喜多村拓のレビュー一覧

  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    古本屋歴20年の店主が書く、古本屋開業や営業にまつわるあれこれ。

    将来古書店の開業を真面目に考えている人はもちろん、ユーザーとして古本屋巡りやネットで古書を漁るのが好きな人が読んでも十分面白い。

    本にまつわる薀蓄からかな~り細かい営業上の要諦まで軽快に書き連ねられている。
    古書店の親父の話を聞く...続きを読む
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    古本屋を開業するに当たってのノウハウ・体験談が詰まっている。古本を専業にしようと思っている人にオススメ。
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    これは非常に○な古本屋小話。
    先ほど紹介した古本屋さんとは違って
    毒的表現は一切ない非常に優しい
    文章となっていますので読みやすいです。
    (ただしせどりに関して批判しています)

    古本についての用語も
    解説されていて非常に参考になりましたし
    通販のみの古本屋の
    苦労話なんて言うのも読むことができて
    ...続きを読む
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    開業・運営のタイヘンな現実が、きっちりと提示されています。
    「現実問題、これだけの困った事態になるし儲けるのは大変なことだけど、それでも古書店業は楽しいよ」という気持ちが伝わってきました。
  • 書痴迷宮
    本を好きな人々にもいろいろあるもの。私ももしかしたら、本の内容の前に、本の形態(サイズとか厚さとか装丁とかタイトルとか)に惹かれる一種のフェチかも……。
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    古本屋をめざす人、古書ファン待望の書。
    現役古本屋店主が長年の体験を基に、古本屋
    開業のノウハウをすべて公開し商売の醍醐味
    を語り尽くす。

    著者は、青森県で古本屋を営んでいるという。
    一時は、レコード、ゲームなどにも手を出して
    いたそうであるが、現在は、古本のネット販売
    に落ち着いて...続きを読む
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    著者は青森で開業されている方です。「好きじゃないとやれない仕事」。私は本は好きだけど、とてもじゃないけど売る側には回れそうもないと痛感させられました。
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    買取、販売だけじゃない。目録つくって、通販なら梱包して…といったところの効率化、経費削減まで記す、本当にやるぞーという人向け。向け、というより、そこまでやんなきゃいけないけど、それでもマジで古本屋やる?みたいな警告文です。万引きで本屋が潰れる、というのがピンとこなかったんですが、本書の数値込みの嘆き...続きを読む
  • 古本迷宮
    古本屋の古書にまつわる裏話が読めて面白い。
    反面、途中から創作話が混じってくるので、あぁなんだ想像の話かとがっかりすることが多くなってきます。
  • 古本屋開業入門 : 古本商売ウラオモテ
    昔ながらの古本屋の店舗運営にまつわるノウハウや問題点について、実務に即して詳しく書かれています。また、最近流行のネット販売についての記述もちらりと触れてあります。

    文章の語り口に若干辛辣な印象を受けますが、業界のみならず本の将来を憂えばこそではないかと思います。上辺だけで商売が成り立たないという当...続きを読む