【感想・ネタバレ】夢の浮橋のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月25日

テイストは、『鍵』や『老人瘋癲日記』に近い。いかにも谷崎すぎて、ちょっとやりすぎでは、とも思うが、谷崎的なものを求めて読み始めた者にとっては、期待を裏切らない作品である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月11日

延々高血圧の話を書いているだけなのに、どうして読んでしまうんだろう。
『夢の浮橋』は言わずもがな。源氏物語に想を得たストーリーをこれほど短い小説に結晶化してしまうとは。
しかも源氏と自身を重ね合わせて。
もはや脱帽。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月30日

読書会の課題本。前半の実母への恋慕や関わりは、自分の子どもの幼いころを思い出して共感しつつ読んだが、後半の継母との関わり、父子二代に渡っての想いの共有、妻澤子を迎えるくだり、「母に仕えることを唯一の生き甲斐にして、外に何の幸福も要らぬ」「お母さんを仕合わせにするためには、お前が嫁をもらう必要がある」...続きを読むあたりは、やはり前回読んだ谷崎本同様、若干ひいてしまう。
一緒に収録されているエッセイの方が私にはむしろ面白く読めた。元々、エッセイが好きということもあるが、家族への想い、自分への評価などがつづられた「親不孝の思い出」、自身の病状とそれに対する心もちをつづった「高血圧症の思い出」、関わりのあった秋声、鏡花、芥川ら多くの文豪との交わりを書いた「文壇昔ばなし」など、どれも非常に面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月16日

随筆がだいぶおもしろかった。谷崎氏の血圧が240を超えたあたりでついつい笑ってしまう。他の文豪の話も噂話を聞いてるようでおもしろい。
表題の話は乳吸うあたりで生理的にかなり気持ち悪い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月28日

タイトルから察せられるように、近代版源氏物語といった感じ。
やや、気色悪めだが、ストーリーは普通に面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

登場人物みんな、自分のエゴを捨てているようでゴリ押ししているような。

義母のお乳吸ったりに悪い意味で鳥肌立ちそうでした。
男性にはもれなくマザコンの気があると言われてはいますが、女性は自分の息子が己に寄せるそれ以外については厳しい意見を持っているので私もそれに当てはまったのでしょう。私の欠片ほどの...続きを読む母性も拒否反応。

風景描写から女性の描写に写った途端、文章が活き活きしてくるのにはびっくりした。
さすがやね!

08.12.29

このレビューは参考になりましたか?