【感想・ネタバレ】冬のライオン ナショナル ジオグラフィック ノンフィクション傑作選のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2019年11月23日

冒険物語と言えば、一昔前までは未開の地の開拓と動物との交流と相場が決まっていたものだが、本書を読んでまず感じたのは、時代は移り変わったということである。全10話のノンフィクションのうち、3篇は紛争の地で活動する人々の話である。また、5篇は動物を扱っているが、環境破壊から動物を守ろうと闘う人々の話もあ...続きを読むる。

取材対象となる人物は人道的であるとは限らないため、感情移入しづらいこともある。正義の解釈は民族や立場によってこうも異なるものなのだろうか。また、著者によって文体もまちまちで、淡々と事実のみを記述するものもあり、気軽に冒険を楽しむという気にはなれないかもしれない。ドキュメンタリーとはそういうものだと自分に言い聞かせて読み進んだほどである。

寄せ集めの感は否めないが、いくつか印象に残る話もある。私は「死の迷路からの帰還 原生林で迷ったときに生き残るための条件」が面白かった。山岳などでの遭難のメカニズムを科学的に解明しようとしており、唯一、役立ちそうな内容となっている。一方、「反捕鯨の戦いに命をかける海賊たち」は、日本の調査捕鯨を目の敵にして身体を張って戦うのはどんな人々なのかが分かり、実に興味深い。

航空機の発達は世界を狭くしたと言われるが、なんのなんの、世界は十分広い。安全なテリトリーから足を踏み出せば、現代社会でもまだ命がけの冒険が待ち受けているのだ。そう認識を新たにすることができたのが、何よりの収穫であった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月20日

白状する。衝動買いをした作品である。あ、「ナショナルジオグラフィック」
は好きな雑誌だし、迫力あるビジュアルと綿密なレポートは毎号、楽しみ
にしている。

その「ナショナルジオグラフィック」が厳選したノンフィクションというだけ
で十分に魅力的ではある。だが、本書の購入動機は他にある。

表紙のカバー...続きを読む写真だ。アフマド・シャー・マスード。アフガニスタンの
伝説の司令官の横顔は、内容以前に私を惹きつけた。

だって、大好きなのだもの。マスードが。そして、購入してから秀逸な
ノンフィクション短編集であることに気付いたうつけ者である。

さて、内容。「極限の地からの報告」「野生動物をめぐる冒険」の2部
構成になっており、それぞれに5編のノンフィクションが収録されて
いる。

私の購入動機となったマスードを描いた「冬のライオン」が冒頭。
マスード亡き後の反タリバンの雄・ドムタス将軍とアメリカ軍特殊
部隊グリーンベレーの信頼関係。今もアフリカで猛威をふるって
いるエボラ出血熱と対決する国際医師団。遭難のメカニズムと
人間の心理。ホロコーストから逃れウクライナの洞窟で約1年
間を生き延びたユダヤ人家族。

伝説の人食いライオンの子孫かもしれないライオンの追跡。インド・
アッサム州では森林を追われたゾウが人家を襲撃する。日本の
調査捕鯨船を追い回すシー・シェパードと行動を共にしたレポ。
内戦の続くウガンダとコンゴのマウンテンゴリラ保護区に潜入。
南極のコウテイペンギンの繁殖地への訪問。

マスード好きとしては冒頭の「冬のライオン」だけでも満足なのだ
が、もっと知りたいと感じたのは洞窟でユダヤ人虐殺の嵐をやり
過ごしたユダヤ人家族の話だ。

当時、子供だった生き残りの家族を探し出し、洞窟に潜んだ頃の
話を聞くだけではない。「司祭の洞窟」と呼ばれ、現在もウクライナ
に残る洞窟に実際に足を踏み入れている。

この辺りが「さすが、ナショジオ」と感じさせられる。だって、当時の
話が聞ければそれだけでも文章は書けるのだもの。それに加えて
一家が生活した痕跡の残る洞窟にまで出かけ、当時使用されて
いたと思われる石臼などを発見している。

これ、当事者が洞窟での生活を綴った作品を出版しているよう
なのだが、日本じゃ入手出来ないのかな。英訳の自費出版
だから無理か。

インド・アッサム州の、人家を襲撃するゾウと、密猟により個体数
の減少が心配されるマウンテンゴリラの話は人間と野生動物の
共存について考えさせれられた。

あぁ、私はイタリアへ行きたいと思っていた。だが、本書を読んで
行きたい場所が増えた。アフガニスタンでマスードのお墓参りを
して、ウクライナに洞窟を見に行って、コンゴでマウンテンゴリラ
に魅了されたいし、南極でコウテイペンギンの繁殖を観察したい。

宝くじで10億円くらい当たらないかなぁ。あ、そもそも宝くじを買って
ないから当たるはずがないか。

それにしてもカバー写真のマスード。いい顔をしている。ソ連軍を
相手にゲリラ戦を戦い抜き、次にはタリバンを相手に戦った歴戦
のツワモノなのに、こんなに笑顔が優しい。それが、マスードに
惹きつけられる理由の一つかもしれない。

尚、私はシー・シェパードは「環境テロリスト」だと思っています。
それは本書を読んでも変わりませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月10日

普段では経験できない現代の冒険。

マックの店長と同じ給料で命をかける米軍特殊部隊の話は仕事について考えさせる。

アフリカの人食いライオンの話は、本当に怖い。「ヒト」ではなく、一個の生物としての人間はもろい。そして、野獣は怖い。

あとは、シーシェパード。日本の捕鯨を欧米視点で見ている点が新鮮。立...続きを読む場はともかく、捕鯨船のクジラを殺す最新のやりかたの部分だけを読むと、すぐにでも捕鯨に反対したくなる。

とまあ、その他、エボラと国際医療チームとの戦い、イスラムのムジャヒディンの考え方、など、興味深いエッセイが10編あります。おすすめの一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月18日

『生と死が隣り合う極限の世界』
『ゲリラ戦の天才的指導者や急進的な環境保護活動家を気鋭の作家たちが密着取材。世界の最前線で目撃した衝撃的ドラマを描く傑作ドキュメンタリー10編』(帯コメント)

現代日本では体験し得ない、世界各地で起きている数々のドラマ。
それを知ることができるという、読書の醍醐味の...続きを読む一つが味わえる一冊。

私はこれを読んで、自然・動物保護活動に対する
「偽善的・一部の人間の都合で守るべきものを勝手に判断する傲慢な行為」という偏見が多少無くなった。

保護活動の主義主張や手段に関係なく、とにかく何かしなければならない程、環境破壊が進んでいる現実がそこにあるということが、単なる情報以上のリアリティでもって伝わってきたので。

<メモ>
僻地や戦闘地域など、危険な場所に飛び込んで取材をするジャーナリストだからこそ書ける文章の面白さ。
ではフィクション作家にしか描けないものは?

<目次>


第一部 極限の地からの報告


【冬のライオン】(アフガニスタン・パンジシール渓谷他)
―「パンジシールの獅子」マスードと過ごした最後の日々―

【軍閥のボスとグリーンベレー】(アフガニスタン)
―グリーンベレーがドスタム将軍を敬愛するようになった理由―

【エボラ・ウイルスと戦う人々】(ウガンダ)
―犠牲者を出しながら謎の出血熱と対決する医師たち―

【死の迷路からの帰還】(米国・コロラド州ロッキーマウンテン国立公園他)
―原生林で迷ったときに生き残るための条件―

【地下洞窟に身を潜めた日々】(ウクライナ西部)
―暗闇で生き延びたユダヤ人一家のすみかを発見―


第二部 野生生物をめぐる冒険


【人食いライオン追跡】(ケニア・ツァボ)
―伝説の人食いライオンが子孫を残していた―

【震える大地】(インド・アッサム地方)
―野生ゾウの襲撃に苦悩する人々―

【反捕鯨の戦いに命をかける海賊たち】(南極海周辺)
―荒れる南極海のクジラをめぐる攻防戦―

【受難のマウンテンゴリラと対面するまで】(コンゴ・ルワンダ・ウガンダ国境周辺)
―戦乱続くゴリラ保護区に潜入した女性ジャーナリスト―

【極寒の地の皇帝たち】(南極)
―二万つがいが群れるコウテイペンギン繁殖地を訪ねる―

このレビューは参考になりましたか?

「ノンフィクション」ランキング