【感想・ネタバレ】生物の世界 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年12月12日

機械論的ダーウィン進化論に対して新たな視角を提供した著者の論理展開は、読んでいて非常に良い頭の体操となるものであった。同時に、人間の審美眼をくすぐるような蝶の美しさや貝殻の模様の微細さ等、目的論的に捉えないで自然淘汰の論法に一辺倒した場合には、ナンセンスとなりうる事象が、今日の自然科学では垣間見るこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月16日

 単なる生物学の本というより哲学の本として読んでいました。この世界にあるもの全てが違っていて、全てがどこか似通っている。世界のつながりを考えさせてくれる本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月20日

 久しぶりに「生物学」関係の本を手にとってみました。著者は「棲み分け理論」で有名な今西錦司氏です。
 現在では、本書で提唱されている今西氏の棲み分け理論や生態学的進化論は広く支持されている学説ではないとのことですが、生物社会学ともいうべき科学哲学的著作としてはユニークで、なかなか興味深いものではあり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月10日

★3.5。
ただ戦前に書かれた奇跡に敬意を表して★4つ。
解説にて哲学云々と解説されているように、生物学の話というよりは科学者としての立ち位置・決意表明と理解すべきだろう。
そうであれば時代が古い云々という議論はナンセンス、科学的態度の本質というものは今も昔も何も変わらない。
この本は間違いなく一級...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月22日

難読かつ論理の展開が圧倒的で呼吸をしていない。戦前に書かれた書物とは思えないほど、哲学的で自創的である。

このレビューは参考になりましたか?