立花貴のレビュー一覧

  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    経営者として、社会貢献を今一度考えなければいけないと感じました。自社を地域にとって、なくてはならない会社に育てたいと思いました。
  • ひとりの力を信じよう――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる
    2017年4冊目。

    「綿密な計画よりも、まずは目の前のひとりを動かす」
    というメッセージがとても強く伝わる一冊です。

    震災後、建物の8割は津波で流され、4,300人いた人口は1,600人にまで減少した石巻市雄勝。
    伊藤忠商事で6年、その後食品流通会社の創業と経営を経験してきた著者・立花貴さんは、...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    働き方を考えさせられる一冊。
    この仕事は誰のために、そして何のためにしているのか。
    企業の、そして事業の本質は社会貢献。その軸を改めて見定め、働くという意義を考え直させる機会をくれる。
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    セミナーで著者の講演聞いたことがきっかけで知った本。
    震災後の東北のために、とにかくがむしゃらに自分のできることを行っていったことが、自分にとって働きがいのある仕事を見つけるきっかけになった。
    本を読んだり、頭で考えるだけではなく、自分が直感的に動き出してしまうような(グッとくる)ことを行っていく事...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    2012年68冊目。

    僕の中で、第二の『「20円」で世界をつなぐ仕事(著:小暮真久、日本能率協会マネジメントセンター)』となった。

    テーマが「食」で共通しているというのみならず、
    ■小さなモデルの横展開で、大きな善意のうねりを起こすしくみ
    ■過去のビジネスキャリアをいかした社会事業の立ち上げ
    ...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    先日、講演会でお話をうかがいました。
    エネルギー溢れる人です。
    圧倒されました。

    考えるのではなく感じる。
    言葉じゃなく行動。
    感じたままに生きる。

    そういう生き方をしている人は
    大勢の支援者に囲まれ、より大きなエネルギーの中心になります。

    そのエネルギーは人を変える力があります。
    教育の本来...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    岩手の雄勝町でオーガッツの立花氏の著書。
    震災を機に人に喜んでもらうために働く喜びを感じ、
    自身の真の生き方を見つけたという。
    熱い想いと心の声から突き動かされる著者のパワーが伝わってくる。

    4/27は、西田文郎氏を交えたトークセッションへ参加予定で、直接お箸を聞けるのを大変楽しみにしたのに、仕事...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    立花さんを一言で表すと「人を巻き込むスペシャリスト」という言葉が浮かんだ。

    何も立花さんには特別な交渉術や話術、権力があるからというわけではない。

    立花さんはいい意味で遠慮がないのだと思う。

    ただひたすらに雄勝を想い、雄勝を愛し、雄勝の未来に自信を持っている、だからこそもっともっと雄勝のことを...続きを読む
  • ひとりの力を信じよう――「今あるもの」で人と地域の未来をつくる
    グッとくるかどうか。震災後に雄勝の漁師になる。自分にはとてもできない。生活の質が下がっても心が豊かだからやれるのだろう。今の自分には劇的に変化を求めることできないし、やれることは限られているが、グッとくるかどうか、想いを持ってやれるかどうか、これからの仕事を進めていく上で大事な価値観だなと感じた。今...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    ◯グッとくるかどうかで判断して、グッとこないことはしない。頭で考えるのをやめて、心で感じて動くことにしたのだ。(66p)

    ◯なりふりかまわず、人のため、世の中がよりよくなるように動いている姿が人の心を動かす(167p)

    ◯考えるのをやめ、感じたまま湧いてきたエネルギーに沿って、目の前の人の喜ぶ姿...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    著者はこれまで、100冊、1000冊の自己啓発本などを読み込み、仕事の取組み方を模索してきた。3.11東日本大震災が起こり、目の前で起きた様々な出来事に対して、人々を救うため夢中になって行動を起こした。その中で、本当に自分がやりたかったこと、ぐっとくる事を発見した。心が喜ぶ働き方を発見するまでのスト...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    震災から1年後に書かれた本ですが

    著者の濃厚な1年の経験がここには凝縮されています。



    人間、志があれば変わるのは一瞬。

    心が望む場所へ引き寄せられていく立花さんの姿が

    すべての社会人に問いかけているような1冊です。



    動くか動かないか

    その間には限りない隔たりがある。

    自分自身の...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    東日本大震災をきっかけに働き方、生き方を変えた立花さんの回顧録。
    人生において何が大事なのか考えさせられる。
    心が喜ぶ働き方「グッとくる働き方」がこれからは大事。
    ・あれこれ考えるよりも前に、感じて動き出す、それを続ける。
    ・自分のエネルギーから立ち上がったことを行動に移すと、まわりの人のエネルギー...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    震災と自分の仕事(=生き方)とに真っ正面から向かい合って、グッとくる生き方を選んだ著者。その想いが強くあつく伝わってくる。著者もそうだが、周囲の人もとても魅力的でかっこいいな、と素直に思った。
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    本気で何かに取り組むこと、それを早く見つけなければならない。改めて強く思った。
    何も考えずにただがむしゃらに動く。昔は実践していた気がする。それは部活であり、青春だったし、何より楽しかった。
    しかし、社会に出てからは違和感を感じながらもそれが大人の世界なんだと、あきらめて本気の行動などしなくなってし...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    チェック項目3箇所。老人には柔らかい食べ物を、妊婦には栄養価の高い食べ物を、有事において大切な基準、それは「人としてのやさしさ」の尺度だ、この尺度に照らして考えれば、「平等に分けられないものは受け取れない」というようなことは起こらなかっただろう。「俺だったら、米だけを売る。渋谷でリヤカー引いて、『オ...続きを読む
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    伊藤忠のエリートから、食業界で起業、外資に買収され戸惑っていた時に起こった311。
    そこで「グッとくる」仕事を見つけた。考えるよりも先に感じて、いつのまにか動きはじめている仕事を。
    それは社会起業だった。
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    東日本大震災の復興にこれだけの熱い想いを持って取り組んでいることに感銘。
    雄勝町で漁業、自分もこんな生き方ができたらいいのになぁ…少しでも人の役に立ちたい、できることから。こんなことを感じさせられた一冊でした!
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    心が喜ぶ働き方の見つけ方、というよりは
    筆者がそれを見つけるまでの、過程であったり生き様であったりを著した本
    凄いなーとは思っても、へーとはならなかった
  • 心が喜ぶ働き方を見つけよう
    【本来すごいことなのに】
    こういう感想を書くと人として良くないと思われるかもしれませんが、著者はものすごい人です。被災地を何度となく訪れ、すごいことをしています。しかし、そのすごさがあまり伝わってきません。

    なぜなのだろう?

    著者が行ったことはものすごいことです。しかし、文章では伝わってこないの...続きを読む