【感想・ネタバレ】ふたつめの月のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年04月26日

今回も面白かった。前作では国枝老人が謎を解いてくれたイメージだけど、今回は久里子が国枝老人のヒントをもとに自分で答えを見つけていった印象が強い。久里子の素直さがかわいい。読みおわったときに前向きな気持ちになれる良い作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月29日

わんこ二匹の描写がすばらしくて、近藤史恵クオリティの良作なのですが、ひっかかる点が。
文庫版の解説、イラストレーターの方が書かれてます。この作品をたいへん気に入り、カバーイラストも満足の出来!って感じのことが書かれているのですが、
…書いてある内容と、イラスト、犬のキャラクターが逆じゃないですか?
...続きを読むシェルティの血が混じってるっぽい飾り毛のふさふさした、天真爛漫で人懐っこい「アン」と、
口のまわりと鼻の黒い慎重派でおだやかな「トモ」
表紙ご確認ください…私にはどうしても、イラストレーターさんの失敗に思えてなりません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月19日

一応、続きもの、なんだけど
前の話を忘れていても面白くて
女の子の等身大の姿とか
意味分かんない女の話しとか
色々。
テンポよくて
好き

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月26日

登場人物の説明が不足してるんじゃないかと思って読んでたのですが、続編だったんですね。(苦笑)
失敗した…。
でも主人公の人柄や境遇には共感できる点が多くて、感情移入しました。
他の登場人物も憎めないかわいい人達ばかり。
人間って面白いと改めて思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年03月29日

社員になれたのもつかの間リストラされた赤坂老人に久里子が相談し心が少しずつ前向きになる、心と頭は一緒のようで別々 怒りに満ちた頭では判断ができない自分の怒りを優先させ悲劇を拡大させる、反対に頭で判断する正しさを大事にするあまり怒ったり悲しむ事ができず心が壊れてしまう人もいる、心と頭は別々である事を...続きを読む知ることが大事、不幸になる人多くは相手が何かをしてくれるのを待っている 相手ではなく自分の心が決まるのを待つ赤坂老人はまた姿を消した久里子はいつ会えるかわからない残した美しい曲を聴きながら季節は過ぎた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月22日

「賢者はベンチで思索する」の続編。最初こちらを先に見つけ、表紙に惹かれて読もうとして続編であること気づいて「賢者~」を先に読んだのでした。
この表紙絵大好きです。

契約社員から正社員になったとたんクビにされた久里子。
弓田くんはイタリアに行ってしまい、ただの友だちだったのかと悶々。
そんなもやもや...続きを読むとした生活で出会う出来事を、あの老人に相談しながら少しずつ前向きになっていく姿が心地いい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月11日

「賢者はベンチで思索する」の続編ということで読んでみた。第一作の展開と比べ「おっと」ということはなく、「ああ、そうなんだ」という展開だが楽しく憂さが晴れる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月09日

2015/6/9
おもしろかった!
ただこれ続編だったのね。しくじった。
前作早急に読みたいと思う。
彼氏との遠距離にそんなイライラクヨクヨしなさんなと思うけど、実際自分がこの立場ならするよね。当然。
人とぶつかりながら関係を築いていくのって長いことやってないな。
ちょっと羨ましい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月25日

ロンドを辞め、国枝老人やバイト仲間とも疎遠になった久里子。
気になっていた弓田君とは、仲良しだけど、友達以上恋人未満のどっちつかずの関係。
正社員の職についた喜びもつかの間、リストラされ弓田君との仲も進展せず、傷心の久里子の前に現れたかつての国枝老人こと赤坂さん。
今回も迷える久里子に優しくアドバイ...続きを読むス。
人生に迷いながらも自分の身に降りかかる小さな謎に挑む久里子。
最終話(表題作)ラストではホロリとさせる。
さてこのシリーズも終わったので次は整体師に挑むか猿若町に挑むか…。
悩むところダ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月30日

短編集から気になって手に取った作家さん。
シリーズ物の2作目だったのね。
違和感なく読めた。1作目読んでからだったら更に楽しめたかもだけど、その分、1作目を読むのがまた楽しみだなぁ。
とても好きな言葉が随所にあって、気遣いや空気感、キャラクターの魅力諸々、素敵なお話でした。

たったひとつの後悔/パ...続きを読むレードがやってくる/ふたつめの月

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月11日

主人公くりこ 第二弾

せっかく就職したのに、くびになるくりこ、でも、なぜか首になったのではなく、自粛退職になっていた。

弓田君から幼なじみの女の子をしょうかいされ、相談相手になる

赤坂からのたのみごと、弓田君との恋の関係に進展。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月21日

「賢者はベンチで思索する」の続き。
本作は前作よりもダークな雰囲気が漂っていたけれど、今回も赤坂氏のかもしだす謎めいているけれど温かい感じが好きだった。
くりちゃんと引田君のエピソードが一番ほっこりした。
このシリーズもきりこちゃんシリーズと同様、好きだ!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月01日

「賢者はベンチで....」の続編。随所から女性の冷やかさ、不条理さが伝わってくる。飼い犬が登場することで、ほんのり癒される一面も。普通の女の子をここまでうまく表現できるってすごい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月23日

人ってかわいいなぁとか思ってしまうお話ばかりでした。
すれ違ってすれ違って、結局からまわって振り回されて。
それでもやっぱり久里子はそんな人たちが大好きで、これからも大事にしていくんだろうなぁ。


近藤先生の世界はどれもやるせなくて、でもあったかくて大好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月20日

『賢者はベンチで思索する』 の続編。
主人公の少女の淡い恋や、前回もお世話になった老人との交流。
日常の些細な出来事と小さなミステリーが柔らかい表現で書かれていてとても読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月03日

主人公の若い女性の3つの短編。1つめはそんなことで!?と思ったが、残りの2つはとても心にしみた。特に「パレードがやってくる」は、しみじみ感じるものがあった。ぜひ若い女性に読んでもらいたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年10月08日

契約社員からようやく本採用になった矢先、解顧をいいわたされた久里子。心から喜んでくれた両親の手前、出社するふりをしては日中ぶらぶらと暇をつぶす毎日を送っていた。ある日、偶然すれ違った元同僚の言葉に不審な点が―もしかして私、自分から辞めたことになってる?近藤史恵版『隅の老人』第二弾。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月11日

仕事に恋に、日々心揺れ動きながら、少しずつ前に進んでいく主人公、久里子の姿が清々しく描かれています。最後に明かされる、赤坂老人が街灯の電球を気にした理由が、何とも思いやりがあって、心が温まりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月11日

「これは、ものすごい悪人は出てこないミステリーです。」

解説の松尾たいこさんの第1声が、この小説の内容をスッキリ説明してくれてる。悪意のある悪人が出てこないミステリー。日常、誰にでも起こりそうな、ささいな事件と、その出来事で成長していく主人公の物語。そして、ほんのり恋愛小説でもあったりする。

...続きを読む賢者はベンチで思索する』の続編。3つの短編から成り立っているのだけれど、最終的には最後の物語に繋がる伏線が用意されている物語。『賢者〜』ではフリータだった主人公・久里子が就職。けれど、そこを突然解雇されるところから始まる。そして、ずっと会うことのなかった、あの老人に偶然再会する。久里子の仕事の話と、久里子の恋愛と、そして、老人が関わっていることと……。

久里子今後と、老人の今後が知りたいから、また続きが読みたい!是非とも書いてほしい。

第一話 たったひとつの後悔
第二話 パレードがやってくる
第三話 ふたつめの月

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月17日

賢者はベンチで思索するの続編。
せっかく社員になれたのに不運にもリストラされる。謎の老人のアドバイスがいいものをくれる。感情に流されずに冷静に判断することが必要である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月02日

老人が探偵役の日常系ミステリ2作目
なんだろう、この解決して爽快感がない日常系ミステリは
主人公がぐだぐだ考えすぎなのが原因なのかと思ったけど、そんな作品は他にもあるしなぁ

悪くはないんだけど、そんなに面白いとも思えないお話しでした

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月01日

気づいたらこれも連作でしたが。
契約社員から社員になったとたんに・・っていうあらすじでなんとなく自分とかぶる(実際に自分がそういう状況にあるわけではないけど)ので、気になって。
ちょっとした謎がありつつ、進むので飽きることなく、そしてやはりクリコに感情移入しやすい。
微妙な関係の彼との距離ももどかし...続きを読むいのだけど、だからこそ応援したくなって、なごむ。
恋の結末は本音はどちらでもよかったかなって思う。ダメでも、クリコならどんな風に乗り越えるのかちょっと見てみたかったというのもあるので。
でも幸せをつかめてよかった。
そして帽子のおじいさんとの関係。これが一番最後のストーリーに余韻を残す感じで、別に彼がどんな人であってもクリコにとっては関係なくて。
本当はこの本は①があったみたいなので、そちらを先に読まないと二人の過去がわからないけど、絆は十分伝わったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月26日

シリーズの新作が待ち遠しいのだが。

フリーターのヒロインと元バイト先の常連客である老人との心の交流を軸に、事件を解決しながら、ヒロインの心の成長を描いていく物語だ。
描かれている日常の風景と、そこで起こる大小いくつかの事件がからまりあって、世界がリアルに描かれている。フリーターであることに悩んだり...続きを読む、遠距離恋愛に悩んだり、ヒロインに共感を覚える。

実に優しい物語だ。こんなにも暖かい読後感に浸れるのだから、つい新作を読みたくなってしまう。
「心と頭は一緒にようで別々に働いているんだ。それを同じように考えると悲劇が起こる。怒りに満ちた頭では冷静な判断ができないのに、自分の怒りを優先させて、悲劇を拡大させてしまうこともあるし、反対に頭で判断する正しさを大事にするあまり、怒ったり悲しむこともできずに、心が壊れてしまう人もいる」
「じゃあ、どうすればいいんですか? 頭を優先させても、心を優先させても駄目なんですよね。それって難しいです」(中略)
「別々であること、それさえ知っていれば大丈夫だ」

老人の言葉にはっとさせられたり、目からうろこが落ちたり。
すっかりこのシリーズのファンになってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月13日

『賢者はベンチで思索する』の続編。
ちょっとミステリーっぽさが中途半端に感じてしまったのと、
久里子ちゃんの恋愛話が、私には苦手分野でした。
赤坂氏の言葉は、簡潔で説得力があると思う。
久里子がつい相談したくなる気持ち、共感できます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月08日

『賢者はベンチで思索する』の続編・・・
とは知らずに、先に読んでしまったぁ(泣)
でも、後先が逆だけれど、『賢者は-』も読みたいと思わせられた。

なぞの多い赤坂老人
でも、久里子同様に、きっと悪い人ではないのだと思える。
そして、仲良く老人に向かって駆け出す2匹が何とも愛らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月13日

派遣社員から正社員に誘われたばかりなのに急に首切りにあった久里子。しかし実は自主退職した事になっていて…
「賢者はベンチで思索する」の続編

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月18日

どの登場人物にもあまり魅力がない。
ストーリーのインパクトも薄い。
すべてが中途半端な気がした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月05日

日常の謎としてはちょっと弱かった気がするけど、面白かったです。久里子がめげながらも前に進んでいく感じが良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月06日

この近藤 史恵はサクリファイスで好きになり、贔屓評価をしてしまうけど、実際サクリファイスがなかったら糞作家だと思うわ。すげーつまんねー。
読みやすいからスラスラ読めるけど内容がつまんなすぎて読んでて苦痛になってくる。
ちなみにこの作品は「賢者はベンチで思索する」の続編なんでこれを読む前にそっち読んで...続きを読むおかないと全くついていけないと思います。
ちなみに前作もそんな面白くないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月12日

この人、「サクリファイス」の作者だよね?作風が全然違うのでよくわからなかった。前の話の続きのようなのですが、読まなくてもなんとなくはわかります。おもしろくないことはないんだけど、なんか印象弱いし、エピソードも弱いような・・・遠距離恋愛のほんわかした感じはいいんだけど。読んだらすぐ忘れそうな気がします...続きを読む。っていうか、なんか読んだことあるような気もするけど、思い出せない。と思って調べたら、別冊、文芸春秋に連載中のときにちょこっと読んでたわ。でも、ほぼ話を忘れてました。というくらい印象が弱い本でした。いや、悪くはないんだけどねえ・・・

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング