【感想・ネタバレ】うつろ屋軍師 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月21日

最低の軍師が面白かったので買ってみましたが、期待は裏切りませんでした。
今回の主人公は丹羽長秀の家臣 江口正吉。現実離れしたアイデアからついたあだ名は「うつろ屋」。長秀の死後、人の良い息子長重を支え、秀吉による大減俸、関ヶ原戦い等の苦難を乗り越えていく主従の物語。

このレビューは参考になりましたか?