【感想・ネタバレ】マグネシウム文明論のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月26日

まだ実現可能とは言えないのだろうけど、これを機会に是非進めて欲しい技術の1つ。国がもっと補助金を出しても良いと思う。

海水からマグネシウムを取り出し、太陽光励起(れいき)レーザーで製錬。できた金属マグネシウムを燃料として使用する。燃料として使用したあとに残った酸化マグネシウムは、再び太陽光励起レー...続きを読むザーで製錬する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月01日

面白い。
研究者の興奮が伝わる良書だと思います。
この情熱。こんな人が100人もいたら日本は絶対に変わりますよね。
鼓舞されました。いい本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月18日

面白かった。

太陽光励起レーザーが今後十分な成果を上げれば、海水からマグネシウムを取り出し、それを燃焼させてエネルギーの主役にすることも可能かもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月28日

まず言いたいのは、「一人でも多くの日本人に読んで欲しい!」と言うこと。

本書は脱石油エネルギー社会を「マグネシウム」で実現できると主張します。そう、小学校のときに実験で燃やした「マグネシウムリボン」のマグネシウムです。
海水から太陽エネルギーで「マグネシウム」を取り出し、それを燃やす。熱量は石油と...続きを読むほぼ同等な上に、粉状なので問い扱いも楽。
燃やすと「酸化マグネシウム」になる。これを太陽光でつくったレーザーで熱する(2万度?!)と「マグネシウム」に還元できる。
つまり、太陽エネルギーを「マグネシウム」にチャージするという発想。
これを可能にしているのが、太陽光からレーザーを作りだすレーザー媒体です。従来は難しかった高効率で変換できる媒体がなんとすでに開発済み。
何が起きるかというと、海水からマグネシウムを太陽光で作る。同時に、淡水が作れるので、一石二鳥。砂漠とかでつくると良い。つくりだしたマグネシウムを輸入。ガスとかじゃないので、輸送も簡単。現存する火力発電所のガスタービンを石油ではなく、マグネシウムで回し、発電。使い終わった酸化マグネシウムは、再度レーザーで元に戻す。
結果、エネルギーが極めて安価に、安全に手に入るという社会です。
素人でも充分理解できる文体なので安心して読めますので、是非他の方々にも読んで欲しい本。
この本の素晴らしいことは、すでに一部実現しているということ。極めて現実味のある内容で、少しでも早く広まって欲しいと思います。
なぜこれほどの内容があまり日の目を浴びていないんだろう。特許の関係もあるようですが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月18日

この驚くべき資源革命、エネルギー革命の本書が、10年1月の初版から11年6月段階でまだ第二刷と、あまり世に広まっていないのが不思議なくらいだ。
著者矢部教授の提唱する「マグネシウム文明論」否「ー革命論」が、最終章で彼の描くロードマップのように、この10年、20年、変容展開していくとすれば、この地球も...続きを読む人類も捨てたものではないのだが…。
ともあれ、ここには大きな希望があり、期待がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月25日

化石燃料に替わるエネルギー源としてマグネシウムに注目し、その研究の現状と、事業として成立させるためのロードマップについて論じた本。
マグネシウムの優位性を語る際、既存の技術との比較をデータと簡単な計算で示しているため、記述に説得力がある。
かといって、素人についていけないレベルの難しい話でもなく、全...続きを読む編を通して分かりやすい。

普通に生きているだけで、間接的にせよ環境を壊しているという負い目は感じているので、理想的な話であるにせよ、こういう非の打ち所の無いエネルギー源が普及すれば、本当に素晴らしいと思う。
また、より長持ちする携帯のバッテリーが作れたり、電線を引くのがコスト的、地理的に難しい地域でも電気が使えるようになる可能性の話など、一見地味だが、我々の生活に相当なインパクトを与えそうな話だ。
それがランニングコストが極端に抑えられた状態で、タダ同然の価格で手に入るとなれば、「マグネシウム循環社会」も大げさではないと感じる。

本書で紹介されていたベンチャー企業のページが消えていたりと多少不安は感じるが、(関連会社の方に事業が統合されただけかも?)核融合のような状況に陥らず、本書の構想の何%でも実現されることを願う。
しかし、3.11の後こういうのの研究を国を上げてやればいいのに。
既にやってるのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月19日

マグネシウム社会循環論!
熱い、夢のような構想だけど、それに向けてまっすぐ進む筆者の想いが素晴らしい。勇気をもらうとともに、自分も何か情熱を持って仕事したいと感じた。

専門に拘らず、理想を描いて、すべきことをする!行動力と実行力!

エネルギー関係の仕事をしてる人は一読すべし!

太陽光や蓄電池ば...続きを読むかり考えてたけど、大容量電池で使い捨て&リサイクルって考え方もあるのね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年03月22日

以前から読みたかった本で今回の災害前からコンセプトを聞いていた。実際に読んでみたところ、現実以上SF以下というところですね。
現在、枯渇が話題となっている化石燃料の石炭、石油に変わる新たなエネルギーの可能性としては大きく評価できる。
また、循環システムおよびエコシステムについても、最初から構想に入っ...続きを読むていることが今っぽい展開である。
この循環システムの中では、太陽光→レーザー→マグネシウム→電池→酸化マグネシウム→マグネシウムという循環になります。この中で、マグネシウムから電池を作製し電池として消費する部分に関してはすでに実用レベルですが、それ以外のレーザー生成及び海水からのマグネシウム生成がまだ実用段階まで来ていないと思います。
この部分をぜひ、少しでもサポートできればと思っております。
現在の原発問題すら変えてしまうかもいれないポテンシャルに対してはとても魅力を感じております。今後が楽しみな一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月22日

非常に面白い試み。

こんな感じでプレゼンなんかが出来れば
言うこと無しなんじゃないのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月18日

とても読みやすくなるように工夫されている。
個々の技術だけではなくて、それらを含めたシステム全体を提案している、というところが結構すごい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月16日

ここに書かれていることが本当に実現できるなら、世界の経済構造は大きく変化するだろう。 2025年の人が2010年を振り返って、「あんだけ地球温暖化って騒いでたけど、何とかなるもんだね」と言ってる様子が目に浮かぶようだ。 世間的(日本的?)にはまだ半信半疑といった反応だが、これは大いに期待できると思う...続きを読む。 2030年ごろには南北の経済格差が逆転してるかも?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月12日

マグネシウムを石油の代わりに使うという壮大な夢が描かれている。しかもすでに基本的には実現しているとのこと。なんとも魅力的な話。シンガポールや他の国に取られてしまう前に、日本として、しっかりバックアップして実用化を推し進めたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月08日

エネルギーサイクルの新しい考え方を提示してくれてはいる。
楽観的で具体性も乏しく思うが夢はある。
知っていても損はない考えであると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月24日

マグネシウム燃料電池とマグネシウム循環社会について。
燃料電池といえば水素だけど、水素の代わりにマグネシウムを用いたモデルがここまで研究されているとは知らなかった。
実現するかはこれからの展開しだいだが、モノを発明して、さらにそれを運用していくシステムまで考案する。理想の仕事っす。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月20日

エネルギー問題と水問題を一気に解決する手法である。原発がこうなった今、もう少し注目を集めても良いかと思うが、マグネシウムとレーザーによる発電を主張する人は寡聞にして知らない。
色々な数字で裏付けられた主張は、本当にこれで行けるのではないかと思わせてくれる。(ただしマグネシウムの価格が安くなる事等の条...続きを読む件があるが。)このような条件がクリアすれば画期的なこととなり、それこそタイトル通り「文明」となるのではないだろうか。今後の研究成果が楽しみである。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月09日

石油が枯渇してしまう日は刻一刻と迫っていて恒久的ではないので文明社会を継続していくには新たなエネルギー源や我々の住む地球環境へのリスクや負担を減らす新たな技術というのが必要となってきます。
矢部氏、山路氏の研究は次代のエネルギー開発の先駆者となることだと思います。
作中まとめ
石油、石炭は安定供給が...続きを読むむずかしく環境問題を抱えている。年間の世界エネルギー使用量は石油換算で100億トン以上。太陽光発電だけでは石油代替は難しい。水素は運搬貯蔵が難しい。
海水からマグネシウムを取り出しレーザーで製錬、燃料として使用して生じた酸化マグネシウムを再度マグネシウムに製錬しマグネシウム循環システムの構築。
レーザー製錬法は建設コストはかかるがランニングコストがゼロに近いため価格的に優位。海水中には1800兆トンのマグネシウムが含まれている。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月22日

[ 内容 ]
石油の次のエネルギー資源は何か?
太陽電池で日本のエネルギーを賄おうとすると、国土の六割を覆う必要がある。
水素社会なら地下が水素貯蔵タンクだらけ。
リチウムイオン電池を載せた電気自動車が普及すると、リチウム資源が不足する。
さらに、今の造水法で世界的な水不足に対応するには、世界の電力...続きを読むを五割増やさねばならない。
この状況を突破する解こそ「マグネシウム循環社会」である。
『タイム』誌で二〇〇九年Heroes of the Environmentに選ばれた、二酸化炭素二五%削減も実現する新技術を公開する。

[ 目次 ]
第1章 石油文明に代わるのは、自然エネルギー・水素社会か?
第2章 太陽光からレーザーをつくる
第3章 レーザーでマグネシウムをつくる
第4章 マグネシウムを燃やす
第5章 海水から淡水とマグネシウムを取りだす
第6章 マグネシウム循環社会がやってくる

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月24日

名前からして男心をくすぐる「太陽光励起レーザー」。これを利用する上で技術的な側面の目処が立っており、化石燃料に代わる新しいエネルギーとしてマグネシウムを提言している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月10日

石油に代わるエネルギーとしてマグネシウムを提案する斬新な本。
実現可能性に少し疑問もあるが、マグネシウム循環社会の構想自体は理に適っている。

以下、本書の要旨

海水中のマグネシウムを取り出し、太陽光励起レーザーで製錬。マグネシウムを燃料として利用し、生じた酸化マグネシウムをレーザーでマグネシウム...続きを読むに製錬して再利用するというのが「マグネシウム循環社会」の構想。希薄な太陽エネルギーを、太陽光発電よりも低コストで集め、できる限り損失を小さく循環させることが可能となる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月01日

ほんとだったらかなり面白い。一応の筋は通っている。実現が楽しみである。一部はすでに実用化に向けて動いているらしいので、そのうちニュースになるかも。

このレビューは参考になりましたか?