【感想・ネタバレ】遠きに目ありてのレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

グッズ純平 2020年03月21日

障がいを持っている人に対しての目がやさしい。ミステリとしても楽しめおもしろく、心がほっこりする小説だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月09日

前読んだ「大誘拐」と違って、出てくる人達は普通の人達のはずなのに、ちょっと変わってて面白い。
ユーモラスなのに人情味のある温かい雰囲気が好き。
あとがきにも、そんな著者の人柄が出ている。

発想の元になった仁木悦子さんの小説も読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月14日

名探偵が身体障害者の少年であるという変り種の作品です。例え口があまり利けず、体の機能があまり動かなかったとしても、少年には鋭い洞察力がある。事件の話を聞きながら彼だからこそ気付いた素朴な疑惑にただただ感心するばかりでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月05日

この本の根っこにあるのは、仁木悦子さんの『青じろい季節』というミステリーである。それ自体は個人的にあまりおもしろい話とは思わない。しかし、ちょい役で強烈な個性の少年が登場する。それはちょっと頭のいい脳性麻痺の少年である。他人とコミュニケーションをとるのも大変で、一人では殆どなにもできない。しかし、存...続きを読む在が非常に清清しく何となく気持ちがいい。

そして、その少年を気に入った天藤さんが仁木さんに許可をもらい、その清清しい脳性麻痺の少年を主人公にしたのがこの作品である。ひといきに、安楽椅子探偵もの・・・のくくりにはいれられない何かがある。

この作品の素晴らしさは、ともすればただの福祉奨励小説になりそうな設定をさらに膨らませ、そうである必要性を持たせているところにあると思う。車椅子の少年は、捜査につまった警部の話を聞くだけで真相を言いあてた。

それは、少年が超能力を持っているわけでも異能の人だからでもない。ただ単に、人の話をきちんと整理できるからに他ならない。少年にとって母親以外の人間の言葉というのは非常に貴重なものであった。それは、ともすれば狭くなりがちな自分の世界を照らす光だからである。

他人ときちんと向き合い、他人の一言一言を大事にしている。そういう少年だから・・・。そう、だからこそ見抜いたのである。数多い・・・多すぎる証言の中で『なにが言われていないか』を。それは捜査官の死角であったかもしれない。けれど少年はそれを発見した。

そして、そういうコトを積み重ねて少年は少しずつ世界を広げてゆく。より遠くへと・・・。

実はこの作品はミステリーだけでなく思春期の少年の成長を描いた小説でもある。いちばんの注目は警部と少年のお母さんの不器用な恋愛模様。そして、それを見つめる少年の複雑な心模様なのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月21日

警部の真名部はある縁で小児麻痺で車椅子の信一少年と、その母咲子と知り合う。
信一少年は実に鋭い観察眼で、警部の語る事件の様相から真相を充てる。
警部はこの母子と会うことを楽しみにし、いつか本当の家族になりたいが、自分の心構えがまだまだ足りないんだよな…と思う。
各話では、日本は車椅子の人が出歩くには...続きを読むあまりにも不便だ、と問題提議している。
当時の日本はバリアフリーという概念も薄く、聡明な少年も同じ年の子たちと自分を比べて気分が暗くなることもあるが、そんな少年に対して、警察官たちが車に工夫をこらして少年と接する姿が優しい。

元は仁木悦子「青じろい季節」に脇役として出てくる少年とその母を作者の天藤真が気に入り、許可を得て自分の作品で主役にしたものらしい。

【多すぎる証人】
団地の中庭でママさんバレー練習中、メンバーの津見よし子の夫が3階のベランダへ這い出てくる。彼は刺されて虫の息で、妻に最後の言葉を伝えて息絶える。
証言を取りに行った真名部警部は、多すぎる目撃者たちのバラバラすぎる目撃証言に戸惑う。
それをある縁により知り合った小児麻痺で車椅子の信一少年に話すと、少年は見事な推理を提示するのだった。

【宙を飛ぶ死】
同窓会の参加者の井沢がホテルから姿を消す。
駆けつけた井沢の婚約者は、井沢の抱えた問題を警部たちに伝える。
捜査が行き詰った時、警部は前回の事件で鋭い観察眼を見せた信一少年のことが思い浮かぶ。

【出口のない街】
やくざとの繋がりを噂され左遷されてきた赤沢巡査。
彼は執念で自分の無実を証明するためのヤクザ、岩堀を探している。
ある街で岩堀を見つけた赤沢巡査。
しかし出口のないその路地で岩堀は死体となって発見され…

今では信一少年のことは捜査陣でも知られるようになり、
家から出られなかった信一も事件現場を生で見たがる。
車椅子の少年を家から出すため警部たちは考えをめぐらす。

【見えない白い手】
資産家の未亡人が、甥に命を狙われていると警察に相談に来た。
「我々の仕事は市民を守ることです。起きる前の事件の相談でもどしどし来てください!」という真名部警部だったが、起きる前の事件に裂ける人数は限られて…

【完全な不在】
信一少年は、警察に捜査協力する小児麻痺の少年として警視庁でも有名になり取材を受けるほどになっていた。
その信一の前で、元大物俳優の大宮と真名部警部が殺人論について議論を交わす。
そしてその大宮の家で死体が発見され…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月11日

くどくなるが、この作家も創元推理文庫で作品が出ていなかったら、全く手に取ることの無かっただろう。そしてその出会いは私にとって実に有意義な物となった。

本作は脳性麻痺で車椅子生活を強いられている信一少年が成城署の真名部警部が持ち込む捜査が難航している事件を明敏な頭脳で解き明かすという典型的な安楽椅子...続きを読む探偵物の連作短編集。しかし特徴的なのは安楽椅子探偵を務める信一少年が身体障害児であり、それに関する社会問題も提起しているところにあるだろう。収録されている短編の初出はなんと76年と30年以上も前のことながら、90年代になってようやく人々の意識が向きだしたバリアフリー不足の問題など、障害者が社会では生きるのには厳しい状況について触れられているのが興味深い。今その視点で読むと、既に使い古された内容と感じるかもしれないが、私が本作を読んだのは90年代の初めの頃だったので、このような内容は実に新鮮で、けっこう心に響いた記憶がある(まだ純粋だったのだね)。この信一親子にはモデルがあり、なおかつ天藤氏が当時から親交の深かった仁木悦子夫婦との付き合いも手伝って、身障者を主人公にしたミステリを書いたことが解説で触れられている。

で、それだけのミステリかといえばそうではなく、収録されている作品のレベルはなかなかに高い。単純なミステリになっていなく、読後考えさせられる内容もある。
どの作品か忘れたが、特に印象に残っているのは肯定できる殺人はあるかというテーマの作品。殺人は許されるものではないという通念を覆されるような思いをしたものだ。
あとどう考えても本当のような話に思えない証人を探す話は、なぜだか未だに記憶に残っている。

そして全作品に通底するのは天藤氏の人間に対する温かい視線だろう。前にも述べたが身障者に対する社会へのさりげない問題提起に、真名部警部と信一親子との交流(母親に対するほのかな愛情も含めて)と社会的弱者に対する優しさに満ちている。この感覚は宮部みゆき氏の諸作の味わいに似ている。数十年後、作者の写真を拝見する機会を得たが、その顔は優しき微笑を湛えており、この人ならばさもありなんと思ったものだ。
無論のこと、この作家の作品を追いかけることになるが、次に手にした彼の作品が私の読書人生において5本の指に入る傑作との出会いになったのだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月14日

俗に言う『安楽椅子探偵』モノ。
とはいっても探偵役は脳性麻痺の車いすの少年。
30年ほど前の推理小説です。
30年と一口にいっても障害者に対する社会が現在とかなり違うという点に気がつきます。
公的に障害者の生活しにくい環境だったのでした。
警察署や交通機関なども利用しにくかったなんて。

内容はネタ...続きを読むばれになるのでここには特に書きませんが
天藤真という作家さんを薦められて。
故人だったのですね…
有名な「大誘拐」を機会があったら読んでみようと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月27日

「ミステリ十二か月」より。表紙が違うけど。これが1976年という、私が生まれる前に書かれたというのが、すごいよな。脳性まひの少年が探偵役。身障者が外出できない、というのがこんなにもか、というほど如実。36年の進歩は大きい。テレビのリモコンすらなかったんだから。でも今でも身障者の外出はやっぱり大変なん...続きを読むだろうな。推理だけでなく、そういうとこも考えさせられるお話。5編の連作短編集。最後の「完全な不在」が一番面白かった。ここまで手の込んだ犯罪、現実に起こっても見破れる人はいないんじゃないか。つーか、他人が成り変わるなんて成り立たないか。この人のやつ、他にも読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月21日

いろいろと考えさせられる本だった。
仁木悦子氏の本の登場人物が主人公っていうのも不思議。
時代はウルトラマンタロウのころかな。
大きな団地での事件があったり、ゴミゴミした下町?での事件があったり。

真名部警部が下心ありありで通う岩井家。お母さんが美人で素敵、居心地もよさそう。
重度の脳性マヒでほと...続きを読むんど体の自由がきかない、言葉も慣れない人には聞き取れない。そんな少年、信一くんに最初は気晴らしに外の世界の話を始めたけれど、聡明な彼はどんどん事件を解き明かしていく。
どの事件も、そんなに難問でもないから、割とすんなり犯人はわかってしまうんだけど。
じわりじわりとこの時代にハンディキャップを持ってるということの悲しさ辛さが伝わってくる。
まだまだなんだろうけど、この頃に比べたら世の中もだいぶ良くなってるんだな。
二ヶ月外出してないとか、車椅子で乗れる車はまだ国内にはないとか。
四月病が切ない。
そして、最後の事件は後味悪いなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月21日

 小気味良いテンポで進む推理連作短編。
 書かれたのは1976年である。
 だけれど、今読んでもそれほど古さを感じない。

 車椅子に乗った少年が探偵役なのだけれど、少年の聡明さはもちろんのこと、周りの人物たちの視点もやわらかい。

 けれど、少しだけ思ってしまう。聡明じゃなかったら駄目なのかな……...続きを読むと。ただ、在るだけですばらしいと言えたらもっといいのにな、と、ね。小説にならないかもしれないけどさ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月09日

仁木悦子にインスパイアされて生まれた車椅子少年探偵。警部との温かい交流も好きだし、盲点トリックも好き。少年が外に出るときの興奮具合も読んでてはっとする。作者の、人に対して厳しいところと優しいところが好きだけど、これは優しい部分がすごく出てて、嬉しくなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月31日

成城署の真名部警部は近くに住む顔見知りの作家の紹介で脳性マヒの少年、信一を知る。
少年の家を訪ね彼と語り合ううちに少年の知性に驚いた警部は、たまたま抱えている難事件の話をしたところ、少年は車椅子に座ったままで事件の真相を言い当ててしまった。

タイトルに惹かれて手にとった文庫本だったのだが、また新し...続きを読むい名探偵を知ることができた。
安楽椅子探偵なんだな、という認識で読み始めたのだが、完全に自宅の車椅子の上で解決した第一話から始まって、信一少年が少しずつ外の世界に出て行く様がまた考えさせられる。真名部警部が彼の友人となったことにより、少年の世界もまた広がっていくのだ。(2004-04-30)

収録作品 [多すぎる証人] [宙を飛ぶ死] [出口のない街] [見えない白い手] [完全な不在]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月15日

安楽椅子探偵モノの連作短編5作。どれも不可能犯罪を扱っており、謎の提示から解決までの流れが素晴らしい。
基本的に、警部から伝え聞く話だけで事件の真相を理詰めで解き明かしていく様は見事。
個人的には「出口のない街」「見えない白い手」が好み。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

成城署の警部である真名部は、とある縁で知り合った重度の脳性まひ患者の少年・岩井真一の聡明さに瞠目するようになる。

手ほどきしたオセロは瞬く間に連戦連敗の有り様だ。

ある日、少年との約束を反故にお詫びにと、目下の難事件の話をしたところ……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

宮部みゆきも北村薫も、この天藤真がいたからこそ出てきたのではないか、と思う。
特にこの「遠きに目ありて」を読むと感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月06日

仁木悦子夫妻という個人的に親しい人たちへの想いもあったのでしょうが、障害者が生きにくいこの社会に対して、少しでも変わっていってほしいという強いメッセージがこめられた作品。作者の姿勢に敬意を表して★四つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

「坂木司好きは、いずれ辿る道」なんでしょうねきっと。 坂木司の文庫の解説につられて読んでみました。まさに『仰る通り』でした。でも、天藤真も好きだからちょうど良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

「大誘拐」も傑作だけれど、これ以外にも天藤真にはいい作品がたくさんある。この作品の「目」は、光は見えないけれど透徹した、優しい目だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

これは凄い。各短篇のアイディア、トリック共にとんでもなく優れている上にユーモアも盛りだくさん。さらに障害者の話まで盛り込まれて贅沢この上ない。探偵役の子が脳性麻痺なんだけどそんなことを感じさせないくらい生き生きと書かれている。でもそんな中に社会への皮肉も。久し振りに感動できる作品に出会ったような気が...続きを読むする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月11日

天藤真推理小説全集を少しずつ集めながら読んでいく次第。まずは一巻が手に入っていたので本作からスタート。
推理自体は派手さはなく、スッキリまとまっている印象を受けました。安楽椅子探偵ものとしてストーリーの流れもフォーマットにはめて、良い意味で安心して読める感じ。こういう短編集はやっぱり大事だなぁとしみ...続きを読むじみ思える内容でした。
特筆すべきはやはり、探偵役の信一君が脳性麻痺の障害者である点でしょうか。信一君の言動の描写には著者の愛を感じる一方で、社会的な批判には切れ味がみられます。
安楽椅子探偵という手法も、この設定に上手く作用しているように思えます。犯人像が複数の目撃談から浮かび上がる際、 証言者達の世界と信一君の世界はある意味で切り離されていて、推理はするものの、決して交わらないように物語は進みます。徐々にに関係性は変わっていきますが、それでも障害者の社会進出にはまだまだ深い溝がある時代、信一君の視点は遠く、その目から事件を、人々を、社会を見つめているようにも思えます。

このレビューは参考になりましたか?