スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります

スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

コーヒー市場に革命をもたらしたスターバックス。
同社の特徴は、徹底した社員本位の経営。社員の利益を図ることは、コスト増で利益減となるどころか、経営者が予想もしなかったほどの活性剤になっています。自分の会社が好きになり、会社の方針・目標に共感した社員は、会社発展のために努力するようになる。社員が自尊心と誇りを持てば、さらに家庭や社会への貢献につながる…。
企業が大きく成長するには、利益追求が第一ではなく、正しい価値観と人材を基盤とした経営が必要でることは言うまでもありません。その要は真心。ハワード・シュルツCEOの自伝のかたちを取りながら、古風ともいえる同社の戦略を詳細に描きます。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
464ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

スターバックス成功物語 一杯のコーヒーがいっそう美味しくなります のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    学びました、企業経営者といての理念の大切さ、ビジョン設計、スタッフとの立ち位置、中小企業の意識など、原点の気づきに感謝です(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月24日

    ハワードシュルツがどのような熱意をもってスターバックスを立ち上げていったかを、当時の心境や考え方を振り返り描いている。成功も失敗も含めて回顧しており、自分の仕事や生き方にも参考になる部分が大いにあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月27日

    20年も前に出版された本だが、感動した。著者のシュルツ氏は、今年6月まで30年以上もスターバックスを経営した。彼は低所得者用のアパートで育ったが、仕事でシアトルを訪ねた時に出会ったスターバックスに心を奪われ、自分を売り込み、雇ってもらった。当時、スターバックスはシアトルに店舗ほどの小さいビジネスだっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月06日

    スターバックスを回収したハワードシュルツの物語。一つ一つの章のメッセージが濃かった。膨大なる裏づけをもとに章立てされているイメージ。
    確かにきれいごととしてまとめられていると思われてしまうかも(アメリカンドリームすぎると)しれないけれども、あれだけの経験から言葉を紡ぎだせるのはすごいと思った。素直に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月20日

    分厚い本なので、読み始めるまでしばらく”積読”状態になっていたが、いざ読んでみるとストーリー仕立てになっていて読みやすい。また各章のはじめに教訓となることばや、著名人の名言が引用されておりビジネス書としても役に立つ。
    これまで「スターバックスジャパン」関連の本しか読んでいなかったのが、やはりそれ以前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月02日

    セブンカフェにも負けていない。
    あの雰囲気好きだなあ。

    いやあ、こういう経過をたどって、大きくなったんやね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月19日

    貧しいユダヤ人の家庭からスターバックスCEOまで上り詰めたハワード・シュルツ氏の自伝。1000万クラスの年収を蹴ってまで小さなコーヒーショップに転職してスターバックスを大きくしたシュルツ氏。飲食店ながら従業員にストックオプションを持たせたり等、企業としては独特な経営スタイルを発揮するシュルツ氏の原点...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月18日

    人生の50冊 プロデューサー編 ベスト1

    君は、生涯の情熱を傾けるモノに出会っているか?

    高収入の一流ビジネスマンだった男が、
    突然喫茶店経営し、コーヒー豆の輸入業者になる。
    周囲は大反対!店も当初は全くうまくいかず、
    労使問題、商標問題まで発生する。

    ただ彼には夢があった。
    「ヨーロッパのカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    本書はハワード・シュルツ氏がどのようにスターバックスを創り上げたのかが描かれている成功物語です。

    私の尊敬する経営者の一人がハワード・シュルツです。
    彼は利益や株価に左右されない、何よりもスタッフと客を優先する経営者です。
    私はシュルツ氏のそういう経営姿勢がとても素晴らしいと思います。
    資本主義経...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月04日

    【手の届く範囲での贅沢】だからこそ、日々の生活に溶け込めるんだと思った。
    なんかスタバのラテ1杯がすごく愛おしくなる本。笑

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています