【感想・ネタバレ】スーツケースの半分は のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年02月02日

自分自身が自分の気持ちを大切にする。ぼろぼろでも、じぶんのやりたいことやって悔いなくいきたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月05日

サクサク読めるし、読んでいても楽しかった。

友達っていいな。旅っていいな。
人とのご縁っていいな。

そう思えました。
初めての作家さんだったけど、出会えて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月12日

人が考えてることは、どんなに仲良くてもわからないよな。
自分の心を解放しよう。
海外旅行に行きたくなった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月20日

29

めちゃくちゃよい。
一つのスーツケースが、さまざまな人たちの思いを託し託されて巡っていく。
ひとり旅なんて無理だって、行くから二、三年後や老後にって言われて、行きたいところに自分で行けるようになるって決意したところすごくよかった。
大きな望みは叶わないことが多いから、小さい望みを叶えていくっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月24日

啓文堂文庫大賞の広告で見て。

青いスーツケースを巡る旅や人生のお話。
三十歳を目の前にした女性たちの気持ちや言葉が、
心にずきずきと突き刺さった。

そんな年頃は遠い過去となった自分でさえそうならば、
同年代の読者にはどうなんだろうとちょっとだけ心配になったぐらい、
「気持ち」が描かれていた。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月12日

初めて読む作家の本だけど、本屋さんでタイトル惹かれて最初の部分を読んで、続きが読みたくなったので購入した1冊。

帯コピーの通り「心にふわっと風が吹く」ような連作短編集。4人の仲良し女性(1人だけ結婚していて、いずれも仕事を持っているが、フリーライターや派遣社員もいる)が中心となる連作小説で、ひとつ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

『阪急電車』に似た話の展開構成。章一つ一つの短編でもまとめて読んでもよい構成なので手軽に読める。 時々はっとさせられる言葉がありつつ前向きな気持ちになれる作品。個人的にはとても好き。読み終わる頃には、自分のスーツケースが、家にあるものがとても愛しくなった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月19日

短編集だが、すべてつながっていて、
前の話の続きが次の話でわかったりするのが楽しい、
スーツケースで繋がって、みんなが自分を見つめ直す。
最後はスーツケースの生まれや、最初にあげた人なども繋がっていく。
ドラマみたいな展開だけど、とてもほっこりした気分になるし、なんだか泣きたくなった。
短編集は少し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月24日

九州の地方部に生まれ、子供の頃は都会に憧れた。
20代、京都の大学に進学、国内外の旅に出まくった。
30代、ワインへの興味から、世界のワイナリーに行きまくった。
40代前半、外資系の企業に出向し、出張が多い仕事に恵まれ、国内外を飛び回った。
40代後半、タワマンの購入をきっかけに、旅にお金を使えない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月16日

アラサー四人の仲良し四人組
フリーマーケットで手に入れた青いスーツケースと一緒に
ニューヨーク、香港、アブダビ、パリへとそれぞれの思いを抱えながら旅に出る

幸せを運ぶスーツケースは、やがて偶然元の持ち主に戻り、その娘とドイツに渡る

幸せを運ぶ、と言ってもラッキーなことが起きるというよりは悩んでい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月13日

仲良し女性の4人組と、その子たちを取り巻く周りの人々が、リレー式でスーツケースで旅に出るお話。
どの人にも自分と重ね合わせるところがあって楽しんで読み進めることができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月12日

旅行好きな女性にオススメの作品。

全9話あり、話毎に主人公が変わっていくが、中でつながりがある短編集。

30歳目前の女友達4人組がメインで、それぞれの仕事や生活環境、結婚・恋愛観等の違い、「旅行」を通じて書かれている。

友達4人組の中だけの話と思いきや、他の登場人物目線の話もあって面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月16日

ひとつのスーツケースで巡る旅と手渡される人々の短編集。
自分も旅に出たくなります。仲良し女性四人組が出てきますが、恋愛、結婚、仕事と持つものバラバラで、互いに羨ましがってる姿もリアリティあるなと思いながら楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月05日

勇気をもらえる本。
自分として生きようと思える本。
普通に生きる女子なら、きっとよんでほろりとしたり、ホッとしたり、切なくなったり、自分に重ね合わせてみれるはず。

連作として、とってもよくできている。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月04日

読み始めてすぐの第一印象。
「これは、おっさんが読むもんじゃねぇな」(^ ^;

何と言うか、オシャレ女性誌の後の方に
連載されているような小説(^ ^;
お分かりいただけますでしょうか(^ ^;

「ネタ」がすべて小粒で、盛り上がりも落ち込みも
前後にも左右にも振り幅が小さめな印象。
全9編の短編...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月26日

旅にまつわるオムニバス小説。

どれもほっこりするお話なのに
共感して心に刺さるような
フレーズも散りばめられていて、
どこか現実味もあるような。
どの登場人物も応援したくなった。

幸せを運ぶスーツケースは
使った人たちにきっかけを与えた。
そのスーツケースに入っていた
「あなたの旅に、幸多かれ」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月31日

著者お得意の短編集。

フリーマーケットで出会った青い革のスーツケース。

これをめぐる物語で、最初は「幸せのスーツケース」だけど、それだけではなくて、じぶんの抱えているものが明らかになったりする。

面白かったです。

もう少し読みたい、という直前でおわって次の話しに続く、このさじ加減がうまい。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月10日

一つの青い革のスーツケースが共通項の連作短編集
何度も書いてるけど、こんな連作短編集が好きなんだよなー
それぞれの出来事がこんなところで繋がってるのか!という驚きが好き

全ての話で結構ネガティブなところがある
真美さんの過去の出来事とか、仲間内の虚栄心や嫉妬やら、男の醜いプライドとかね
最後の話は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月09日

少しだけ不思議で、でもこんな偶然はきっと私のそばにもあるんだろうな、あったらいいなって思う。最後のお話がほろ苦いけど、それがまた味わい深かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月07日

旅行行きたくなる。女子向けの内容って感じ。
いろんな女性が出てきて、それぞれに自分が当てはまるポイントあった気がする

このレビューは参考になりましたか?