【感想・ネタバレ】水着のヴィーナスのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年03月13日

六編から成る短編集。『愛される女』『東京タワー』『水着のヴィーナス』『男娼』まで読み、女性達の日常に潜むアバンチュールを扱った短編集かと思った。ここまででは表題作が少し面白いくらいだった。

しかし、『娘の部屋』を読んで驚いた。この作品だけは他の作品とは趣きが異なった。親娘の深い絆を描いており、本当...続きを読むに素晴らしかった。読み終えて涙がこぼれた。

ラストの『雪の夜のビターココア』も前出の四作と同じ趣きの作品。

『娘の部屋』は秀逸。この作品だけでも読む価値はある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月04日

表題作「水着のヴィーナス」の高級スポーツクラブでの主婦たちの派閥争いが、意外性もあり面白かった。

この作家さんは、題材は林真理子と似ているのだが、軽さがないというか、ゆとりがないというか、読後感があまりよくない。
でも読んでしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月11日

6つの短編集
5つの恋愛ものと1つの父娘の話

「愛される女」は優しいハンサムな夫がいながら上司と不倫。最後にぞっとさせられた。

「水着のヴィーナス」は女の妬みの恐ろしいさを感じた

「娘の部屋」は不器用な父娘の話父親の不器用な優しさが伝わった切ないけどあたたかい話

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月03日

Venus wearing the swimsuit. sound heavy. i don't know the women ever.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月01日

表題作を含めて、6作のドロドロした恋愛短編小説が収録されている。平日昼間に繰り広げられる、高級スポーツクラブでの有閑マダムの派閥争いの話が一番面白かった。

このレビューは参考になりましたか?