【感想・ネタバレ】デッドウォーターのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日


永瀬隼介が、好きだ。


もしかしたら執筆の10倍以上の取材をし、100倍もの調査時間をあてているのではと思わせるそのストーリーは常に、フィクションとは思わせないがっしりとした骨組みに載せられている。

人物の書き込みも重厚。
ばらばらと登場する人物は最初は、まったく違う世界を生きている。

ボク...続きを読むサーとしての人生を選び、はぐれものの世界を飛び出した中国人とのハーフ、亮輔。
売れないライターの加瀬。
5人の女性を強姦して殺し、死刑を待ちながら一向に動じることのない死刑囚、穂積。

その人生がそれぞれひとつにつながったとき、そこに現れた震撼すべき事実とは。


読み終わって、膝が震えた。

このストーリーは、メインの3人だけが輝きを放っているのではない。
実はそれぞれのサイドに控える脇役たちが、完全に計算された座標軸に、完璧な間隔で配置されているのだ。


日本人ではないからと執拗ないやがらせを受けた亮輔の過去。そこから逃れて光を目指した亮輔と対比されるのは、亮輔の輝きに嫉妬しながらもまったく逆の向きに走り抜ける政春だ。
ライターの加瀬の妻、美知子は静かに、しかし確実に自分の中に狂気を育ててゆく。
そして死刑囚・穂積を監督すべき監察官・白井は、穂積のカリスマ性の前に徐々に、自分の存在を見失い始める。


それぞれの人物の苦悩と狂気が化学反応を引き起こし、必然の結末に向かって一気にスパークする。
小説にGがあるとすれば、この小説はまさに、ジェットコースター級の加速度だ。
吐くまで、読め。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月29日

基本的にはハードで重いですが、出過ぎないエンタメ色があり、私のようなミステリ嫌いをねじ伏せる巧妙なストーリーラインが素晴らしいです。おそらく元ノンフィクションライターだから出せるリアリティも持ち味かと。いやあ重厚で面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月02日

 フリーライター・加瀬隆史が今、必死に取材をしている相手・・・18歳の時に5人の女性の連続強姦殺人事件を起こして逮捕された獄中の穂積壱郎。彼は一審、二審で死刑という判決が出たにも関わらず、死の恐怖におびえることがなく、また、反省の色もない。上告しているものの、決して無罪の主張をしているわけでもない。...続きを読む彼に取材を申し込んだ際になぜか気に入られた加瀬隆史は、彼の獄中からの手紙により、事件の全貌、そして驚愕の事実を知ることになる。

 穂積が信じているのは【至高】と呼ばれるものだけだということが彼の手紙から明らかになり、それがいったい何なのか、神なのか共犯者なのか、実体のあるものなのか抽象的なものなのか、それを追うのが話の本筋としてある。が、それだけでなく、冷静で頭がキレる穂積に翻弄される隣室の囚人(とその息子)や刑務官、そしてもちろん加瀬とのやりとりが見もの。獄中にいるにも関わらず、穂積はありとあらゆる精神的打撃を与えてくるのだ。【至高】がある限り、無敵に思われた穂積の最後は少し意外であったものの、人間、信じるものがなくなってしまえば脆いものなんだろうな。
 刑務官の苦悩の部分は、あとがきによると以前読んだ「死刑執行人の苦悩」も参考にされているらしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月06日

重いテーマを好んで取り上げる作者が、自身の記者時代の後悔や、敗北感、やり残した無念さに向き合って掘り下げて、またも重たいテーマの作品に仕上げた、といった感じ、らしい(解説によると)。
ですが、それを知らなくても、テーマに惹かれてどんどん読み進んでいける。基本はエンタメしてくれる作者なので、けっこう好...続きを読むきな方なんですが、多少の消化不良はあるのかもw
ただ自分は、帯や裏表紙等から、「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のレクター博士っぽいのを想像していただけに、さすがにハードルを上げすぎてしまった感は否めない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月02日

6月-2。3.0点。
5人を強姦殺人した、犯行当時19歳の怪物。死刑判決を受け、
拘置所で主人公が取材し、本にしようとする。
怪物は会う人間をコントロールしていく。
主人公は次第に、塀の中の怪物を壊そうとしていく。
暗い。何とか良い終わり方になったかな。
途中から何となく結末がわかったかな。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

二度と読まない

ハッタ 2019年09月26日

つまらない。下手くそ。金の無駄

このレビューは参考になりましたか?