【感想・ネタバレ】論理学入門推論のセンスとテクニックのために NHKブックスセレクション のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

論理学の楽屋裏

かんきせん 2018年08月18日

論理記号の効率的な体系について述べられている本では
ありません。論理学の楽屋裏を丁寧な議論で述べた本だと
思って下さい。

記号論理学の記号列の扱いなどは触れていません。
そういう記号列の扱いの本を読んで、どうして
こんな事をするのだろうと思った人が読むといい本
ではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月03日

何度読み返しても興奮する。

第Ⅱ章のロジックはなかなか目にすることはない。
人間原理「ここは人間がいることを許す世界である」
と平凡の原理「私は平凡である」を足すと
一般人間原理「ここは人間がいることを許す世界のなかで平凡である」になる。

ここから、地球外に知的生命体はいそうにないとか、宇宙植民...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月15日

面白い!でも難しい…特に後半。永井均の反論としてこれは有意義なのかなぁ…?検討が必要かと。
『可能世界の哲学』でもそうだったけれど、ブックガイドが地味に優れていると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月03日

論理学初心者にとっては、入門書と思って読むと、時に難解さに打ちのめされる。後半展開される「人間原理」の概念には、驚嘆の一言。呼んでよかった、と思わせる久々の書である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年12月09日

 本書は、第?章で記号論理学の基礎を学び、その応用として第?章で、現代科学の基礎的な方法論である『人間原理』を論理学的観点から解説・検討するという構成になっている。

 「論理学入門」という書名とは裏腹に、本書の重点は第?章の『人間原理』の論理学的な解説にこそある。第?章もそのために必要な事柄を中心...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月12日

[ 内容 ]
「なぜ、人を殺してはいけないの?」「地球外知的生命は実在するだろうか?」―論理的に考えると、どのような回答がもたらされるか。
演繹、帰納、背理法など、推論のテクニックを豊富な例題とともに紹介しながら、現代論理学の基礎をわかりやすく解説。
明晰な思考のためのトレーニングであるのみならず、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年03月13日

独我論への批判を形式的におこなったことで有名な一冊。「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いに論理学から答える挑戦的なトピックまで!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年11月07日

一言で言えば、難しいです。
ただし、読むだけの価値はあります。人間の頭は凄いです。論理記号でどんな事も考えられるのです。自然科学から枝分かれした西洋学問。読んでいると、「やっぱり昔はみんな一つの学問だった」と思えてきます。論理って本当に凄い創造物です。なんか数学が楽しくなってきた!!!
これは本当に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?