矢貫隆のレビュー一覧

  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    実際に何社かでタクシー運転手を務めたノンフィクション作家による東京のタクシー論。実体験に基づいた意見には説得力があり、タクシー運転手の実感を理解することができた。面白く興味深い内容が多かった。
    「決められた労働時間をオーバーし、休憩もそこそこに走り回って達成した65万円という水揚げ。それでもらった...続きを読む
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    身近な公共交通機関であるタクシーの運転手としての潜入ルポである。もっとも、著者は学生時代にタクシー運転手のアルバイトをしたことがあり、ズブの素人とは少しばかりわけが異なるようだが、運転手でなければ分からないことや、ライターならではの法令・統計の理解に基づく解説がうまく噛み合っており、面白かった。
    ...続きを読む
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    ノンフィクションライターが東京のタクシー運転手に就職。運転手の悲喜こもごもとタクシー業界の内幕を描いた潜入ルポ。

    タクシー運転手になりたい人には必見の貴重な情報満載。運転手になるための「地理試験」なるものから、日常の売上、会社に納めるべき運転手負担などなど。・・・あまりにニッチすぎる情報か?

    ...続きを読む
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    タクシーの運転手さんがきびしいということはなんとなく知っていた。よくタクシーの運転手さんの愚痴をきいたりしていたからか。私の場合、仕事が深夜に及ぶと、いつもお世話になっている個人のタクシーにお願いしている。法人のタクシーはやっぱりこわい。タイヤもシートも今一つだし、乗り心地も悪く、かつ、知っている人...続きを読む
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    著者自らが「タクシードライバー」になってみて、その業界を説いた一冊。タクシー業界は昨今の景気低迷と共に下降傾向になりつつあるが、実態は他の業界も変わらないであろう。ただ、規制緩和と共にドライバーの負担が大きいのは避けれないが。

    不景気により、新たに職を探す人でこの「タクシードライバー」を選択する人...続きを読む
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    インサイダーでしか知れない情報が読めておもしろい。

    公共交通機関の一つとして、単に規制撤廃して競争原理に任せればよいものではないとの主張は、著者の実体験を踏まえると、納得できる。
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    学生時代にも京都でタクシー運転手の経験を持つ筆者の東京でのタクシー運転手潜入ルポ。二つの会社で働いたようだが、一社で経営者にだけ事情を話し、もう一社は完全なる潜入だったらしい。タクシー事業の流れがつかめて、全体を把握するにはなかなかの好著。筆者もいい歳ながら結構頑張っている。
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    減車し営業収入回復基調。それでも、客を乗せるためなら何でもありの運転ぶり、事故多発傾向、客に不親切な東京のタクシー。規制の是非より、タクシーの安心・安全を取り戻してもらいたい。

    土地勘ならぬ、仕事勘あってのタクシー運転手。誰でもなれるイメージでしたが、少なくとも私にはムリってわかりました。
  • 潜入ルポ 東京タクシー運転手
    まあタクシー業界に興味があるから面白かったけど、なんで文春新書はこれを出さんといかんのか。ルポではなくエッセイですね。コンビニコミックで良いのでは。それはそれとして、著者の経歴は気になる。