【感想・ネタバレ】日経新聞の数字がわかる本 「景気指標」から経済が見えるのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月12日

月曜日経の「景気指標」の読み方。

統計情報の間に関係性を見出して、自分で経済を読み解く。月曜の新聞は、ニュースが少ないので、あまり注目していなかったが、この本によって、月曜が楽しみになる。

指標の定義も、知らなかったことが多く、ためになる。

ビジネスマンとして、差をつけるにはもってこいの情報だ...続きを読むと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月06日

日経新聞の読み方としては画期的な名著。

日経新聞の数字に焦点を当てて、経済の本質を指標などから推定していくところは非常にわかりやすくよかったと思う。

基礎トレーニングを経た後に、日本国内編として
①GDP、②企業活動、③業種別の動向(半導体、鉄鋼、ゼネコンなど)、④雇用、⑤物価、⑥金融、を各章で...続きを読むみる。

海外編として
①超大国アメリカ、②ヨーロッパ経済、③アジア経済、④商品相場(現物、先物)を押さえる

パート2 実践トレーニング編では、
①「100年に一度の経済危機」と過去の比較、
②景気底入れの兆しを探す、
③中国は世界経済の機関車か
を考えて10指標(国内、海外)がある。

なかなか面白い本だったと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月27日

簡潔明瞭でわかりやすい。
それでいて、内容は浅くない。

小宮さんの本は、どれもビジネスマンの武器になりますね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月22日

ずっと読もうと思っていたが、先延ばしになってしまっていた。世読み終わって、やはりもっと早く読んでおけば。。という後悔だ。ずっと日経新聞は読んでいるが、この本を読むと全然読み方が変わる。またひとつ世界の見方、ニュースの捉え方がわかるようになる。小宮さんありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月27日

日経新聞の読み方の説明だけでなく、基準となる数字、数字の動きから読み取れる経済変化、他国と日本の経済の関わりなど、多岐にわたり読みやすく書かれています。
聞いたことしかないような単語も、わかりやすい定義から書かれており、講義を受けている感覚になります!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月08日

めちゃくちゃ分かりやすくてためになる。
月曜日に、景気指標の記事だけを読むためだけに日経を買っても損はなくなるレベルになれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月01日

毎週月曜日の日経新聞に掲載される「景気指標」の読み方を、分かりやすく解説している本。やっと読み終わった。付箋だらけにしてやったぜ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月31日

高校数学で大きくつまづいて(というかサボって)以来、数字に苦手意識のある私。
「日経新聞を毎日読んでいるという人の中でも、月曜日の日経新聞に『景気指標欄』があることを知っている人はあまり多くないようです。さらに、この景気指標欄をちゃんと読んでいる人となると、かなり少ないのではないでしょうか。」
...続きを読む小宮さんのこの言葉の通り、私は景気指標欄があることは知っていましたが、いつもGDPを確認するだけでした。

しかし、本書を片手に今月17日の景気指標欄を確認してみましたが、結構楽しい作業でした。小宮さんが述べるように、指標の横のつながりを見るのがおもしろい。

この著書が発刊されたのが2009年なので、本書内での日経新聞のサンプルは「100年に1度の不況」を示す数値ばかりなのですが、今月17日の指標では、製造業の工場稼働率指数(05年を100)が09年5月の72.8から10年2月には90.1まで回復していること、また、09年4月は140.3だった製品在庫率指数10年3月には102.7にまで減少(在庫が減った)し、それに連動して生産指数09年12月でプラスに転換、以後増加を続けています。
年明けから製造業大手の回復がとりあげられていましたが、それは数字で見ても確かでした。

しかし、07年度より実質GDPが未だ30兆円少なく、「これから」という時にギリシャ不安。欧州の緊縮財政に発展すれば、円高・ユーロ安で日本の輸出はまた落ち込んでしまう可能性もあります。またドル高・ユーロ安で米国の輸出も落ち込み、輸入を縮小されてしまうと、これまた日本の輸出は減少です・・・と、これは16日の日経新聞のネタ。

・・・とりあえず研修期間中に、こういう話題も正確に理解できるようにしたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月28日

毎週月曜日に掲載される「景気指標」の読みかたを具体的に提案している。数字の羅列にアレルギー反応を示すのではなく、まずはその指標の定義を理解する。毎週数字を追ううちに、その値が示す意味、増減、歴史などを絡めて、どんなバックグラウンドがあるのか仮説をたて、一ヶ月後の日経平均とドル高などを予想できるように...続きを読むなる。

・ゼネコンが好調の時は、景気は低迷し始めている
・在庫の増え方にも善し悪しがある。
・広告扱い高は名目GDPとパラレルで動く
・企業は、業績が悪くなるとすぐに3Kを切る。
(3K=広告費・交通費・交際費)
・倒産件数が月間1500件を超えると危ない


景気指標のことはもちろんなのだが、「数字の読み方」という点においては、理系の論文の読み方にも共通する部分が多いと思った。

ポイント
1:定義を知る
2:主な数字を覚えて基準を作る
3:定点観測で時系列の変化を見る
4:一つの数字に関心を持つ
5:数字と数字を関連付ける
6:仮説を立てて経済を見る
7:数字を予測してみる

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月20日

日経新聞の見方が変わる本。重要なことは数字に表れる。
自分自身の数字を読み解くための基準を決めて、定点観測して、仮説を立てて検証していくことが大事である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月19日

景気指標欄を読むのが楽しくなった。なんだか景気指標って少し財務諸表と似ているかもしれない。数字ばかりの財務諸表を分析することで、企業の収益性、安全性、今後取るべき戦略などが見えてくる。景気指標は企業ではなく国に変わっただけ。いろんな数字を見て、分析することで景気の様子がわかってきて、国の未来が見えて...続きを読むくる。数字からストーリーを作り出すのって楽しい!

*メモ*
・東証一部の「一日平均売買代金」は三兆円あると株の売買が盛んであり、二兆円を割り込むと、市場の勢いが落ちてきたなという感じ。

・日経景気指標欄の残念なところ
日本の貯蓄率が載っていない。(アメリカは載っている。最近アメリカ人も貯蓄する割合が増えている。)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月16日

日経新聞の経済指標の読み方がわかった。
また、経済指標が読めると経済の流れがわかる
非常にためになる本
これから毎週月曜日は指標を読む日になる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月14日

一見、無機質に見える景気指標欄から真の経済を考える方法が書かれている。数字を追う事で、仮説を立て、検証をするトレーニングを通して、論理的思考力を養う事が出来る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月29日

目からウロコ。これまで、景気指標をまともに見たことが無かったが、この本を読んでからスクラップ候補の紙面に。勉強します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月12日

日経新聞の景気指標を読むための基礎知識が説明されている。
合わせて、景気指標から、現実に何が起こっているか仮設を立てて、仮説を検証する事が重要と説いている。
経済を勉強し始めた私には、とても勉強になり、刺激となった。
読み応えがあった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月10日

★日経新聞月曜日の景気指標面の見方を解説してくれる。これを頭に入れて毎週見ていれば、経済の動きがわかる。ただし2009年の本なので少し古い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月06日

これまで、日経新聞の月曜日に掲載されている景気指標欄は素通りしていた。素通りならまだいい方で、存在していることすら知らなかったと言ってもいい。
その呪文にしか見えなかった景気指標欄の見方を、本書では丁寧に解説してくれる。
個別の用語の定義を詳しく解説してくれていることはもちろん、事例もふんだんに盛り...続きを読む込まれており、実際にどのように知識を生かして情報の分析を行えば良いのかという道筋も示してくれている。
手元に、最新の新聞を置いて、自分なりの仮説を立て、景気指標欄を読むようになったのはまぎれもなくこの本のおかげ。
出版された年代が少し古いので、時代背景の理解という点では少し物足りないところはあるが、リーマンショックなど、当時の様子を数字を眺めながら考えることができる点は、歴史的な知識を補充する、基準となる節目の数字を頭に入れるという意味でむしろ貴重に思える。

正確な知識、自分なりの仮説、自分なりの検証のプロセスを経て、少しずつ数字を通して社会の動きを理解できるようになると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月07日

著者の小宮先生の講演に参加したことがあります。1時間30分の講演だったのですが、経済という、ある意味難しい話のはずなのに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。もっと聞きたいと思ったことを記憶しています。
その時のお話の一部がこの本に書いてあります。大事なのは数字を読むこともそうなのですが、自分な...続きを読むりの基準をもつことと、間違っててもよいから仮説を立てることというのがよくわかります。ここには書いてませんでしたが、当然、その時に立てた仮説が正しいか検証することも重要ですね。経済を読めるようになることはもちろんですが、「考える」トレーニングにもなる内容でした。経済を知りたいと思っている方は必読の本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月11日

久々に再読。マクロ経済学をかじってから読み返したら、わかりやすー。マクロ経済学もまた読み返さないと。
日経新聞月曜日版だけは買っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月16日

日経は購読しているものの、記事を流し読みしているだけで、経済に関する基礎知識の不足を痛感していたので、ちょうどいい、入門書になりました。

景気指標はほとんど見てなかったので、これからちゃんとチェックしようと、最近発売されたワークブックを購入して、ちゃんと勉強しようと思います。

このレビューは参考になりましたか?