【感想・ネタバレ】人生の目的が見つかる魔法の杖 のレビュー

価格 1,100円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月14日

"古本屋で購入。著者は、サンリ能力開発研究所の代表。スポーツ選手のコーチ、サポートをしている人らしい。
お宝となる言葉もありました。その一部を抜粋しておく。
女に惚れろ!
 理屈の脳で探している限り、人生の目的や生き甲斐は見つからない。
 人生の目的は楽しいものでなくては意味がない。
頭を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2010年12月11日

これは自己啓発視点ではなく
別視点読みをした作品です。
そう、何で人は堕ち行く人がいるのだろうって
思いまして。

ちなみにそういう人たちにいえるのは
目的がない、この本では言っていました。
確かに、と感じました。
そう、私の周りで目も当てられない人も
確かにどこかやる気がなく、せっかくいい職にいけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月31日

「勉強は自分のためにするんじゃないぞ。お母さんのためにするんだ」(p54)

私たちにとって、最も大切なのは人とのつながりである
つながりを確信すると、不安や恐れを克服できる
どんな困難でも乗り越えていける勇気と信念を与えてくれる(p82)

とにかく人を認め、人を誉め、誰かのためにと・・・(p14...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月16日

人生の目標がないこと、挫折、孤独なのは我利我利だからだ。

最初は和顔愛語から始めよう。
行く行くは自他利他をめざそう。
そうすれば魔法の杖が見つかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

感謝、感激、感動。


実行力とは
考えるより、感じることで生まれるエネルギー。

・・腑に落ちる。


例えば、プラス思考というものは
表層的なテクニック。


頭ではなく、心で理解する!だ。
ようやく、染みてきた。。ふぅ。


他、学んだこと。


「今を生きよう」とは
まっさらな今を生きるこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

自分が幸せになる為には、まずは、誰かを幸せにしようと思う気持ちを持たなくてはならない。三流の成功者は、優越感は持つが、真の成功者は、幸福感を持つ。自己変革する時が来るとすれば、その鍵はどこにあるのか。それは、その人が、喜ばせたい誰かが持っているのだという言葉に、なる程と頷いた。そして、常に、感謝の気...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

人間の欲求は様々あるが、「人に認められる」ということが最大の欲求であるらしい。大金持ちが寄付をたくさんするのも単に税金対策からという理由だけではなく、それによって人に認められたいからだ。では、あなたは「誰に」認められたいのだろうか。そして、その人はどうすれば喜んでもらえるのだろうか。それがわかれば、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

■最近、友人から「目的や目標が見つからない」という悩みを相談された。
■自分の体験談を話す以外にその悩みを解決する方法が思い浮かばず、だからといって自分の体験談だけで友人の目標が見つかるわけも無く。このもやもやした状態をどうしてくれよう!と思っていたときに、ちょうどこの本を見つけた。
■友達に読ませ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

IRA(脳の本能反射領域)理論に基づく、人生の目的をみつけるための「魔法の杖」を提示している本です。
理屈ではなく、情、それも自分以外の誰かを喜ばせたいという感情を自分の中に見つけることが魔法の杖の正体。その目的に向かっている明日の自分を信じ、近づいていくことがツキをもたらすということで、喜んでくれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月22日

人生の目的を見つけるためには目の前のことをがむしゃらにやること。それによって目的が見えてくる。それによって人生の師ともいえる自分の方向性を指し示してくれる人に出会える可能性が高くなる。

がむしゃらになるとは行動を起こし続けること。行動起こすためにはIRAをポジティブに変革し自己肯定感を高め続けるこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月24日

理屈の脳で探している限り人生の目的は生きがいはみつからない。
目的のない人間ほど、努力という言葉が好きである。
目的がある人は、努力しているとは考えない。苦しくても目的に近づく方法だと知っているから楽しい。

奥さんに花を買って帰る。感じる脳が動き出す。

目標は理屈の脳、が作り出す。だから面白くな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月23日

自己啓発の本は、かなり読んだけど、これ一冊読めば良かったんじゃないかと思うくらい良い本。
ただ、働く男性に焦点が当たりすぎているので、子育てしているお母さんとか、働いている女性などに向けたメッセージがあっても良いのではないかと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月17日

久々に読みかえしてみて、ビックリするほど内容を忘れていて、とても新鮮だった。
特に印象に残ったのは35ページ途中から。

以下引用…面白くも何ともない達成目標を、あっという間に面白くて仕方ないものにしてしまうのが、目的という「魔法の杖」である。維新の志士、高杉晋作の言葉を借りれば、「面白きこともなき...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月23日

人間は社会的動物である。これが人生における一つの本質だと思いました。どんなにお金があっても、どんなに時間があっても、それを共有できる他人がいなければ結局幸せを感じることはできない。だから、人との出会いや愛情、友情、尊敬を求めていくことが人生の大きなテーマになると感じました。この本を読んで、今後の行動...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月22日

これはボクが普段感じている事とぴたり一致する考え方だと思った。すんなり響く。
誰しも”頑張りたい”と思うけど、なかなか頑張れない。
”頑張っている人は頑張ろうと思わないで頑張れている”ということ。理屈でやる気になるんじゃなくて、心からやる気にならないと無理っつうことです。
では、どうすれば、心を変え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月14日

ナンバーワン理論の西田文郎氏の本。ツキについての本を書いたところ、多くの人々から夢の持ち方を尋ねられたので書いたとのこと。
フォトリーディング。理論の脳では人生の目的は絶対に見つからない。むしろ目的は感じるもの。人生の師を見つけよ。ツキの良い人になるには・・・。という話が続くようだ。やる気を鼓舞する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月11日

これは面白いな。
今までの著者の作品の中で1番やな。
こんな題名の本を読んでるとどないしたん?って思われそうやけど、内容は至極簡単、だけど奥が深い。やはり脳の存在意義、使い方でメンタルビゴラスへどう入るのか。
僕が妻へ毎月1度花を買って帰るのは間違っていなかった。
っと言うか、この本を読む以前に出来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年07月20日

よくある成功哲学のように盲目的に「これが素晴らしいのだ」と言わず、冒頭から「目的を持つのは恥ずかしい」といってしまうところが素晴らしい。すぐに引き込まれてしまった。
最後のシメの方では人間関係がキーになっている。自分のための目的ではなく、人のための目的になるべきだと。

途中で、明日世界が滅びるとし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月19日

確かに、幸せというものは究極他者の幸せか自分の幸せかに分かれる。自分の幸せばかりを考えて仕事をするのでは、次第に疲れ切ったり、目的を見失ってしまったり、充実感を味わえなかったりと色々と弊害を産むらしい。人は、自分自身のためだけには生きられないということは本当なんだと認識できた。色々と納得できることが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月26日

(レビューというか要点まとめ)
人生の目的という「快」を持たないと、努力しても苦しさしか体験できない。
人生を何のために使うか。目的は自分で見つけるもの。
目的と目標では天と地ほどの差がある。
苦しい目標も目的に支えられると、人生をワクワクさせる目標になる。

努力が辛いと思う人間は、間違いなく自分...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?