【感想・ネタバレ】腹を割って話した のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年07月16日

水曜どうでしょうが好きな人なら脳内再生余裕。
副音声でも聞けないような仕事とか生き方の話がとても興味深かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月04日

期待せずに、多少笑えるかな?ぐらいで買ったのですが、非常に良かったです。
サラリーマンとしては、非常識な考え方のオンパレードでしたが、そうだなと納得する内容がとても多くありました。
直近の自分の人生に一番大きな影響を与えてくれた一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月10日

ご存知大人気ローカル番組「水曜どうでしょう」のディレクター陣お二人 ヒゲとウレシーが温泉に入って飯食って酒飲んで、いい感じになりながらどうでしょうこ事やら仕事の事、ミスターや大泉洋の事などを熱く、ダラダラと語り合ったのをまとめた一冊。

どうでしょうDVDの副音声が好きな人なら間違いなく大好きな内容...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月19日

自分の気持ちがいいことをしている。
まず自分が気持ちがいいことは何かを認識できているのがいいな、と思う。
きっとそこに至るまでいろんな経験をして、たくさん考えたからなんだろうな。
これが好きです!
と堂々と言えることを見つけたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月28日

「水曜どうでしょう」好きにはたまらない一冊。
逆に「水曜どうでしょう」を知らない人が読んだら少しも面白くない。

ふじやん、うれしーが話しているイメージが浮かぶ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月26日

どうでしょうファンとして、これは買うべきだと思ってました。読み進めて行くうちに、改めて、どうでしょうとはこんな番組だ、と気づかせてくれます。話の中には共感できる部分もあったり、こんな解釈もあるのか!と思える部分があったり。特に、温泉という解釈は、温泉宿を舞台にした対談らしい点だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月20日

久しぶりに一気に読んだ本。
これまでの撮影の裏話あり、新作の裏話あり、といった藤村さんと嬉野さんの対談本。
彼らが大泉さんとミスターをそして互いをどういう風に見ているのかがよーくわかりました。
どうでしょうの話はもちろんですが、仕事をする上での心構え(あくまで彼らの)というか、仕事って何?みたいなこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月22日

番組の裏話みたいな本ではなく、「どうでしょう」を切り口に、仕事や生きることへの姿勢、なんていうと大げさになってしまうけれども、そういうようなものをお二人が語った本。なんであんなに「どうでしょう」が面白かったのか、自分の心に巣くってしまったのかがわかりました。嬉野さんが言った「無理をしながら眺めのいい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月05日

『水曜どうでしょう』の藤村・嬉野ディレクターの対話集。
ふたりの考え方がよく分かる。
このふたりだからこそ『水曜どうでしょう』は続いているんだろうな。
今放送してる新作、電動自転車になる可能性もあったんだ?ミスターが了解してたらどんな展開になってたんだろう。
今後もずっとどうでしょう撮りつづけてほし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月28日

「水曜どうでしょう」でお馴染みのディレクター2人による1日対談。働く事、一緒に働く人たちのこと、出会った人たちのこと、番組がなぜあんな風になったのかなど、興味深い話のオンパレード。

働いていて楽しいと思える「温泉」を見つけること、常識に縛られて無理をしながら働くことに対して何故疑問を持たないのか、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月07日

嬉野さん、藤村さんの対談集。
主に『水曜どうでしょう』の裏話などを中心に、仕事に対するスタンスなどを話している。2011年の新作と同時に出版された本なので、カブの旅に関する話もちらほら出ている。
なかでも印象に残るのは「悪の浄化作用」というあたり。
「毒を小出しに」とか「悪役的なものの重要性」という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月12日

『大泉エッセイ』とセットでポチった一冊。

ふじやんとうれしーの対談形式で、一日の温泉旅行の中で交わされた会話がまとめられています。この2人が「水曜どうでしょう」と出会い、ディレクターという仕事を楽しんでいる部分が随所にみられました。特に、「『仕事』は『温泉』だ」という台詞に感心すると共に少し羨まし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月24日

お二方の仕事観が分かり有意義だった。Steve Jobsも言っていたが、やりたくもないことを毎日やり続けることに意味があるのか?「温泉」という捉え方は斬新だったw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月29日

水曜どうでしょうファンのための本。どうでしょうを見ていれば見ているほど楽しめると思う。
でも最後は少し、働くということについてお二人が話してる。そこは誰にでも通じる部分だなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月25日

「水曜どうでしょう」の名物ディレクターが繰り広げる対談集。
「どうでしょう」の撮り方から働き方まで、幅広い話題が盛り込まれてます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月25日

おなじみ「水曜どうでしょう」のディレクター、藤村、嬉野両名による著書。というか、二人の対談をそのまま本にしたような感じ。まぁ、いつものふたりの会話がそのまま本に載っているという感じなのだが、その中に藤村Dの仕事に対する考えというものが如術に現れているという感じがする。てきと~にゆる~い感じで作ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年11月23日

水曜どうでしょうは意外に真面目に作られてますよ、という本。

どうでしょう好きは必読。

やはりこの4人は凄い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月21日

藤村さんとうれしーが笑いながら話している様子が行間から浮かんできます。

楽しく、まじめにこういう会話ができる大人っていいですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月14日

「どうでしょう」ファンです。
何故か、主人はもちろん、私の姉妹、義兄弟オール、この番組が好き。
みんな同じ感覚持っているんだろうなぁ・・・と、うれしくなります。
普通にただ気ままに旅しているだけでなく、面白くしようと、真剣勝負なんだなぁ・・・ということは、DVDのコメンタリーを聞いても感じていたけど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月20日

水曜どうでしょうのプロデューサである藤村,嬉野の両名が定山渓温泉で午前二時過ぎまで腹を割って話した対談本.

お二方の仕事について,番組について,お互いについて,そして出演者の大泉洋と鈴井貴之の両名について語り合ってます.
そして北海道では今週放送が完了した新作についても触れています.

水曜どうで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?