ドリージョーンズヤングのレビュー一覧

  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    学びました、企業経営者といての理念の大切さ、ビジョン設計、スタッフとの立ち位置、中小企業の意識など、原点の気づきに感謝です(^^)
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    ハワードシュルツがどのような熱意をもってスターバックスを立ち上げていったかを、当時の心境や考え方を振り返り描いている。成功も失敗も含めて回顧しており、自分の仕事や生き方にも参考になる部分が大いにあった。
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    20年も前に出版された本だが、感動した。著者のシュルツ氏は、今年6月まで30年以上もスターバックスを経営した。彼は低所得者用のアパートで育ったが、仕事でシアトルを訪ねた時に出会ったスターバックスに心を奪われ、自分を売り込み、雇ってもらった。当時、スターバックスはシアトルに店舗ほどの小さいビジネスだっ...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    スターバックスを回収したハワードシュルツの物語。一つ一つの章のメッセージが濃かった。膨大なる裏づけをもとに章立てされているイメージ。
    確かにきれいごととしてまとめられていると思われてしまうかも(アメリカンドリームすぎると)しれないけれども、あれだけの経験から言葉を紡ぎだせるのはすごいと思った。素直に...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    分厚い本なので、読み始めるまでしばらく”積読”状態になっていたが、いざ読んでみるとストーリー仕立てになっていて読みやすい。また各章のはじめに教訓となることばや、著名人の名言が引用されておりビジネス書としても役に立つ。
    これまで「スターバックスジャパン」関連の本しか読んでいなかったのが、やはりそれ以前...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    セブンカフェにも負けていない。
    あの雰囲気好きだなあ。

    いやあ、こういう経過をたどって、大きくなったんやね。
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    貧しいユダヤ人の家庭からスターバックスCEOまで上り詰めたハワード・シュルツ氏の自伝。1000万クラスの年収を蹴ってまで小さなコーヒーショップに転職してスターバックスを大きくしたシュルツ氏。飲食店ながら従業員にストックオプションを持たせたり等、企業としては独特な経営スタイルを発揮するシュルツ氏の原点...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    人生の50冊 プロデューサー編 ベスト1

    君は、生涯の情熱を傾けるモノに出会っているか?

    高収入の一流ビジネスマンだった男が、
    突然喫茶店経営し、コーヒー豆の輸入業者になる。
    周囲は大反対!店も当初は全くうまくいかず、
    労使問題、商標問題まで発生する。

    ただ彼には夢があった。
    「ヨーロッパのカ...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    本書はハワード・シュルツ氏がどのようにスターバックスを創り上げたのかが描かれている成功物語です。

    私の尊敬する経営者の一人がハワード・シュルツです。
    彼は利益や株価に左右されない、何よりもスタッフと客を優先する経営者です。
    私はシュルツ氏のそういう経営姿勢がとても素晴らしいと思います。
    資本主義経...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    【手の届く範囲での贅沢】だからこそ、日々の生活に溶け込めるんだと思った。
    なんかスタバのラテ1杯がすごく愛おしくなる本。笑
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    今や人々の日常生活の一部となった感があるスターバックス。
    しかし、ある日いきなり我々の目の前に現れたわけではない。

    シアトルの街角で生まれた小さなコーヒーショップは、どのようにして世界的な企業となったのか?

    CEOシュルツ氏本人によるこの著書には、スタバがいかにして成長していったのかが赤裸々に綴...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    人生はニアミスの連続といってもいい。われわれが幸運と見なしていることは実は単なる幸運ではにのだ。幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことにほかならない。ほかの人たちには見えないことに目をこらし、だれが何と言おうと自分の夢を追いつづけることなのある。
    日常生活で、友人や家族、同僚から受ける...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    自身とスターバックスの伝記。これからの人類にとって必要な会社、組織は、自社製品ではなく作品、モノではなくそれを超える価値を生み出していける存在のみだと感じる。むしろその一点に集中すべき。アップルにも同じ息遣いを感じる。自社はどうか?

    ・スターバックスは人々の心の琴線に触れているのだ
    ・コーヒーをワ...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    ミッションステートメントを社員側がレビューする仕組み。広告ではなく顧客接点の育成でのブランド構築。会社が社員を支えることで社員に能力発揮してもらい会社を支えてもらう。
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    スターバックスの創業当時からの成り立ちはとても勉強になった。
    元々、スターバックスは豆売専門店だったが、ハワードシュルツのエスプレッソやコーヒーへの情熱が現在に至るスターバックスの発展の原動力となった。
    あとはハワードシュルツの上昇志向。シアトルから全国へ拡大していく過程の話は本書でも一番興味深かっ...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    スターバックスという空間は、どのようにして作られたのか?

    世界の大きな都市にはどこにでもあると言っていいほどの店舗数を構えるスターバックス。
    イタリアの深煎りコーヒー「エスプレッソ」を主軸に今まで歩んできた数々のストーリー。

    『スターバックス成功物語』
    会長兼CEOのハワード・シュルツ氏が綴る、...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    良書。近年を含めてその後に幾冊も出版されている、スターバックスのメソッド・秘訣を記した本のいずれよりも、本質的。さすがである。
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    儲けは後からついてくるのに、儲けることが目標になってしまっている企業がたくさんある中で、経営者、企業家として自らの哲学を継続し、よれなかった点が素晴らしい。
    この後の退任後に会社は危機を迎えるが、再登板で見事に復活させたのを見ても、嘘がないのではないかと思える。
    企業の成長過程で自分も変化出来るとこ...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    自分の貧困の家系での何くそという反骨精神により、大学までの日々。イタリア旅行でエスプレッソコーヒーとの出会い。小さなスターバックスコーヒーから、現在の大会社スターバックスコーヒーへの道のりまでの記録。熱い情熱を感じました。今までオシャレだな程度にしか思わなかったスターバックスコーヒー、この本を読み終...続きを読む
  • スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります
    私にとっての「スターバックス」は、単なる喫茶店ではなく、心を落ち着かせる場所である。
    もちろん、コーヒーを含めて飲食メニューの質も高い。
    仕事の後、買い物の途中、ゆっくり読書をしたい時、あらゆる時の選択肢の1番手となるのは「スターバックス」だ。
    その「スターバックス」をいかに素晴らしい企業として成長...続きを読む