【感想・ネタバレ】お役者文七捕物暦 江戸の陰獣のレビュー

価格 440円 (税込)
3.5
2件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ちょっとマイナー…な上に内容が色々アレなのもあるので…引かれそう(笑)とある素敵サイトでこの紹介を見つけて本屋を10件近くはしごして全巻そろえました。<ネット購入という手段を考えない。(1.「蜘蛛の巣屋敷」2.「比丘尼御殿」3.「花の通り魔」4.「謎の紅蝙蝠」5.「江戸の陰獣」)癖のあるキャラクター...続きを読むが面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

お役者文七シリーズ

『狒々と女』
  狒々の入った檻と流されてきた女。女のライヴァル芸者の死の謎。

『江戸の陰獣』
  絵描きの家に出向いた女の死。江戸の町に暗躍する「陰獣」の謎。

『恐怖の雪だるま』
  雪だるまの中から現れる死体。

2009年1月7日初読

このレビューは参考になりましたか?