【感想・ネタバレ】新トロイア物語のレビュー

値引き価格 577円 (税込) 5月28日まで
通常価格 825円 (税込)
4.4
8件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年12月12日

これはすごい小説だと思う。何がすごいかというと、まず量が(笑)。
しかし面白さのあまり一気に読んでしまった。
金のりんごが云々といった神がかり的な部分は最小限に抑えて、現実的な解釈をもってホメロス(だっけ?)の原著を再構成している。
最後に著者の阿刀田高氏も述べられているが必ずしも原書に忠実ではない...続きを読む。しかしそのことによって現代人のわれわれにとって理解されやすい読み物となっている。
ギリシャ側から見たトロイア物語は呼んだことがあったが、トロイア側からの物語は始めて読んだ。どちらの陣営も魅力的な人物が描かれており、その言動からどのような外見をしているかが自然と想像された。
好きな登場人物はアイネイアスのお母さんです。
なかなかよくできた人物のようで。彼女がいたからアイネイアスという傑人も生まれたのであろう。
それにしても当時は
美男=強い=家柄
といった感じだったのだろうか。
家柄がよければ小さい頃からの訓練も充実していたろうし
強ければ美人の嫁さんをもらえるので、その家系はどんどん美しくなる。
今でもそうかもしれないが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月15日

トロイア戦争を題材にした小説です。史実も伝説も混ぜ合わせているので歴史小説と言ってはいけないのかもしれませんが、それが逆に物語を一層楽しいものとしています。大変分厚い本ですが読後感は最高です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月20日

ギリシャ神話のなかで有名なトロイ戦争の話。トロイの木馬、が特に有名。
トルコとギリシャでもともと若干の緊迫関係があったところ、トルコの勇者パリスがギリシャに住む美女ヘレネを誘拐し、このことが戦争のきっかけとなっている。物語中には一度は名前を聞いたことがあるような有名な神々が登場し、それぞれの関係や役...続きを読む割を知ることができるなど、楽しみながらも勉強になることが多い。
抜群に面白かったので星5つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

トロイア神話を、伝説としてではなく、現実に起こりうる物語としての視点で描かれた小説。

阿刀田さんの文章、すごく好きです。メタファーがすごく素敵。美しく、生々しい表現。
ギリシャ神話で有名な逸話、トロイ戦争にて、トロイア王家の生き残りで、後にローマで国を作ってローマ人の祖となった銀髪の美丈夫アイネイ...続きを読むアスを主人公の“伝説”を基にして“実際の出来事”を想定した小説です。
美と愛の女神の子アイネイアス。彼の視点で見たトロイア戦争はとても興味深かったです。
もともと私はギリシャ神話がすごく好きで、ひととおりの知識は持っていたのですが、とにかく阿刀田さんの創作部分が面白い!
もちろん、調べ上げられた上で、細かいところにこだわった上での創作ですが。
この本を読んで、新たに好きな人物が増えましたv阿刀田さんの主観に踊らされてるような気がしないでもないですけど(笑)。
アイネイアスに焦点を当てるなんていうのは、阿刀田さんだけでしょう。彼に興味を持つ日本人は少ないそうです(作中より)。
とにかく人物が魅力的。とにかくパリス!パリス!今までパリスはバカ王子だと思っていたのですが、この本で印象が随分と変わりました。享楽的で奔放な人物でありますが、彼は勇敢な戦士であることには変わりありませんでした。阿刀田さんの創作部分が大きいのかもしれませんが、私もパリスはこういう人物だったのだと思いたいです。
王がルールであるこの時代、かなり残虐非道でヘコみました。よくもそんなこと思いつくな、というくらい色んな残酷なやり方で殺していくんです。特に女性の力がとても弱かったこの時代、気の毒な人生を送った人が多くて。色々考えさせられました。

ギリシャ神話を扱う物語としては、今まで出会った中で最高の物語です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月12日

「トロイの木馬」の逸話で有名なギリシア神話に出てくる城塞都市・トロイア(英語名:トロイ)に生まれた一人の少年が父親と共に神託を授かるところから物語は始まります。
神話を舞台にした物語なので、ギリシア神話で有名なゼウスやアポロン、アフロディーテなど神々の名前が随所に出てきます。
歴史小説、というよりは...続きを読む、古代から伝わる叙事詩環を元に、日本人に合うように作られた時代小説です。著者が自分で「あとがき」で言明してます(^^ゞ

著書の主人公はアイネイアス。
女神アフロディーテの御子と言われ、トロイア戦争を生き延びた数少ない武将の一人で、トロイア脱出後、数年の流浪の旅の末にイタリア半島に流れ着き、後のローマ建国の祖となったと言われる人物です。
本編は、彼・アイネイアスの少年時代から青年期、そしてトロイア戦争、流浪の日々、イタリアでの最後の戦いの後にトロイア再興として国を継ぐまでの、結構長い物語でした。
最初はトロイア戦争のことを描いた作品と思って読んでいたんですが、トロイア戦争は本の半分くらいで決着して、あれ? と思う間に流浪の旅が描かれて、そこで初めてアイネイアスがトロイア再興を果たすまでの物語だと判りました。

歴史は好きですが、神話にまで遡るとどうかな?
と思っていたんですが、予想外に楽しめました。
古代ローマの祖、ってところも大きく作用していたかもしれませんが、自分でも驚くほど読むスピードが早かったので、私に合っていた本だと思います。

ギリシアの連合国も出てきますが、都市国家(ポリス)としてのアテネやスパルタは出てきません。
都市国家(ポリス)としてアテネやスパルタはもっと後なんだそうです。
色々な神話を基にした逸話が盛り込まれていたり、逆に「トロイの木馬」の逸話は違う形に変えられたりしてます。
そういうのも含めて楽しめた作品でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年11月29日

現代に蘇る壮大な叙事詩
絶世の美女ヘレネと王子パリスが駆け落ちした。ヘレネを略奪した者は、求婚した者全員から報復を受ける。ユニークな「テュンダレオスの掟」が、古代ギリシアに予期せぬ大戦争を巻きおこした。名高い「トロイアの木馬」は真実だったのか。壮大な叙事詩の世界に挑んだ歴史小説。吉川英治文学賞受賞作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

舞台:トロイア

アイネイアスを主人公に、トロイア戦争とその後を描いた作品。
神話要素を一切省き、あくまで歴史にこだわっている。
私としてはアイネイアスが好きなので、彼を主人公に据えただけで嬉しい。
でももっと可愛いくてヘタレでも良かったのに…。

このレビューは参考になりましたか?