【感想・ネタバレ】THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. Basics - Tools - Casesー領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年08月04日

「サービスデザイン」の教科書。基本とあるサービスデザイン思考の5原則(1:ユーザー中心、2:共創、インタラクションの連続性、4:物的証拠、5:ホリスティック(全体的)な視点の解説と、サービスデザインが適用される領域をまず解説する。そして、その後とは、サービスデザインで使用される代表的な手法やツールを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月05日

プロダクトマネージャー、サービスの企画サイド、BizDev系の人、実務でデザインやエンジニアリングにはかかわらないけど、設計や意思決定に関わる人にはオススメの本。IA/UXプラクティスあたりと一緒に読むと相性がよいと思う。

プロダクトデザイン、インタラクションデザイン、様々なジャンルの専門家が分業...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月31日

 サービスデザインについてまとめられた本。企業が消費者、ユーザーに提供するサービスをどうデザインするか?がメインのテーマ。しかし語られている領域はもう少し広い。例えばユーザビリティーについて考える本、だとすると範囲はわかりやすい。しかしそういう範囲ではないしそこまで具体的でもない。

 課題が何なの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月01日

2017.04.15 これまで読んだサービスデザインの本の中で、最もわかりやすく書かれていた。シンプルで、ルールについても網羅されており、かつその活用事例も示されていてとても良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月21日

HCD・デザイン思考を俯瞰で理解できる良本。「人間中心設計の基礎」はユーザビリティを起点として学術的に俯瞰してるが、こちらは実用的・ビジネス的に俯瞰している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月06日

”従来、デザイナーといえば、絵を描く人、という印象が持たれてきていた。しかしながら、本来的なデザイナーの役割は、問題解決であり、活躍しているデザイナーたちのものの考え方はアーティストとは全く異なっている。
アーティストとは表現自体を目的とし、新しい表現を実現することを探求している。それに対してデザイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月29日

サービスデザインについての本。
方法論や考え方など網羅的に事例も含めて掲載されており、なかなかおもしろかった。

<メモ>
・スパークシャドウイング セレンディピティの原因を分析し、偶然を再現可能な必然にしようとする試み
・プロブレムリフレーミング 問題の視点、切り口を変える。ナイキだと、靴のプロダ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月16日

方法論としてまとまったテキストはこれくらだと思う。
理解はできるけど、身につけるのにはとっても時間がかかりそう。
修行、修行 f^_^;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月21日

商品やサービスを企画する仕事に従事する人であればすべてを体験し日々活用してあたりまえのことをまとめたものである。
実際のところ知識として知っていることはもちろんのこと、状況に合わせて適切にツールとして運用することが求められる。
それなりの規模のイノベーションはやはりチーム、組織が必要となる。カリスマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?