【感想・ネタバレ】猫大名のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月22日

「サライ」に2001~02に連載されたものです。そのため、各話が同じ長さの読みきりになっていて、非常によみやすくなっています。
さて、中身の方はと言うと、新田の嫡流と言う貴種ながら、家康に家系図を渡さなかったため、120石という新田岩松家最後の殿様、俊純の日記を基に構成した伝記ものになっています。伝...続きを読む記と言っても、その当時や江戸初期の出来事を幅広く取り上げていて、「江戸」フライデー的小説になっています。
話の内容に大きな華はありませんが、庶民に非常に近い(何と言っても年収380万円相当の殿様ですから)目線で描かれた、市井の物語として楽しく読めます。
どうやって、380万円でやっていけるかって言うと…そこが猫大名の名前の由来ですよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月27日

新田家の幕末当主:岩松俊純を通じた江戸の文化・暮らしを
紹介しながら軽やかに新田家の明治への変転も見事に
表現。

この手の内容であきさせないなんて秀逸の作品だね。これ。

このレビューは参考になりましたか?