【感想・ネタバレ】臆病な女神のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

もう一捻り!

ik 2014年06月05日

知り合って間もない二人がお互い歩み寄り、特にヒーローに至っては、傷ついたヒロインをいたわりヒロインの心の壁を壊していく様は、本当のヒーローで良かった。ロマンスは★4つ。
サスペンスについては、もう一捻り欲しかったかな。兎に角登場人物が多い。犯人はえって?いう人が良かったよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月16日

パトリシアFローレルの描くヒーローは
優しくて理解があって理想的だね。
でも、ミステリー作家としてはいまいちだね。

ヒーローも優しく理解がある素敵な人物で、
ヒロインも過去に傷を負いながら懸命に生きようとする
好感のもてる、素敵なヒロインなのに......!!

どうして
ミステリーに重点をおいて...続きを読むしまうの!?
何かこうもっとさ、違うドキドキハラハラ感を期待してるのに。
描いて欲しいのはそういうとこじゃないのにっっ!!
っていうもどかしさの残る作品でした。

必要とする方がここを通るか分からないけど、
これから読む方の為に...。
(読んでる内に訳分からなくなってきたので自分用にまとめたものを)

ミス・キースレイ(アイアンサ):ヒロイン
ダンカン男爵(ロバート):ヒーロー
バーンサイド:古株男性使用人
フェラー:古株男性使用人
サーズビー:古株男性使用人
ヴィジャヤ・サバラ:ヒーローの友人、インドの王子
サミュエル・ブロートン(サム):ヒーローの従弟
ロズリー卿:ヒロインの父
トーマス:ヒロインの弟
ナサニエル:ヒロインの弟
ヴァレリア:ヒロインの妹
ジョン:ヒロインの兄
シャクティ:ヒーローの亡き妻
ラキ:ヒーローの亡き娘
レディ・ダストン:ヒーローの叔母
ミス・カーライル:ヒロインの近所の娘
ミス・クリフトン:ヒロインの近所の娘
ミス・ファーラム:ヒロインの近所の娘
ミスター・ウェルイン:ヒーローの仕事仲間、銀行家
スティーブン・ワイコム:ウェルインの補佐役
ホレイス・ラウンズ:ヒーローの知り合い、内務省の役人
アルトン卿:ホレイスの父
セバーガム男爵:ヒーローの知り合い、海外帰り
ケンダル卿:近所のジェントリ
コズビー・カロック:近所のジェントリ
キルブライト卿:コズビー・カロックの父
モリー:ヒロインのメイド
ダニエル:モリーの恋人、ヒロイン実家の使用人
ハリー:ヒロイン実家の使用人
ゲイルズビル:ヒーロー宅の執事、新株
カミーユ:ヒーローの宅のメイド、新株

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月15日

雪崩がおきそうな時に、紳士が親切心でレディに声をかけたら
何と銃を突き付けられ?!
軽妙な会話からはじまります。
甘いロマンスかなと思っていたのですが、
女性は男性に非常な警戒心を抱かざるをえない事情があり・・・
と、考えさせられるものでした。
今も昔も女性が暴力にさらされる危険はあります
危険な目...続きを読むに合わないことも大事
危険な目にあった場合、どう立ち直るかも大事
べたな展開と言われるかもしれないですが、ヒロインが
愛されて立ち直っていくハッピーエンドに安心します。
ミステリー色は薄いです。
あれ、こんな終わり方しちゃったかというところもありました。

このレビューは参考になりましたか?