう命を使っていくべきか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月30日

ホスピスを運営している医師の書。
なるほど、人の死とはそういうふうに訪れるのかと、温かい中にも客観的な視点で書かれている点に惹かれた。
人はいつか死ぬのだから、眼をそむけていても仕方がない。
同じことなら、幸せなその日を迎えられるよう、今日を大事にしていきたいと思わせられた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月02日

著者が実際に看取りをしてきた中での体験談のため、終始グッとくるものがあった。
自分としては、死と生を見つめて死生観を高めたいと思い手に取った本であったが、どちらかというと今まさに終末期の医療に従事されている方や、病状のおもわしくない方と接する方に取っての方が、より考えさせられる、拠り所になり得る本の...続きを読むように感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月27日

「今日が人生最後の日だと思って生きる」2800人を看取った医師による人生論。こういった、心が震える、心に響く言葉をたまに浴びたくなる。わかっているんだけど、日々の日常の中で忘れてしまうこと、毎日毎日を大切に生きること。なんでもない毎日に感謝すること。そして、人生を納得して終わらせることができるのか。...続きを読むシンプルだけど、大切なメッセージがここにあると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月24日

心を穏やかに。価値の無い人間なんていない。全てのことに感謝して過ごしていこうという気になりました。"

このレビューは参考になりましたか?