【感想・ネタバレ】ボーナス・トラックのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年12月25日

越谷オサムのボーナス・トラックを読みました。

ハンバーガーのチェーン店に勤務する社会人3年目の草野は車で真っ暗な道を帰宅する途中、ひき逃げの現場に遭遇します。
そして加害者の黒い車は逃走してしまいます。
被害者の大学生亮太は即死でしたが、草野にはなぜか亮太の幽霊が見えてしまうのでした。

亮太は草...続きを読む野の勤務先について行き、そこでアルバイトの大柄な大学生南と出会います。
南は幽霊が見える体質なので亮太を認識し、草野・亮太とひき逃げの犯人を捜すことになります。

陽気な幽霊亮太、生真面目な草野、幽霊嫌いだけど亮太の手伝いをすることになる南など登場人物の掛け合いを面白く読みました。
エンディングでネタばらしがあった後、ある場面を再度読み直して確認したくなったのですが、みんなそうなのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月05日

全く期待せずに読んだら、これが面白い。悲惨な話なんだけど、すごくほっこりするんだよねえ。こう云う人ばかりだといいのになあ~ この作者の本、ちょっと読んでみよう。「陽だまりの彼女」の作者なのか・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月22日

ついてない大学生が夜車に轢かれて死んでしまい、たまたま居合わせた男にくっついて犯人を見つけようと遠回りしながら頑張る話。出てくるひとがみんないいひとで個性的で楽しいです。もうちょっと大切に日々を過ごそうという気持ちにさせてくれるお話でした。最後はありきたりかもしれないけれど感動です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月09日

主人公が幽霊というファンタジーのような設定の反面、実は意外と人間味溢れたお話。
登場する魅力的なキャラクターたちで展開も純粋に面白く、世界観に引き込まれて一気に読めてしまう。
越谷オサムの作品は心境変化の描写が上手くて、登場人物が成長していく様子が楽しい。
読み終わったあともスッキリとした気持ちにさ...続きを読むせてくれる越谷オサム作品の特徴もあり素敵。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月05日

息抜きのつもりで読んでみたら、ちょっと前向きになれました。また更に、これが全く実家の近所の出来事。そういえば学生時代に大型ショッピングモールでバイト(ドーナツ屋だけど)で夜から朝まで仕事してた。なんか身近に感じる一冊になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月23日

かる~く読めるのに、楽しくて感動する内容だった。

死んだら?
幽霊が見えたら。
今とは違う感じ方なんだろうなと思う。死んだら、客観的に見れるけど。知っている限り、生きているからこそ出来ることだらけ。

だけど、もしボーナストラックがあるなら。先に死が訪れた方に来たらいいなぁと思う人が居る。挨拶だけ...続きを読むでも出来たら良いなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月16日

淡々としつつクスッとさせられる文体、
飄々としたキャラクターたちと、
作者の真骨頂...と思うが、これがデビュー作とは。
パチンコ屋の女の子のシーンとか、
ついウルっとさせられてしもた(^ ^;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月23日

本当は悲しい物語である。不慮の事故で死んでしまった若者の無念は、相当に重くて深い。
でも、作品の雰囲気はカラッと明るい。巧妙なキャラクターの造形と、テンポある会話文が見事にはまっている。
おまけの人生という意味でのこのタイトルだと思うが、生きていれば有り得なかった出会いが、宝石のようにきらめいて美し...続きを読むい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月28日

会社員の草野は、雨降る夜にひき逃げを目撃。その日から、ひき逃げされて死亡した亮太につきまとわれ、幽霊との同居生活が始まる。草野の職場のバイト南君も巻き込み、ひき逃げ犯捜索のため、空いた時間にパトロールを開始する。ひき逃げ後、草野が救命を行う場面や暗い道で死体と二人きりの場面はホラーのように恐ろしかっ...続きを読むたのに、視点が変わっただけで笑えた。ホラー映画からお笑いコントに切り替わったみたいに。葬式で親類が泣く場面も、シリアスなのに笑えてしまって、笑いどころが一杯あり面白い。周りの人も温かく魅力的。タイトルがピッタリ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月21日

普通の人生を送ってきた若者がひき逃げあって命を落としてしまう。
人は死んだらどうなるのか?
もし、このストーリーのようになるのであればいいな~
と思える内容でした。
死を暗く受け止めるのではなく、明るくて表現されていて
面白く感動する作品でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年07月21日

これは、多分悲劇だとおもう。
最終的に救われはするんだけど、やっぱり悲劇だとおもう。

お父さんやお母さんにわかってもらえない悲しみ。
そして寂しさ。
親戚を悲しい顔にさせてしまった寂しさ。

そして、自分が生きてる間それを漠然と受け取ってきたことへの悔やみ。

その後、ある意味事故で知り合った全く...続きを読む関係ない人たちと、最後に色々ふりしぼって、今まで失ってきたものをとりかえすように、濃い付き合いを行い・・・そして、やっと満足できて成仏していく。

そのプロセスが、ものすごく情を中心に書かれていてとてもその繊細な動きが大好きでした。

最終的には、自分をこんなふうにした犯人を捕まえることができてうれしいんだけど、きっとみんなで力を合わせて、達成したことが・・・うれしかったんだろうなと思いました。

ラストはもう涙なしでは見れない!
あと、恋愛的なのは少なめです。どちらかといえば男くさいです(笑)
そして、例によって、すこし主人公がやっぱり下衆です!!!w

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月25日

好きな作家のデビュー作。なかなかタイミングが合わなかったがようやく読めた。   
デビュー作から人の心に染み入る良い話を書くなぁこれ。   
あんまり多作じゃないのが残念ではあるが、一作一作がとても良い話。   
『ボーナス・トラック』、良いタイトルだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月29日

やっぱり越谷オサム作品は爽やか青春だね!
作品の中ここかしこに散りばめられたロック節もロック好きにはニヤリとさせられてグー!
最後はちょっぴりおセンチ気分になれるのもまた良いね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月15日

物語のテンポが良く読み進めやすい。特に良太のキャラクターがコミカルで面白い。がっつりミステリーかと思ったが、人間模様を描いている部分が多い。どの登場人物も個性的で、一度登場したらイメージが出来上がり忘れない。魅力的だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月09日

幽霊となった主人公その2の
自身の葬儀から逃げても揺らぐことない
女性の着替えを覗こうとも思わない
どこか欠けているキャラクタが面白いが
それも含めて以前別作品に感じたと似ている種の
NHK「青春アドベンチャー」ラジオドラマのような変な上品さが特徴
あちらは深く入り込まないところが「上品」ぽさだった...続きを読む
こちらは雨の降らない乾いた冬空の「上品」
ただ雨の真夜中に歩道もない道路を歩いていたら
轢かれても仕方ないんじゃないかと思わないでもない
そういう話ではないけれども

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月06日

評価は4.

内容(BOOKデーターベース)
草野哲也は、雨降る深夜の仕事からの帰り道、轢き逃げ事故を目撃する。雨にさらされ、濡れた服のまま警察からの事情聴取を受けた草野は、風邪をひき熱まで出てきた。事故で死んだ青年の姿が見えるなんて、かなりの重症だ…。幽霊との凸凹コンビで、ひき逃げ犯を追う主人公の...続きを読む姿を、ユーモアたっぷりの筆致で描く、第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞の著者デビュー作。

最後成仏できて良かった良かった・・・と言う前に20歳そこそこで死んでしまった亮平のご両親を思うと・・・成仏できて良かったね。とは終われなかったのが本音。しかも、親は見えないし・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月14日

日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞受賞作
亮太も草野も南兄妹も野尻(首コキコキ)も登場人物が良いヤツばっかだった。
読んでて色々な感情が湧き上がるし、読んだ後はホッコリした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年08月28日

ある日ハンバーガーチェーン店で働く草野が仕事帰りに
ひき逃げを目撃したことで、そのひき逃げされた被害者が
幽霊になって草野の前に現れる・・・そして草野と
被害者である横井亮太の犯人探しが始まる。これだけ聞いたら
怖い話にもなりそうですが、とにかく明るい幽霊の横井亮太。
その二人を中心としたさまざまな...続きを読む話が展開されていきます。
個人的には最後は凄くしんみりしちゃいました。
タイトルになっている「ボーナス・トラック」の意味が
説明されていましたが、あぁ~そういうことか!
でもそれなら僕もそうなったときボーナス・トラックが
あればなんて思いました。
悲壮感なきミステリー小説そんな感じでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月02日

草野さんと私は似てるなぁと思ったけど、きっとこういう人は多いんじゃないかな。

仕事に疲れた私たちには、亮太みたいな友達が必要だ。

「もっと周りを信頼しなよ」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月20日

ハンバーガーチェーンに勤める草野さんと幽霊の生活のお話。草野さんと幽霊亮太くんのやり取りが漫才みたいで面白い。本当は悲しいお話だけど、どこかほんわかしていて読後感がとても良かった。

このレビューは参考になりましたか?