【感想・ネタバレ】京大というジャングルでゴリラ学者が考えたことのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年04月02日

大学における論点が明確にまとまっている。世界の大学事情もよく分かった。
「京都大学の知を生かすために」に書かれた、西田哲学と今西自然学(霊長類学の始祖である今西錦司)の共通点、「あいだの論理」、四論(レンマ)、ハレの世界とケの世界、「見立て」などはとても興味深い。
「古くて新しい思想」を利用して、世...続きを読む界を再構築することこそ、大学の役割ではあるまいか。との筆者の意見に納得。
この10年で、いまある職業の半分がなくなると言われている。それを見越して、まだ現れていない夢を描き、それを現実にできる能力を磨くためのヒントといえるだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年03月12日

「第5章 私の教育論」で著者が述べている"高い共感力を育む教育"は非常に重要な視点だと感じた.人間の子どもの危険な時期が、長い離乳期と不安定な思春期であり、その時期に適切な教育を受けれるように配慮することが、人間社会の形成に重要である との指摘は的を得ていると思う.示唆に富む提言...続きを読むや、苦労話も含めた広範な活動記録も面白かった.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月14日

京都大学総長を務めたゴリラ学者が、自身の経験や大学論、未来と学術の関係等について論じる。
2004年に国立大学が法人化され、国の財政から切り離されて予算が不足したり教員の業務が増えたりといった弊害が生まれた。
アフリカでのゴリラ研究のフィールドワークの体験談も面白い。アフリカの学生に学位を取得させる...続きを読む努力家も。
教育は贈与。人間には家族とその外の共同体があるが、ゴリラには家族しかない。人間はジャングルを出て直立二足歩行によって食物の運搬と分配をすることで高い共感力を有するようになった。その結果家族を越えた共同体が生まれた。
オーグスタン・ベルクのコスモス国際賞受賞時の「西洋近代の古典的パラダイムは二元論お拝中律に基づき、必然的に近代性と工業化をともなったがために人間存在を脱宇宙化した。再宇宙化には新たな思考のあり方が必要」という講演を引用、和辻哲郎や西田幾太郎を紹介している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年04月21日

著名なゴリラ学者が、本質的な思考でもって、教育や大学の在り方について語る。ベーシックではあるが、しっかりと響いてくる。

人間の進化の戦略の中で、離乳期と思春期が生まれた。この時期を一人で乗り切ることはできない。だから、人間にとって、教育は本質的に必要なものだ。そして、未知への挑戦をする大学という場...続きを読むは、公共財なのだという認識が必要だ。大いに納得。

このレビューは参考になりましたか?

「社会・政治」ランキング