【感想・ネタバレ】1/2の騎士のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年10月01日

マドカとサファイア、個性溢れる2人の主人公が禍々しい4人の犯罪者と戦う話。
前半では多くの伏線を張り、後半からクライマックスにかけて一気に回収していく様が読んでいて清々しい。中でもサファイアの正体に涙。

主人公2人のキャラがハルチカの2人と被る、
600ページだったが、長さを感じさせない程おもしろ...続きを読むかった。初野さんの著書の中で一番の傑作だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月13日

テーマは少数派。
まどかとサファイアの掛け合いが可愛くて、それにぞっとするような犯罪者もいて、この作者さんの中で一番大好きな作品です。
色々と考え方がかわりました!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月07日

初野晴のダークファンタジーはかなり泣ける。ラフレシアの話、天は病んでいるのか。綺麗な話だった。ラストの加奈子とマドカを助ける為に大勢の登場人物達が走り回るシーンはやばい。泣けるが為に読むのが辛くてかなり読み飛ばしてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月29日

悔しいかな,最後にうるっと来てしまいました。読後感が素晴らしい小説に巡りあえて,とても幸せな気持ちになります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月24日

かなりおもしろかった( ͒ ु๑・×・ ू ͒)❤⃛*:・✿*。 事件はちょっと怖いトコあったけど、全体的にいいお話だった☆

意外なタネ明かしがあって、かなり最後が泣けたけど。゚(つД`)゚。感動したし、ラストの締めくくりもこういうのいいなぁ(´;д;`)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月13日

 女子高生と幽霊のコンビが、町に巣くう異常連続犯罪者たちに挑む姿を描いたファンタジー要素もあるミステリー。

 初野作品は今回で三作目。コミカルなキャラクターたちの掛け合いは毎回楽しみだったのですが、今作もよかったです。主人公マドカと幽霊のサファイアのコンビはもちろんのこと、友人の加奈子や後輩たちな...続きを読むど同年代の人々との掛け合いだけにとどまらず、事件を通じてマドカと知り合いになる大人たちも魅力的なキャラばかり。

 しかしキャラの掛け合いはコミカルながらも事件そのものはかなり悪質なものが並んでいます。盲導犬を殺しその様子を撮影する犯罪者、女性の家に不可解な不法侵入を繰り返す犯罪者、無差別的な毒ガス事件を起こす犯罪者、自分が殺した被害者の遺族にガラス工芸品を灰と一緒に送る犯罪者……。ミステリーやサスペンス小説を読んでいく以上、人の悪意についてもある程度読みなれているつもりでしたが、この作品に出てくる犯人たちは悪意というよりも狂気に近いものを感じました。だからか、それぞれの犯罪が普通のミステリーで描かれるものより、さらに黒いものを感じてしまいます。またそれと対峙するのが自らも悩みを抱えつつも、優しさを決して失わないマドカだから余計にその黒さを感じてしまうのかもしれません。

 そうしたものに傷つき悩みながらも周りの人たち、そしてサファイアの助けもあってマドカが再生、成長し、また戦いに臨んでいく姿は、この世には悪意にも狂気にも負けないものがある、ということを教えてくれている気がします。

 章仕立てで話が進んでいき、各章で一人の犯罪者にマドカとサファイヤのコンビが挑むという話になっているのですが、中盤戦の章の『インベイジョン』との対決が特に印象的。動機の異常さとその周到な計画に、驚きとともに寒気を感じました。

 この話のもう一つのテーマとなっているのは社会的弱者やマイノリティのこと。こうしたテーマを小説で扱うのは非常に難しいと思うのですが、それに臆さず話を書いてくれた初野さんの勇気と技量もすごいなあ、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月04日

最初はどんなファンタジーのお話なんだろうと思ったら…
青春ミステリーな感じで良かった。

最後はちょっとしんみりした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月03日

なんと。

最初はかなり、なめ気味だった。
ずいぶんとかわいい物語じゃない?レズの女子高生だけに見える憧れの年下の正体は実は?
‥なはは。

しかし。
ファンタジーをまといつつも、設定されたトリックも背景も、かなり作り込まれている。
一見荒唐無稽な犯罪に見えてしっかりと裏付けがあり、「もしかしたら」...続きを読むと思わせる。
柔らかな地の物語と、縦線に入る亀裂のような悪意の犯罪が、妙に調和して美しい。

この作者の中にはいったい、悪意と夢のどちらがたくさん、詰まっているんだろう?

水の時計、漆黒の王子と読んできて、その作風の透き通った爽快感と、
救いある悪意のミックスに、今すごくはまりそうな予感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月20日

初野晴の作品。
今までが重い印象のある作品だったので、こういうものも書けるのかと感心した。
だが今までと変わらず、とりあつかうテーマに筆者の社会的関心が見える。それがいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月06日

レズビアンの女子高生と女装好きな美少年の幽霊が、難事件を解決して良く話。
とても面白かったです。
またも続きが気になる終わり方をされています。続きが出るならぜひ読みたい!
ヤサグレてしまったサファイヤ君がどんな風になってしまっているのか、すごく気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月05日

面白くて一気に読めてしまった。

最後から二話目以降の犯人の動機がイマイチ分からなかったのがちょっと残念だったかな~

ラストも話が繋がって、よめてなかった分、スッキリ。

また次回作が読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月18日

マイノリティなキャラに個性的な犯罪者。
最後はしんみりしつつ、後味の悪さはなく、読みやすかった本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月11日

女子高生マドカが女装癖のある男子高生の幽霊をパートナーに、街に現れた歪な犯罪者たちと対峙していく物語。青春・恋愛・ミステリにファンタジーといろいろ詰め込んでいるのにゴチャゴチャしておらず、一気に読めます。そして最後には心に切ないようなやるせないような、それでいて爽やかな後味を残してくれました。この作...続きを読む者の別の話もぜひとも読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月23日

【収録作品】騎士叙任式 もりのさる/序盤戦 DogKiller/中盤戦 Invasion/終盤戦 Rafflesia/一騎打ち GrayMan/後日談 ふたりの花 
 マドカの行動力もさることながら、見守る大人たちに分別も行動力もあるのがいい。作者が登場人物ひとりひとりときちんと向き合っているように...続きを読む感じられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月25日

好みのタイプの本ではなかったけど
作者が書きたいテーマや意図は伝わってきました。

いい本だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月09日

表紙が大変に美しい。
それで手にとった。

始めの設定のあまりのライトな感じに、最後まで読めるか不安だったが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月27日

レズビアンの女子高生と女装趣味の幽霊というこれでもか、と狙ったようなコンビが街で起こる奇妙で、恐ろしい事件を解決する話
とにかく厚い、おかげで高い。
作風も漆黒の王子とだいぶ様変わりしておりこの作品を境にだいぶライトな感じになったと言って良さそうである。
章仕立てで中編程度の事件が並んでいるので厚さ...続きを読むの割にはだいぶ読みやすい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月14日

初めての作家だったので、少しの緊張と人見知り感を感じつつ読んだ。
ミステリ要素は章を追うごとに凄さが感じられ、最初に思っていたより面白かった。
ただ、それに反転してラノベ口調なのが何だか残念。主人公も女の子にしては固い印象がする。
どこか現実味の薄さを思わせる雰囲気も。
★4つの面白さだけど、なんと...続きを読むなく人間らしさに中途半端な印象が拭えない。
楽しかったけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月03日

「ファンタジック・ミステリー」という大層なお題がついていたので期待して読んでみると・・・

真性レズビアンの主人公が女装趣味の幽霊と出会って街にはびこる悪を・・・

という、びっくりするほどの「陳腐」な設定。

・・・くらいに思ってたんですけどね。読み進めてみるとなかなかに悪くない。街にはびこる犯罪...続きを読む者、といっても本作は「シリアル・キラー」とかを相手にしていて、犯罪者ごとの章だてになっているのも読みやすいし、章をまたぐこまごまとした伏線もよい感じ。
「ドッグキラー」「ラフレシア」「グレイマン」など、曰くありげな犯罪者たちも想像力をかき立てられます。


キャラそれぞれに魅力というか個性がつけられているのに安易に「続編」を意識せずに綺麗に完結させたのも好印象。ああいうのって萎えるんだよなあ・・・

はじめの落胆があったためか、逆に好評価に落ち着いてみたり。

しかしこの本、なんで値段が妙に高いんだろう?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月21日

ノベルズで出たとき、凄く迷って、文庫になったときも凄く迷ったです。ようやく決心して、購入。結果、面白かったです。この後が気になるけど、ここで終わるからいいんですよね。

このレビューは参考になりましたか?