いわさきちひろのレビュー一覧

  • ひとりひとり
    谷川さんの言葉といわさきちひろさんのやさしい絵がよくマッチしています。

    コロナ禍で人とのちょっとした会話や関わりが少なくなっている今だからこそ。
    谷川さんの言葉を声に出して読んでみることで、お湯のようにひたひたとしみ込んできます。
  • ひとりひとり
     素適な詩集です。紡がれているどの言葉も静かに心に染みいります。

     ひとりひとりの違うところをあげて、
     でも、こんなところは似ているよね、つながっているよね、って
     当たり前の事なのだけど、でも気づかなかったことが描写されています。

     改めて、谷川俊太郎さんの詩の世界に魅せられました。

     と...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    なぜ憲法改正なのか。

    本当に日本国憲法は時代にそぐわない黴の生えた代物なのか。
    本当に日本国憲法では日本人は主権者としてのアイデンティティを確立できないのか。

    あらためてそういうことを考えさせらえれました。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    井上ひさしが十代の少年だったころ、学校の先生は、生徒たちに「君たちは20代前後までしか生きられない」と話していた。戦争の時代だったからだ。でも井上ひさしは20代よりずっと長く生きている。戦争が終わったから。そしてあの敗戦後に、日本が戦争に巻き込まれることは最近まで無かったから。

    私たちの憲法は美し...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    「偶然の出会い」の一冊。

    井上ひさしさん、今から10年も前にこの本を書いたんですね。きっと、改憲への風を肌で感じていたのだと思います。

    命を大切にする教育=戦争を二度としない教育
    でもあると僕は思います。


    あとがきまで、じっくりと読みました。

    一文一文、一言一言を大切に大切にしながら読みま...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    日本のかたちの憲法、今まであまり考えてこなかった。井上ひさしさんの言葉といわさきちひろさんの絵で、憲法が身近でなんて温かい決まりなんだろうと思った。絶対日本は戦争に加担する国になっちゃいけない。
  • 絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット
     トットちゃんの本は,持っているんだけど,大きな絵本版を見つけて買っちゃいました。
     いわさきちひろの絵が大きく載っていること,文章が短くなっていて,子どもに読み聞かせしやすいことなどを考えてのことです。
     この絵本は,とても丁寧に作られています。なにせ,ちひろの絵が大きく載っているページには,ペー...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    井上ひさしさんが、日本国憲法の前文、そして9条を「日本の国のかたち」として、いわさきちひろさんの絵と共に、子どもにもわかるような言葉で解説しているこの著者。書かれているのは簡単な言葉で書かれた憲法の前文と9条条文なのに、なぜか胸がじーんとして涙が出そうになってしまったと言ったら、信じてもらえないかも...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    日本人として忘れたくないことを、宣言として憲法にしているのだ。
    ということを、教えてくれる本。
    終戦記念日にみんなで群読でもしたい。
    こころにひびく言葉と絵で伝えてくれる。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    井上ひさしによって、とても優しい言葉で解説された日本国憲法。
    一応子ども向けということなのだが、これはむしろ大人がよく読んで、それから子どもに伝えるべきものなのだろうな。
    個人的には、これがもっとも正しい憲法解釈だと思うし、そうであって欲しいし、そうあるべきだと思う。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    いわさきちひろさんの絵で心が和みます。

    憲法の大切さを子どもたちに伝えたいと、井上ひさしさんが、

    小学生たちに向かって実際に話した内容を再録した本です。

    憲法に書いてあることを噛み砕いて解説しています。

    「お話  憲法って、つまりこういうこと」

    日本国憲法のもとになっている考え方、重要な...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    塾の生徒に借りました。井上ひさしさんの新訳いいです。なんだか、かっこいい憲法です。いや、ほんとは憲法ってすごくかっこよくて、素敵なもんなんじゃなかろうか。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    我が敬愛するエンターティナー、「憲法くん」のネタを持つスタンダップコメディアンの松元ヒロさんから紹介していただきました。
    井上ひさしさんが、日本国憲法の前文と9条を「口語訳」した文章をいわさきちひろさんの絵が彩っています。
    いいよ、これ。こんなにあったかい文章だったんだなーって改めて。日本国憲法って...続きを読む
  • ひとりひとり
    「ひとりひとり」から始まる、谷川俊太郎さんの詩は、それぞれが同じようでいて、皆違うんだよという個々の大切さと、孤独感や、お互い出会い関わることで新たな自分を見つけるという、共通した一面もあることを感じました。

    また、あとがきにあった、人間社会の中での孤独と、宇宙自然世界の中での孤独とを重ね合わせて...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    時々読み返す、好きな本です。
    やさしくて、力強い言葉と、イラスト。

    剣より強いものがあって、それは戦わずに生きること。

    まさしくそうだよなぁ、と。
    力で解決しようとするのではなく、言葉を尽くして話し合い、解決しようとすること。

    読み返すたび、初心に戻るような、足もとを確かめるような気持ちになり...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    子どもたちに憲法を知ってもらうには、とってもわかりやすいと思います。
    憲法の話だけでなく、平和についても書かれています。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    お義母さんが長女にと贈ってくれた本を読みました。

    憲法改正、解釈改憲と躍起になる人、あるいはそれに反対する人も、結局は見たいものしか見えないのかもしれないが、どちらの未来に生きたいか、残したいかと言われれば、いまの憲法で(少なくともいままでの解釈の憲法で)いい。

    最近は子どもが読む本をたまに読む...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    憲法記念日に憲法に関する新聞記事を読んでいたら、妻から差し出された一冊。
    「子どもに読み聞かせる」という視点で日本国憲法の序段と第9条を主題に作られているが、本書の最後には、日本国憲法全文が掲載されていて、大人が読んでも十分に勉強になる。
    これまで、日本国憲法の特徴である「戦争の放棄」が、どうして第...続きを読む
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    井上ひさしさんが伝える、日本国憲法。文章の巧さと、その解釈にぐっとくる。日本国憲法なのに、涙が出そうになった。
  • 井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法
    勉強はし続けながらも、誰かに伝えることも同時にしなくてはならないと思う今日この頃。誰かさんに勧められる1冊です。